つくぶすま68の備忘ログ ホーム » 2016竹生島 »神仏の島へ初詣

神仏の島へ初詣  

正月三が日が過ぎたある日、琵琶湖北部に浮かぶ竹生島(ちくぶしま)へ行ってきた。

面積0.15平方キロメートル、周囲2㎞、最高標高197メートルの無人島である。
この島には宝厳寺と都久夫須麻(つくぶすま)神社がある。

宝厳寺は724年に行基が開いた寺で、西国三十三所観音霊場・第三十番札所、
日本三弁才天の一つに挙げられている。

都久夫須麻神社は平安時代の延喜式に載る古社である。「ちくぶしま」が訛って「つくぶすま」になったという説もある。
自分のハンドルネームはこの神社の名前から拝借した。
初詣を兼ねて、神さんにそのご挨拶をしようと思ったからである。

(下写真は竹生島離島時に撮影した島全景)
竹生島全景離島時201601

ハンドルネームにしようと思ったのは中学生時代の一時期、この島に住んでみたいと妄想していたからである。
実行していたらもちろん捕まっていただろうが、このようなガキの頃から隠遁生活にあこがれていたのだ。

現在寺社関係者や数軒ある土産物屋の従業員は島外から通っていて住んでいる方はいないらしい。
孤島なので人によってはここに住むということは牢獄に入ることのように感じるかもしれない。
実際、戦国期にはこの島に幽閉された人物がいた。
近江国小谷城主であった浅井久政(浅井長政の父)が、長政への家督委譲を目論む家臣団によって一時的にこの島に幽閉され、隠居生活を強要されたらしい。

このように思い入れのある島であるが、実は行ったことがなかった。今回が初めてである。
竹生島へのアクセスはもちろん船。湖西の今津港、湖東の長浜港、彦根港からの定期便があるらしい。
今回は長浜港からの往復の便にした。

長浜竹生島リオグランデ201601

1015時長浜港発、1045時竹生島着で島の上陸時間は80分、
そして1205時に竹生島発、1235時に長浜港着の便である。

次回へ続く。
ヘイヘイ。


にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: 2016竹生島

thread: 神社仏閣

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/232-7074b255
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop