つくぶすま68の備忘ログ ホーム » 2015北海道ツーリング »ホッカイダーの皆さん、酒の肴にこの本は良いですよねえ

ホッカイダーの皆さん、酒の肴にこの本は良いですよねえ  

8月の夏期休暇に北海道をオートバイで走ってきた。
数回にわたって書こうと思う。

旅のお供の地図、ガイドブックは以下の2冊。

①ツーリングマップルR北海道2015 昭文社

②北海道ツーリングパーフェクトガイド2015 学研

①の「ツーリングマップル」はツーリングライダーが必ず(と自分は思っている)持っている定番の地図である。
(北海道、東北、関東甲信越、中部北陸、関西、中国・四国、九州沖縄の全7版が毎年4月に出ている)

ツーリングマップルR北海道2015

「R」が付いているものはリング製本でB5判である(通常版は糊付製本でA5判)。
ツーリングマップルを読みながらの酒は進む、進む。
酔いと共に妄想が色々と浮かぶからだろう。
オートバイライダーだけでなくチャリダー(自転車ライダー)、徒歩旅行者、ドライバー、渓流釣りや登山等で林道を走る方やアウトドア好きの方にもお勧めである。

②は毎年出ている北海道のツーリングガイドである。
昨年は北海道へ行かなかったが2014年版を買ってしまった。
酒の肴代わりである。

北海道ツーリングパーフェクトガイド2015

「なまら蝦夷」も持って行きたかったがぶ厚いのでやめた。

「なまら蝦夷」は240ページほどのぶ厚いガイドブックで北海道の旅人宿やユースホステルのオーナー等が編集している。
編集委員のほとんどが元・旅人のため、その目にかなった場所が紹介されている。
一般的な観光地もあるが、ハイキング・登山・キャンプの情報や地元の隠れた名店(編集委員お気に入りの店)も載っている。
現在2012年の8号が最新号である。関西では京阪神の大型書店にしか売っていない。今も売っているのだろうか。

なまら蝦夷8号

この本で気に入っているのは手作り感、そして編集委員の各1ページのエッセイである。
エッセイの話題は色々。宿の開業、経営に関することや移住記、北海道の日常風景、元ライダーも多いため道に関すること、全くの私事等々。
読めるガイドブックである。

先ほども書いたとおり、ぶ厚いので稚内、宗谷岬のページのみコピーをして持って行った。
今回は道北を走ろうと思ったからだ。

続きは次回。
ヘイヘイ。


にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

category: 2015北海道ツーリング

thread: ツーリング

janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/193-31874515
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop