つくぶすま68の備忘ログ ホーム » 2015かがみはら航空宇宙科学博物館 »ここに宮崎駿を連れてきたら

ここに宮崎駿を連れてきたら  

前回の続き。

岐阜県各務原市にある「かがみはら航空宇宙科学博物館」へ行った話である。

入館料800円を払い、「ウェルカムハウス」と呼ばれるブースへ。
入り口には名誉館長である漫画家、松本零士の色紙が掲示されていた。

名誉館長松本零士色紙

このブースには各務原飛行場で誕生した第1号機のサルムソン2A-2型の実物大復元モデルや、
国産飛行機の歴史に欠かせない数々の名機の縮小模型が展示されている。

零式艦上戦闘機はもちろん、
1939年、55日間をかけて世界一周をした三菱式双発輸送機「ニッポン号」

三菱式双発輸送機ニッポン号

宮崎駿のアニメに出てきそうな九二式重爆撃機

九二式重爆撃機

などがあった。

「ウェルカムハウス」を出て実機展示場へ。

かがみはら航空宇宙屋内1

実物の飛行機やヘリコプター、グライダーが展示されている。
またこの一角には宇宙関連の展示ブースも設けられている。

かがみはら航空宇宙屋内2

一番目に付くのがSTOL(短距離離着陸)実験機飛鳥であるが、

stol飛鳥2

気に入ったのは実験飛行艇、UF-XS4である。
1962年に初飛行、1967年に退役した。

UF-XS3.jpg

機体色は黒をベースにオレンジのアクセント、試験用に白い区画線が格子状に入っており、
デザインがお洒落で一目惚れした。

UF-XS4.jpg

そして飛行艇としての形状がかっこいい。
欲しいと単純に思った。もちろん実機は買えないがプラモデルなら買える。
どこかで売っていないだろうか。ミュージアムショップでは売っていなかった。

ジェット練習機

もし飛行機好きの宮崎駿をこの博物館に連れてきたら、引退を撤回してまた映画を作ってくれそうな気がする。
否、もしかしたら何回も来ているかも。

帰り際にミュージアムショップに寄り、

・自衛隊カツ 14袋入り 840円 
 (おつまみや駄菓子のあのカツの自衛隊パッケージ版。製造場所は広島県呉市だった)

自衛隊かつ

・手拭い(日本陸軍、海軍戦闘機柄と航空自衛隊機柄)各486円

を購入し、館外へ出た。

続きは次回。


それではヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

category: 2015かがみはら航空宇宙科学博物館

thread: 東海地域情報(愛知・岐阜・静岡・三重)

janre: 地域情報

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/182-e5345425
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop