つくぶすま68の備忘ログ ホーム » 音楽・買ったCD »ファッション雑誌ではない方の

ファッション雑誌ではない方の  

前回の続き。

神戸・三宮で古書漁りの後、レコード店へ向かう。
買いたいCDがあったからだ。
洋楽コーナーで目当てのCDが見つかり即購入した。

買ったのは

①DEPECHE MODE ”LIVE IN BERLIN SOUNDTRACK”

②THE RAVEONETTES ”PE’AHI”

①デペッシュ・モードは1980年結成のイギリスのバンドである。
フランスのファッション雑誌”Dépêche mode”にちなんでバンド名は付けられた。
30年以上に渡るキャリアと、全世界で約9100万枚のシングル・アルバムを売り上げた記録を持つニュー・ウェーヴの大御所バンドだ。
現在も第一線で活動を続けるシンセポップの代表格であり最大級の成功者である。
日本では最近あまり名前を聞かないが欧米での人気は不動である。日本でもテクノ好き、ニューウェヴ好きには根強い人気がある(と自分は思っている)。

デビュー当時はテクノポップバンドとしてアイドル的な人気を誇ったが、
1983年発表の3作目からはインダストリアル・ミュージックの要素が強くなる。
1993年発表の8作目ではギターサウンドを大幅に取り入れたりするなど現在まで色々と音楽性は変化し続けているが
変わらないのはシンセサイザーを使ったデペッシュ・モード節、そしてどことなく暗黒の雰囲気が漂う甘美なイメージである。

そのデペッシュ・モードのベルリンでのライブを録音した日本盤2枚組が出たので買った。
本当はそのライブのDVD2枚を含む5枚組の外国盤の方を買いたかったのだが、値段が9000円台だった為あきらめた。

帰宅後、某大手ネットショップを見るとその外国盤が4000円台で売っており、買おうか買うまいかまだ迷っている。

depeche mode raveonettes

②レヴォネッツは2001年結成のデンマーク出身男女デュオである。
どこか哀愁が漂うがガレージロック、サーフロックに通じる荒っぽさ、甘美でポップなメロディー、轟音でノイジーなギターサウンドが特徴である。

以前の記事にも書いたことがあるが、自分はシューゲイザー・サウンドが好きである。
このレヴォネッツはそのシューゲイザーの方程式そのままのバンドと言って良いだろう。
「ジーザス・アンド・メリーチェインの再来」と言われるのも宜なるかな。

7作目のアルバムが昨年出ていたのを最近知ったので購入した。

現在、この2組のバンドばかり聴いている。
来日公演してくれないかなあ、特にデペッシュ・モード。
彼らは1990年以来来日公演をしていないらしい。
もし来たら自分は必ず行くだろう。


CD購入後、帰路についた。
電車の中で読んだ本は往路で読んだのとは違う本である。

次回へ続く。
それではヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

category: 音楽・買ったCD

thread: 洋楽CDレビュー

janre: 音楽

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/111-0f3f8aec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop