つくぶすま68の備忘ログ ホーム » コミック・アニメ »弁天町で逢いましょう

弁天町で逢いましょう  

自分は本に関するブログを書いていて、にほんブログ村の「古本・古書」に参加している。

本来なら6月20日~26日開催の大阪・弁天町ORC古本祭りの記事を書くべきであると思うが書かない。
なぜなら行っていないからだ。

弁天町の古本祭りへは毎年3月の回のみしか行かないのもあるが、本がまた増えてしまうというのが最大の理由だ。

本を買ってしまうのが最近多くなり読むのが全然追いつかない。
このブログを始めたこととは関係がない。それ以前からだ。もしかしたら仕事のストレスのせいかもしれない。
そしてある種の依存症かと最近疑うようになった。

それでは解毒してみようと思い古本買いをしばらく絶とうとしたが、何故か今度は新刊書店へ行ってしまう。
行ってしまうだけでなく買ってしまう。何をか?
もちろん本をだ。完全に依存症だ。

そんな中、ある新刊書店で平台に積んであった1冊のマンガが目に入り購入した。

竜田一人 いちえふ (1) 講談社 2014年

IMGP0120.jpg


事故後の福島第一原発で働く作業員が描く原発ルポ漫画である。

普段は漫画を読まないし買わない。
この漫画を買った理由は原発作業員の労働内容、待遇を知りたいと思ったからだ。

週何時間労働で休日は月何日、作業服や装備等はどのようなものを使用しているか
工場労働者の自分としては非常に興味があった。

原発事故に関しては放射能汚染やクリーンエネルギー等のいわゆる「能書き」にも関心はあるが、
それよりも一労働者が働く生の姿の方が知りたいし、そちらの方が事故の真実の姿を表しているように思える。

早速読んでみよう。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

category: コミック・アニメ

thread: 漫画

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/23-eab8f90a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop