つくぶすま68の備忘ログ ホーム » 2015信州ツーリング »杖突峠、俺のツーリング遺産に登録決定

杖突峠、俺のツーリング遺産に登録決定  

前回の続き。
信州ツーリングの話である。

今回のツーリングで使用する地図は

ツーリングマップル 中部北陸 2015 昭文社 2015年

である。

ツーリングマップル2015中部北陸

自分は長距離ツーリングへ行く度にその地方のツーリングマップルを買っている。
前回「中部北陸」版を買ったのは2007年。「関東甲信越」版と共に買い、「関東甲信越」版を持参し翌2008年には上信越ツーリングを行なっている。
結局「中部北陸」2007年版を使う事は全く無く、本棚に眠ったままで買い換えることになった。

朝0630時頃、家を出発。名神、中央道を通って行く。

途中、中央道に入ってすぐの内津峠(愛知・岐阜県境)付近で車の流れが若干滞っていたが、
ここ以外は順調に流れていた。

しかし午前中なのに暑い。
内津峠PAで休憩。
その後はジャケットを脱ぎ、メッシュ地の長袖ジップアップシャツで走る。
駒ヶ根SAで休憩し、1030時頃(だったか?)伊那インターで下りる。

国道361号線を東行。高遠を経由し152号線を北上、伊那市と茅野市の境にある杖突峠を目指す。
杖突峠の名称の由来は茅野市側の崖のような坂であるとも、あるいは伝説の神下ろしの儀式であるとも言われているらしい。

杖突峠より諏訪湖を望む

伊那インターから1時間弱ほどで杖突峠に到着。ここにある「峠の茶屋」の喫茶店、「風の詩」でドライカレーを食べながら外に広がる絶景を見る。
霧ヶ峰や美ヶ原、諏訪湖、諏訪市、茅野市、原村等の市街地が一望でき、窓から入ってくる涼風を浴びながら見入ってしまった。

杖突峠より茅野、諏訪市街を望む

デザートの柚のシャーベット、アイスコーヒーで火照った体を冷やし、再びオートバイにまたがる。
目指すは茅野市尖石遺跡で行なわれている「小屋フェス」である。

杖突峠より原村を望む

次回へ続く。

それではヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

category: 2015信州ツーリング

thread: ツーリング

janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/172-ddfb5ace
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop