つくぶすま68の備忘ログ ホーム » 大阪の古本まつり »2015年の終わりと古本ワンダーランド

2015年の終わりと古本ワンダーランド  

2015年最後の古書即売会、「2015阪神歳末古書ノ市」へ行ってきた。

行き帰りの電車内ではいつもの如く本を読んでいた。

清水克行 高野秀行 世界の辺境とハードボイルド室町時代 集英社インターナショナル 2015年3刷

世界の辺境とハードボイルド室町時代

日本中世史専門の明治大学教授、講義は毎年400人超で大講義室が満杯になるという清水氏、
「辺境作家」と呼ばれるルポライター、高野氏の対談形式の本である。
中世の日本と現代の世界の辺境と呼ばれる地域の類似性について語っている。

清水氏の中世史の話、高野氏の辺境の話はもちろんおもろかったのだが、
最も印象に残ったのは文章を書くことについての話である。

2人とも自分の核となるもの、ぶれないものを持っている。
それが最も執筆活動に大切なことではないだろうか。
テーマや文体、それが自分にとって「しっくり行く」「本物」であれば必ず日の目を見る時が必ず来ると思った。

1000時頃JR大阪駅に到着、駅前の阪神百貨店梅田本店へ歩いて行く。
地下の食品売り場「デパ地下」は年末の買い物客で非常に混雑していた。

8階へエスカレーターで行く。
8階催事場では「古書ノ市」と共に「中古&廃盤レコード・CDカウントダウンセール」と
「2015年度(第60回)新聞・通信・テレビ・ニュース報道展」が開催されていた。

2015中古&廃盤レコード・CDカウントダウンセール

先にこちらの催しから見て行った。

2015年度(第60回)新聞・通信・テレビ・ニュース報道展

2015年を代表する人物と言えばやっぱりこの人だろう。

レコード、CDは収穫無し。
本来の目的の古本を見ていく。

2015阪神歳末古書ノ市

購入したのは1冊。

園山精助 日本航空郵便物語 日本郵趣出版 1986年 1800円

日本航空郵便物語

この後、寄り道せずに帰宅した。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

category: 大阪の古本まつり

thread: 本読みの記録

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 1

コメント

2015阪神歳末古書ノ市はいい本がありましたか?

#- | URL
2016/01/05 17:46 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/225-65f59523
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop