つくぶすま68の備忘ログ ホーム » 2015山陰ツーリング »丹後半島を海沿いに走る

丹後半島を海沿いに走る  

前回の続き。

余部橋梁(兵庫県香美町)から丹後半島を目指し、国道178号線を延々と西へ走る。

鳴砂で知られる琴引浜(京都府京丹後市)には1030時過ぎに到着。
駐車場代と清掃協力費として500円を徴収され、代わりにパンフレットをもらい入場した。

琴引浜1

浜へ下り、ブーツを砂に押しつけてみると確かに鳴っているような気がする。
しかし以前、テレビ番組で聞いた音とは何か違うような・・・
入場の際、「鳴らし方にはコツがいるので、浜にいる腕章を付けた係員に聞いてください。」と言われたが
わざわざ聞くのも面倒になって10分そこそこで浜を後にした。

琴引浜2

再び海岸に沿って西へ。
途中、道の駅で早めの昼食を取り、経ヶ岬を目指す。

近畿最北端のこの岬には灯台があるので一度見てみたいと思っていたからだ。
1200時前、駐車場にオートバイを駐め岬への山道を歩いて行く。
持参している「ツーリングマップル」には「徒歩15分400メートル」と書かれていた。

最初、山の頂上にあると思われる展望台を目指したが、山道がキツかったので途中で断念、灯台へ向かった。
が、おかしい。道に倒木があり道がほとんど維持管理されている気配が無い。
本当にこの道であっているのか。もしかして迷子?遭難?
道があるのでとりあえず先へ進む。暑い。
わけもわからずに先へ進むのは登山では遭難する危険があるのはわかっているが、
灯台がちらほら近くに見えてきたので歩いて行く。

最初から灯台のみを目指せばよかった。灯台への標識どおり歩いていればこんなことは無かったと思う。

経ヶ岬灯台2

30分弱くらい歩いただろうか。やっと灯台到着。
しかし柵がしてあり間近で見ることはできなかった。

経ヶ岬灯台1

駐車場へ戻り、水を一気飲み。

再び海岸沿いを走る。岬から南下し伊根町を目指す。
ここは独特の民家、「舟屋」で知られている。
海に突き出た民家の1階が舟のガレージ、2階が漁具の置き場になっている

1300時頃、道の駅へ寄るが車や人の数がすごい。
展望台から舟屋を眺めて早々に退散した。

伊根の舟屋を遠くに望む

この後は一路家を目指しオートバイを走らせた。

山陰ツーリングの話はこれで終わる。

それではヘイヘイ。


にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: 2015山陰ツーリング

thread: ツーリング

janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/151-3c15c4f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop