つくぶすま68の備忘ログ ホーム » 本を読む »飛行船の分子言語

飛行船の分子言語  

気のせいではなく最近公休日は雨が多い。雨ではない日も快晴と言うには程遠いのがほとんどである。
天気がすぐれないのでオートバイも盆以来1回しか乗っていない。

それに反して、勤務シフトの関係で世間一般の休日に出勤日になることが多いのだが、そんな日は快晴が多い。
なんか悔しい。
世間では快晴の休日を満喫しているのかと思うと仕事をする気もダレてくる(業務はちゃんとこなしてますよ)。

ある平日の公休日、いつもの如く雨だったので家に籠もって本を読んでいた。

読んだのは

本の雑誌編集部 編 本屋の雑誌 本の雑誌社 2014年

である。

月刊「本の雑誌」では書店の様々な話題についても取り上げている。
その膨大な書店関係の記事から選りすぐったものを再録し、新企画の記事を併載した本屋さんの本である。

本屋の雑誌

名記事(迷記事?)である「A・M現象」も1985年、2013年の記事が再録されている。
「A・M現象」とはA・Mさん(本では実名が載っている)が本の雑誌に投稿した記事から名付けられた。

書店へ行くとなぜか便意を催すという現象で案外そういう人が多いらしい。
俺は経験が無いのでよくわからない。
記事では原因はもちろん、他の場所、例えば図書館でもなるのか、書店員も催すのか等々探っている。
精神科医や脳科学者にも聞いている。

「A・M現象」を発症されている方にはお勧めの記事である。

その他椎名誠の本屋に関するエッセイ(今回の記事タイトルはここに出てきた架空の書名からつけた)、
丸善にレモンは置かれるか、本屋の開業・廃業記等の「おもろい」記事が載っている。

400ページの厚い本だったが1日で読了。
途中興味が湧かない記事は流し読みしてしまったが、久々に本を読んだという気分になった。


それではヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: 本を読む

thread: 書店

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/192-897c23e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop