つくぶすま68の備忘ログ ホーム » 本を読む »ガケ書房、サバイバル登山家、元ドレイ

ガケ書房、サバイバル登山家、元ドレイ  

前回の続き。

本の雑誌2015年6月号の話である。

連載コーナー「新刊めったくたガイド」では数人が各2ページずつ新刊を紹介しているが、
その内の1人が堀部篤史氏である。
全国的に名を知られている京都の書店、恵文社一乗寺店の店長である。

氏は今月の記事で同じく京都の個性派書店だったガケ書房について触れている。

ガケ書房は左京区・白川通り沿いに10年間営業していた。
外壁が金網に囲われた採石で、その壁から自動車が前半分飛び出ている、という奇抜な外観をしていた。

ちなみにその自動車は軽自動車の三菱ミニカトッポである。
いかにもファッショナブルな車ではなく、地味で垢抜けないこの車を選んだ所に自分はこの店に対して好感が持てた。

多分京都の人なら目にした方も多いはずだ。

そのガケ書房が2015年4月に少し南に下った浄土寺地区へ移転、「ホホホ座」と名を変え再出発したらしい。
一度行ってみようと思う。

本の雑誌201506

その他の記事で目を引いたものが二つある。

まずはサバイバル登山家、服部文祥氏の「サバイバルな書物」である。
この6月号から始まった連載である。

最近この人に関する記事や写真をよく見かける。
彼の登山スタイルに興味があるから単に自分の目に付いているだけかもしれない。
本の雑誌を読む楽しみが増えた。

そして6月号のトリを飾った沢田康彦氏の記事である。
「椎名誠の10冊」を選んでいる。

氏は椎名誠が主催する「あやしい探検隊」の元「ドレイ」である。
短歌が縁で知り合った女優の本上まなみの夫でもある。

「わしらは怪しい探検隊」が10冊に入っていたのは思っていた通りであった。

初めて自分が読んだ椎名作品はまさしくこの本であった。
当時高校生だった自分は強い衝撃を受けた。沢田氏も同様のことを書いていた。

現在手元にはないが買って再読してみようかと思った。

角川文庫版ではなく単行本の北宋社版の古本を・・・と考えたら
あっ今年の春、神保町でその本を見かけて結局買わなかったことを思い出した。

やっぱりあの時買っておけばよかったと少し後悔している。

迷ったらとにかく買う。古本とは一期一会である

それではヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

category: 本を読む

thread: 本に関すること

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/160-0b14241a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop