つくぶすま68の備忘ログ ホーム » 滋賀の博物館、美術館 »リサ・ライオンではなく、リサ・ラーソン

リサ・ライオンではなく、リサ・ラーソン  

前回の続き。

リサラーソンガラス表示

タイトルにある通り、アメリカの女性ボディビルダー、リサ・ライオンの話ではなく、
スウェーデンの陶芸家・アーティスト、リサ・ラーソンの話である。
滋賀県甲賀市信楽町にある県立陶芸の森で「リサ・ラーソン展」が開かれている(6月7日まで)ので行ってきた。

ちなみにボディビルダーのリサ・ライオンはロバート・メイプルソープの写真集のモデルにもなっており、
テレビCMに出ていた記憶があるがこれは曖昧である。

オートバイで行ってきた。快晴である。
午前中の早い時間に家を出発したが、ライダーズジャケットを着なくても快適であった。

1000時前に「陶芸の森」の丘の頂上にある「陶芸館」前の駐車場に到着した。

陶芸館リサラーソン

滋賀県立陶芸の森は1990年、信楽の小高い丘に造られた公園である。
陶芸関係の施設も何棟か建っており、今回訪れた「陶芸館」は陶芸専門の美術館である。
眼下には信楽の町並み、田園風景が望めた。

陶芸の森より眼下を望む

陶芸館前では狸がお出迎え。

とぎ さ たぬき

リサ・ラーソン(1931~)は動物や子供たちをモチーフとしたユニークな作品で知られている陶芸家である。
名前は知らなくても作品は見たことがある方も多いのではないか。

今回の催しは80歳を超えてもなお現役で輝き続ける彼女の初期から現在に至るまでの作品約230点を紹介する国内初の本格的な展覧会である。

陶芸館入り口リサラーソン

カップル、家族連れ共に若い人が多い。
やはり北欧のちょっとお洒落でポップな陶芸作品だからだろう。

1時間弱ほど中にいただろうか。
館内の照明は美術館らしくほの暗かったが、雰囲気が非常に明るい展覧会であった。

オートバイに再び跨がり、5分ほどの所にある信楽高原鐵道終点の信楽駅へ行く。

次回へ続く。

それではヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: 滋賀の博物館、美術館

thread: 美術館・博物館 展示めぐり。

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/153-8faecac7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop