つくぶすま68の備忘ログ ホーム » 古本を買う »岡山鼠の国

岡山鼠の国  

前回の続き。

本の雑誌 2015年4月号 本の雑誌社

では岡山県内に8店舗を構える巨大古書店「万歩書店」の特集記事を組んでいる。
冒頭記事では6店舗を巡った道中記が載っていた。

「古本ディズニーランド」と記事では形容しているが全くその通りである。
広大な店舗内は全て本で埋まっている。古本好きには夢の国である。

他に座談会や店員の方の寄稿等があり、非常に興味深く読めた。
というのも、自分は2007年の年末、この万歩書店の4店舗に行ったことがあるからだ。

万歩書店紙袋とポイントカード
(万歩書店の紙袋と使用期限切れのスタンプカード)

岡山への用事、観光のついでではなく、この店へ行くためだけの2泊3日の旅行である。

万歩書店の噂は以前から聞いていた、というより取材記事等を読んで知っていた。

自分の周りには古本に興味がある人間は全くおらず、
だから情報交換もできず、自分の中で妄想が膨らむ一方だった。

その妄想が2007年年末に岡山へ行かせたのであった。

行って思ったのは確かに凄い古本屋、夢の国、岡山ディズニーランド、だった。

4店舗で買った本は以下の通り。

●東岡山店(閉店)

「エッダ グレティルのサガ」 ちくま文庫 410円

●倉敷店

アルセーニエフ 「デルスウ ウザーラ」東洋文庫 1800円

G・クライトナー 「東洋紀行」1,2,3 東洋文庫 各2100円、2100円、2000円

●平井店(閉店)

マルコ・ポーロ 「東方見聞録」 教養文庫 280円

ステン・ベルクマン 「千島紀行」 朝日文庫 800円

加藤九祚 「西域・シベリア」 中公文庫 1000円

●本店

「17・18世紀大旅行記叢書」全10巻 岩波書店 24000円

フリチョフ・ナンセン フラム号 ニュートンプレス 5500円 1998年

フラム号ニュートンプレス

岡山までわざわざ行って買う本ではないかもしれない。
しかし本を満喫できた3日間だった。
行って良かったと思っている。

それではヘイヘイ。


にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

category: 古本を買う

thread: 古本

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/157-d2d65544
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop