つくぶすま68の備忘ログ ホーム » 兵庫の古本まつり »付くか、付かないか

付くか、付かないか  

神保町へ行った約2週間後、関西で開催された古本まつりに行った。
今回は神戸、大阪のはしごである。

まずは神戸・三宮。
ここで「第10回サンボーホール ひょうご大古本市」が開催されていた。

ひょうごの古本屋幟

0930時、JR三ノ宮駅に降り立った。
雨上がりで寒い。

この日、初めて気づいたことがある。
JRと私鉄、地下鉄の「さんのみや」の駅名表示が違うことである。
「ノ」が付く「三ノ宮」はJR、付かない「三宮」は阪急、阪神、地下鉄である。
ちなみに地名は「ノ」が付かない「三宮」である。

ウィキペディアでは

開業が最も早く、駅創設時からあえて“ノ”をつけることによって地名の読み違いをさせないよう配慮していた名残であると考えられている。
ただし「三ノ宮」という表記は、三ノ宮駅開業前の1873年(明治6年)に三宮町が名づけられた際に生田宮筋の西側(おそらく現在の「トアロード」)の道路に「三ノ宮筋」という名称が付けられたのがはじまりのようである。
表記の相違は、今ではJRと他交通機関の駅名を区別するのに役立っている。

とある。

三宮フラワー道路

JRの駅名と地名が微妙に違うというのは関西在住の自分が知っている例として滋賀県にある米原駅がある。

東海道新幹線の停車駅である米原駅は米原市米原にあるが、
駅名、市名は「まいら」、地区名は「まいら」である。
濁点が付くか付かないかである。

「まいばら」市は元々「まいはら」町であったが、市制移行に伴い、知名度の高い「まいばら」駅にちなんで「まいばら」市にしたらしい。

ちなみに北陸自動車道の米原ICの読み方は開通当初「まいばら」で、2001年6月4日に町名に合わせて「まいはら」に変更されたが、
「まいばら」市が発足したことで再び自治体名とインターチェンジ名が食い違うこととなった。

本当にややこしい。

サンボーホールと幟

「三ノ宮」駅から歩いて10分ほどで古本市会場のサンボーホールに着いた。

次回へ続く。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

category: 兵庫の古本まつり

thread: 鉄道の旅

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/139-7ecc36a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop