つくぶすま68の備忘ログ ホーム » 本を売る »川崎から千葉へ、オリオンズからマリーンズへ

川崎から千葉へ、オリオンズからマリーンズへ  

前回の続き。
寝室のエアコン工事のため、部屋の整理に迫られ本を売った話である。

売ったのは以下の通り。

①U4 2016年5月号 クレタパブリッシング
②モーターファン別冊 ニューモデル速報 第475弾 ホンダN-ONEのすべて 三栄書房 2013年
③ナショナルジオグラフィック日本版 2016年5月号 日経ナショナルジオグラフィック社
④セロー オンリー 造形社 2015年
⑤アエラムック 村上春樹がわかる。 朝日新聞社 2001年

村上春樹がわかるナショジオ

⑥椎名誠 アイスランド 日経ナショナルジオグラフィック社 2015年
⑦シンシア・スミス 世界を変えるデザイン 英治出版 2009年2刷

世界を変えるデザインアイスランド

⑧サイモン・ガーフィールド オン・ザ・マップ 太田出版 2014年
⑨村上春樹 ラオスにいったい何があるというんですか? 文藝春秋 2015年
⑩荻原魚雷 書生の処世 本の雑誌社 2015年
⑪ツーリングマップル全日本 昭文社 2012年
⑫毛沢東 毛沢東語録 平凡社ライブラリー 2012年6刷

計12冊

⑨は村上春樹の旅行エッセイである。この人の旅行エッセイは大好きである。多分小説よりも。
その中にギリシア旅行を記した章がある。

氏はギリシアの離島、ミコノス島とスペッツエス島に1986年に3ヶ月ほど住んでいた。 
昔住んでいた家を再訪しようとして来たらしい。
しかし探し回ったが見つからない。
住民に聞いて案内してもらって行ったが、「この家だったかなあ。」と戸惑っている。
人間の記憶というのは本当に当てにならないものだ、と記していた。

これには自分にも覚えがある。
一時期、千葉県にある会社の寮に退職するまでの3年半ほど住んでいた。
退職して約15年が経った年、東京モーターショーで千葉・幕張へ行った。
寮に住んでいた当時、幕張へは千葉ロッテマリーンズの試合をよく観に行っていた。
川崎市から移転し、ロッテオリオンズから千葉ロッテマリーンズに名前が変わって間もない時期である。
その当時が懐かしくなり寮、もしくは寮だった場所に翌日立ち寄ってみることにした。

豪雨の日だった。
最寄り駅から徒歩約10分の距離にあった寮へ傘をさして歩いて行く。
何百回と歩いて往復した道だが・・・あれ!?本当にこの道で良かったのか?
周囲に見覚えが無い。
駅から近い街中であるので15年も経てば変わっているのはわかっていたが、道がわからず立ち止まってしまった。

次回へ続く。
ヘイヘイ。


にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: 本を売る

thread: ひとりごと

janre: ライフ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/292-fb45521a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop