つくぶすま68の備忘ログ ホーム » ツーリングに関する本、モノゴト »スーパーカブ過積載伝説

スーパーカブ過積載伝説  

自分はオートバイを1台所有し乗っているが、その割りにはオートバイ雑誌はあまり買わない。
毎号買っているのは「アウトライダー」誌(バイクブロス)ぐらいである。

しかし

Under400 2015年5月号 クレタパブリッシング

は掲載記事をちらっと立ち読みした後、購入した。
5月号だから4月の話である。

u4 201505

「Under400」は400ccまでのオートバイを対象にした月刊雑誌である。
購入したのは2本の記事をじっくり読みたかったからである。

まず1本は今年3月末に開催された大阪、東京の両モーターサイクルショーで出展されたホンダの2台、CRF250ラリーとブルドッグの詳細レポートである。

CRF250RALLYは現在市販されているCRF250Lをベースに、
ダカールラリーに出場したCRF450RALLYのイメージを採り入れたアドベンチャーモデルである。

crf250rally2

ブルドッグは市販されている400Xをベースにカワイイが無骨な独自のスタイルで
キャンプツーリングなどに対応したキャリアを採用、燃料タンクの横には小物が収納できるスペースを装備している。

ブルドッグ大阪

もし市販されたら2台とも欲しいと思っている。

そしてもう1本は連載記事「スーパーカブ 最強ツアラー伝説」である。
スーパーカブ110プロに赤いクロスカブの外装を施した通称「プロスカブ」で全国各地を旅する企画で
過積載状態のカブが自分は結構好きであった。

最強ツアラー伝説最終回

過去にはカヌーを積んで(さすがにフォールディングカヌーであった)京都・丹後半島へ行った回もあった。
そしてとうとうこの号で最終回、「カブ、流氷に会う」を迎えた。

3月第1週目に北海道のオホーツク海に面した紋別へ流氷を見に行くという企画である。
今回はスパイクタイヤを装備して、スキーを積んでいる。

オートバイに乗らない方々には無謀、というか理解できないこういう旅の話は自分は好きである、というより憧れてしまう。
しかしいざ自分が実行するとなると・・・
あくまで読む、聞くという範囲内で止めた方が良さそうだ。

この連載企画がまた復活してくれたら良いのになあ。


にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

category: ツーリングに関する本、モノゴト

thread: 雑誌

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/161-a3ffe777
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop