つくぶすま68の備忘ログ ホーム » 新刊を買う »オンとオフ

オンとオフ  

前回の続き。

台風一過の翌日、家でおとなしく本を読んでいた。
その本を紹介する前に、以前から気になっている本があるのでまずその話をしたい。

その気になっている本とは

サイモン・ガーフィールド 著 黒川由美 訳 「オン・ザ・マップ 地図と人類の物語 」 太田出版 2014年

原題 ON THE MAP

である。

一言で言えば「地図の世界史」である。
地図は人間の歴史を物語る。地図制作は人間の進歩とともに発展してきた。
コロンブスを遡ること500年前の新大陸発見を証明する古地図、英国の至宝となった絵地図をめぐる大論争、多くの人命を救ったコレラの感染地図……。
先史時代の洞窟壁画からGoogleマップにいたるまでの地図を巡る壮大な物語である、らしい。

本屋へ行くたびにこの本へ手が伸びるだが、購入するのをためらってしまっている。
ある日、本屋へ行き、またこの「オン・ザ・マップ」を棚に見つけて今回こそ購入しようとした。
だが隣の別の本に目が思わず移り、その本の方を手に取ってしまった。

「オフ・ザ・マップ」

ん?「オフ」?「オン・ザ・マップ」の関連本?

その本は

アラステア・ボネット 著 夏目大 訳 「オフ・ザ・マップ 世界から隔絶された場所」 イースト・プレス 2015年

原題 UNRULY PLACES

である。

オフザマップ

立入禁止の地域、消えてしまった島、閉鎖都市、地下の迷宮、未承認国家、廃墟・・・・・・
地図上から消えた、もしくは表示されない空白地帯を紹介している本である。

出版社も違うし著者も違う。関連本では全くない。
多分題名が相対になっているので本屋の店員が並べて陳列したのだろう。客が手に取ってしまうように。
その思惑通り、自分は手に取ってしまい「オン」ではなくこの「オフ」の方を買ってしまった。

この「オフ・ザ・マップ」の書評が載っていた雑誌と「オフ・ザ・マップ」を参考文献に挙げていたムックをたまたま台風一過の翌日に読んでいた。
次回はこれらの本について書こうと思う。

ちなみに「オン・ザ・マップ」は未だに購入していない。

それではヘイヘイ。


にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

category: 新刊を買う

thread: 海外旅行記

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/168-fac6310a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop