つくぶすま68の備忘ログ ホーム » 放浪、隠居・隠遁に関する本 »ドングリを食べながら放浪生活

ドングリを食べながら放浪生活  

先月の6月中旬、いつもの如く近くの新古書店へ本を売りに行った。

その中のある1冊について書いてみようと思う。

その本とは

ウィリアム・ブライアンント・ローガン ドングリと文明 日経BP社 2008年

である。

「人類の歴史は常にドングリの木と共にあった」との謳い文句でドングリの木が人類へもたらした文化に着目した文明論である。
日本の縄文文化も例に挙がっている。
狩猟採集の移動生活をしていた人々の足を止めたのは米や麦の栽培ではなく、ドングリを雨のように降らすオークの森であった。
このドングリ文化を経て、人類が家を建て定住し、安定的な主食を摂るようになり、文明や技術が起ったと述べている。

ドングリと文明

この本を知ったのは寝太郎氏(Bライフ提唱者の高村友也氏)のブログ「10万円で家を建てて生活する寝太郎のブログ」(2013年12月25日)である。

まず彼の提唱している「Bライフ」とは何かを説明する。
それは安い土地を買い小屋を建てて住み、自分だけの安全地帯で好きなだけ寝たり、好きな事をする。
会社勤めのような過酷な競争社会から半ばドロップアウトし、自給自足(食はもちろんエネルギーも)に近い生活をする。
できるだけ金をかけない。
そういうライフスタイルだ。

その寝太郎氏がこの本をどう読むか。
人類史、文明論だけではなく現在の実生活に直接関わる食の実践書の体を帯びてくる。

以下は氏のブログから引用。

「ドングリは、栄養豊富で、手に入れやすく、貯蔵も簡単であった。面倒なのはアク抜きだけだが、どこのドングリ文化でも優れたアク抜きの手法が伝えられてきた。」

「ドングリを拾う労働量は、麦を収穫して同じカロリーを摂取するのに要する労働量の十分の一であるという試算もある。」

「カシ・ナラ・クヌギは生え続けているし、ドングリはほとんど放置されていて、拾っても誰も文句を言わない。
こっそり一人で「ドングリ文化」を復活させれば、日本全土が自分の定住地みたいなものである。」

ドングリを主食にすれば金はかからず、農業より手間がかからず、
日本全土を、否、オークの木があれば世界中を食費をあまりかけずに旅や生活ができる・・・
そんな妄想が起こってくる。

この本を読んで本当に金や食料に困った時の為に一度ドングリを食べてみようかと思っている。
災害や失職、老後の年金給付額引き下げ・給付年齢引き上げ等はいつ起こってもおかしくない。
食っていくための経験値を上げてみる良い機会になるかも。

次回は「ドングリと文明」と共に売った本をリストアップしてみようと思う。

それではヘイヘイ。


にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

category: 放浪、隠居・隠遁に関する本

thread: アウトドアライフ

janre: ライフ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/165-b633df32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop