つくぶすま68の備忘ログ ホーム » 2016名古屋港 »水がかかります。ご注意ください。

水がかかります。ご注意ください。  

前回の続き。
名古屋港に永久係留されている2代目南極観測船「ふじ」を見に行ったついでに、名古屋港水族館へ行った話である。

「水族館」と名前の付く建物へ行ったのは20年ぶりくらいかもしれない。
東京のしながわ水族館以来だと思う。

名古屋いるか1

水族館へ北館2階から入館し、まずどーんと正面に見えたのはイルカのプールである。アクリル板越しだが、すぐ近くまで寄ってくる。かわいい。

名古屋いるか2

通路を挟んだ隣のプールは白いイルカのベルーガ。こちらは寄ってきてくれなかった。

3階へ上がりイルカパフォーマンスのスタジアムへ。
イルカショーを見るのは初めてである。プールに近い席は「水がかかります」と注意書きがあった。

名古屋いるか3

1100時に始まったこの30分間のイベントは本当に楽しめた。あっという間に時間が過ぎてしまった。
ストレスが発散されたような清々しい気分になった。

名古屋いるか4

注意書きの「水がかかります」というのは事実とは違った。「水がかかる」のではなく「水をかける」であった。
パフォーマンスの一つとしてイルカが尾びれで水を観客席へかけていたのである。
観客はキャーキャー言いながらうれしそうであった。
しかし半端でない水の量である。ビニールシートを配布されているとはいえ、服はもちろん下着まで濡れている方もおられただろう。

名古屋いるか5

パフォーマンス後は隣のプールにいるイルカをしばし見て2階へ降り、南館へ。
ほ乳類以外の水槽を見ていく。

名古屋いわしトルネード

マイワシが回遊している「マイワシのトルネード」には見入ってしまった。

名古屋ウミガメ

ウミガメがゆったりと泳いでいる。気持ちよさそうだ。

名古屋ペンギン

ペンギンが多数いるブースもあった。現在の南極の極夜に合わせて日中でも暗くしているらしい。

1階へ降り、退館。

水族館出口からふじを望む

向こう岸には本日の目的である「ふじ」が見えた。

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: 2016名古屋港

thread: 博物学・自然・生き物

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/300-dae43779
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop