FC2ブログ
つくぶすま68の備忘ログ ホーム »2019年03月
2019年03月の記事一覧

「みずほ」、「きょっこう」、「しらせ」  


前回の続き。
3月16日に新古書店へ本を売りに行った話である。

売ったのは以下の通り。

①~③塩野七生 ローマ人の物語11~13 ユリウス・カエサル ルビコン以後(上)~(下) 新潮文庫 2004年

④月刊ビッグ・トゥモロウ 2017年1月号 青春出版社
⑤月刊ビッグ・トゥモロウ 2017年4月号 青春出版社
⑥月刊ビッグ・トゥモロウ 2017年10月号 青春出版社

⑦ブルータス 2011年6月1日号 マガジンハウス

⑧ポップリ 2011年2月号 エヌイーエフ

⑨フィールダー vol.44 笠倉出版社 2019年

⑩コトバNo.34 集英社 2018年

⑪小島敏男 しらせ 南極観測船と白瀬矗 成山堂書店 2011年

⑫石倉ヒロユキ パパママつくって!かわいい段ボール家具 NHK出版 2006年

パパママつくって!かわいい段ボール家具

⑬萩原広行 成功する個人事業の始め方 成美堂出版 2012年

⑭ザ・リストマニアックス リストマニア インフォグラフィックスで見る驚きの事実 パイ インターナショナル 2013年

⑮渡貫淳子 南極ではたらく 平凡社 2019年

雨はこれから4

⑯東本昌平 雨はこれから4 モーターマガジン社 2019年

⑰さかなこうじ 三成さんは京都を許さない3 新潮社 2018年

⑱~㉔岡本健太郎 山賊ダイアリー リアル猟師奮闘記 1~7 講談社

以上24点


⑪小島敏男「しらせ 南極観測船と白瀬矗」

は現在の南極観測船2代目「しらせ」、初代「しらせ」、そして南極点を目指した白瀬矗について書かれている。

しらせ 南極観測船と白瀬矗

「しらせ」の艦名は昭和基地近くにある「白瀬氷河」から名づけられたが、その「白瀬氷河」は白瀬矗に由来している。

初代「しらせ」の艦名は公募され、62275通もの応募があった。
その中での最終候補として「みずほ」、「きょっこう」、「しらせ」の3つが挙げられた。

しかし自衛艦の名称(「しらせ」は海上自衛隊所属)は旧防衛庁通達では「名所旧跡のうち主として山の名前」をつけるとされ、人名はつけられない。
そのため、山ではないが昭和基地近くにある「白瀬氷河」が基の「しらせ」が選ばれた。
命名にあたり、通達を「主として山又は氷河の名前」と改正した。

氷河は日本本土にはないので、氷河の名前が付く自衛艦は今後も「しらせ」だけになるかもしれない。

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



category: 本を売る

thread: 読んだ本。

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

紀元前44年3月15日  

紀元前44年3月15日はユリウス・カエサルが暗殺された日である。
その2063年後にあたる今年の3月15日の翌日、16日に近くの新古書店へ本を売りに行った。
売ったのは以下の通り。

①~③塩野七生 ローマ人の物語11~13 ユリウス・カエサル ルビコン以後(上)~(下) 新潮文庫 2004年

ローマ人の物語11 ユリウス・カエサル ルビコン以後(上)

④月刊ビッグ・トゥモロウ 2017年1月号 青春出版社
⑤月刊ビッグ・トゥモロウ 2017年4月号 青春出版社
⑥月刊ビッグ・トゥモロウ 2017年10月号 青春出版社

⑦ブルータス 2011年6月1日号 マガジンハウス

⑧ポップリ 2011年2月号 エヌイーエフ

⑨フィールダー vol.44 笠倉出版社 2019年

⑩コトバNo.34 集英社 2018年

コトバNo.34

⑪小島敏男 しらせ 南極観測船と白瀬矗 成山堂書店 2011年

⑫石倉ヒロユキ パパママつくって!かわいい段ボール家具 NHK出版 2006年

⑬萩原広行 成功する個人事業の始め方 成美堂出版 2012年

⑭ザ・リストマニアックス リストマニア インフォグラフィックスで見る驚きの事実 パイ インターナショナル 2013年

⑮渡貫淳子 南極ではたらく 平凡社 2019年

⑯東本昌平 雨はこれから4 モーターマガジン社 2019年

⑰さかなこうじ 三成さんは京都を許さない3 新潮社 2018年

⑱~㉔岡本健太郎 山賊ダイアリー リアル猟師奮闘記 1~7 講談社

以上24点

昨年年末から読み始めた「ローマ人の物語」全43巻だが、やっと13巻まで読了。今回①~③を売りに行った。
全巻読み終えるのはいつになるやら。

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

category: 本を売る

thread: 本の紹介

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

ル・マン2連覇なるか  


前回の続き。
先月、新古書店へ本とCDを売りに行った話である。

売ったのは以下の通り。

①別冊太陽 藤沢周平 平凡社 2006年
②北欧スタイル No.15 枻出版社 2008年
③トランジット No.18 講談社 2012年
④トランジット No.19 講談社 2012年
⑤現代詩手帖 2013年3月号 思潮社
⑥本の雑誌 2019年2月号 本の雑誌社
⑦MOTOツーリングvol.39 2019年3月号 内外出版社
⑧フィールダー別冊 獲物山 笠倉出版社 2017年 

⑨坂口恭平 思考都市 日東書院 2013年
⑩田中康弘 マタギ 矛盾なき労働と食文化 枻出版社 2010年 4刷
⑪内澤旬子 世界屠畜紀行 解放出版社 2007年 6刷
⑫千松信也 ぼくは猟師になった リトルモア 2008年 3刷

ぼくは猟師になった

⑬坂本大三郎 山伏ノート 技術評論社 2013年
⑭ピエニ・カウッパ GO! GO! フィンランド ブルース・インターアクションズ 2006年 2刷
⑮静慈彰 くるま暮らし。 飛鳥新社 2018年
⑯大原扁理 なるべく働きたくない人のためのお金の話 百万年書房 2018年

⑰塩野七生 ローマ人の物語8 ユリウス・カエサル ルビコン以前(上) 新潮文庫 2004年
⑱塩野七生 ローマ人の物語9 ユリウス・カエサル ルビコン以前(中) 新潮文庫 2004年

ローマ人の物語10 ユリウス・カエサル ルビコン以前(下)

⑲塩野七生 ローマ人の物語10 ユリウス・カエサル ルビコン以前(下) 新潮文庫 2004年

⑳トーベ・ヤンソン スナフキン ノート 講談社文庫 2013年

㉑BJORK ”Greatest Hits” 
㉒VERVE ”A Storm In Heaven”

㉓NOUVELLE VAGUE ”Nouvelle Vague”輸入盤
㉔NOUVELLE VAGUE ”Bande a’ Part”
㉕NOUVELLE VAGUE ”Nouvelle Vague 3”
㉖NOUVELLE VAGUE ”The Best of Nouvelle Vague

㉗EINSTURZENDE NEUBAUTEN ”Zeichnungen des Patienten O.T.”輸入盤
㉘EINSTURZENDE NEUBAUTEN ”1991-2001” 輸入盤
㉙EINSTURZENDE NEUBAUTEN ”Alles wieder offen”

以上29点。

買取金額は以下の通り。

①100円
②5円
③300円
④300円
⑤5円
⑥60円
⑦5円
⑧300円

⑨5円
⑩150円
⑪50円
⑫20円
⑬150円
⑭5円
⑮200円
⑯250円

⑰~⑲各10円 × 3冊 = 30円

⑳買い取りできず

㉑50円
㉒50円

㉓50円
㉔300円
㉕300円
㉖300円

㉗50円
㉘100円
㉙300円


合計
3435円 + 10%割増買い取りクーポン使用344円 = 3779円

買い取ってもらえなかった⑳「スナフキン ノート」は文庫本サイズの白紙ノートである。

スナフキン ノート 講談社文庫

全ページに色々なスナフキンの絵が描かれている。
ノートであるため、どこかのページに書き込みがされている恐れがあるので買い取ってもらえなかったのかもしれない。
新刊で買って、もったいなくて使えなくて、結局使わないと思って売ろうとしたのである。
売れないなら使うしかない。放浪好きのスナフキンにちなんでツーリング時の記録用メモ帳として使おうかな。

査定中は店内でブックハンティングしていた。
査定後に1冊購入した。

世良耕太 トヨタ ル・マン24時間レース制覇までの4551日 三栄書房 2018年 

1160円 - 10%割引クーポン使用116円 = 1044円

2018年のル・マン24時間レースでトヨタが悲願の初優勝を果たすまでの記録である。

トヨタ ル・マン24時間レース制覇までの4551日

その2年前の2016年、トップを快走していたトヨタは残り3分で車両故障によりポルシェに逆転優勝されてしまったという苦い過去がある。
そこからの立ち直りを読みたいためにこの本を買った。

表紙のマシンがかっこいい。
早く読みたいと思っているが、ほかの本に目移りしていまだ読めずにいる。

ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

category: 本を売る

thread: この本買いました

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

新しい波と崩壊する新建築  

前回の続き。
先月、新古書店へ本とCDを売りに行った話である。

売ったのは以下の通り。

①別冊太陽 藤沢周平 平凡社 2006年
②北欧スタイル No.15 枻出版社 2008年

北欧スタイル No.15

③トランジット No.18 講談社 2012年
④トランジット No.19 講談社 2012年
⑤現代詩手帖 2013年3月号 思潮社
⑥本の雑誌 2019年2月号 本の雑誌社
⑦MOTOツーリングvol.39 2019年3月号 内外出版社
⑧フィールダー別冊 獲物山 笠倉出版社 2017年 

⑨坂口恭平 思考都市 日東書院 2013年
⑩田中康弘 マタギ 矛盾なき労働と食文化 枻出版社 2010年 4刷
⑪内澤旬子 世界屠畜紀行 解放出版社 2007年 6刷
⑫千松信也 ぼくは猟師になった リトルモア 2008年 3刷
⑬坂本大三郎 山伏ノート 技術評論社 2013年
⑭ピエニ・カウッパ GO! GO! フィンランド ブルース・インターアクションズ 2006年 2刷
⑮静慈彰 くるま暮らし。 飛鳥新社 2018年
⑯大原扁理 なるべく働きたくない人のためのお金の話 百万年書房 2018年

⑰塩野七生 ローマ人の物語8 ユリウス・カエサル ルビコン以前(上) 新潮文庫 2004年
⑱塩野七生 ローマ人の物語9 ユリウス・カエサル ルビコン以前(中) 新潮文庫 2004年
⑲塩野七生 ローマ人の物語10 ユリウス・カエサル ルビコン以前(下) 新潮文庫 2004年

⑳トーベ・ヤンソン スナフキン ノート 講談社文庫 2013年

BJORK ”Greatest Hits”

㉑BJORK ”Greatest Hits” 
㉒VERVE ”A Storm In Heaven”

㉓NOUVELLE VAGUE ”Nouvelle Vague”輸入盤
㉔NOUVELLE VAGUE ”Bande a’ Part”
㉕NOUVELLE VAGUE ”Nouvelle Vague 3”
㉖NOUVELLE VAGUE ”The Best of Nouvelle Vague

㉗EINSTURZENDE NEUBAUTEN ”Zeichnungen des Patienten O.T.”輸入盤
㉘EINSTURZENDE NEUBAUTEN ”1991-2001” 輸入盤
㉙EINSTURZENDE NEUBAUTEN ”Alles wieder offen”

以上29点。

㉓~㉖ 「ヌーヴェル・ヴァーグ」はフランスの音楽界を支えてきたプロデューサーのマーク・コリンとギター・プレーヤーのオリヴィエ・リボーの音楽プロジェクトである。
「1980年代のポスト・パンクの曲をフランスのエスプリを利かせてカバーしよう」という試みが意外にも全世界で大ヒット。
デビュー・アルバムは20万枚を売り上げた。

NOUVELLE VAGUE ”Bande a’ Part”

これまでにカバーしたアーティストはジョイ・ディヴィジョンやニュー・オーダー、エコー&ザ・バニーメン、デペッシュ・モード、ザ・スミス等々。
なぜか日本のユニコーンまで(㉕)。

自分の大好きな音楽ジャンルだったため、上記4枚のCDは発売直後に買っていた。
しかし、CDが増えすぎて保管場所に困るようになり、持っていたヌーヴェル・ヴァーグの全CDを売ることにしたわけである。

聴くのはやはり原曲のほうが良い。

㉗~㉙の「アインシュツルツェンデ・ノイバウテン」は1980年に当時の西ベルリンで結成されたインダストリアル・ノイズミュージックのバンドである。
バンド名を訳すと「崩壊する新建築」。
「アインシュツルツェンデ・ノイバウテン」も持っていたCDは衝撃的だった1stアルバム「コラプス」以外は全て売ることにした。

アインシュテュルツェンデ・ノイバウテン 「アレス・ヴィーダー・オッフェン」

さて買取金額は・・・

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

category: 本を売る

thread: 洋楽CDレビュー

janre: 音楽

tb: 0   cm: 1

凄腕のライター  

前回の続き。
先月、新古書店へ本とCDを売りに行った話である。

売ったのは以下の通り。

①別冊太陽 藤沢周平 平凡社 2006年

別冊太陽 藤沢周平

②北欧スタイル No.15 枻出版社 2008年
③トランジット No.18 講談社 2012年
④トランジット No.19 講談社 2012年
⑤現代詩手帖 2013年3月号 思潮社
⑥本の雑誌 2019年2月号 本の雑誌社
⑦MOTOツーリングvol.39 2019年3月号 内外出版社
⑧フィールダー別冊 獲物山 笠倉出版社 2017年 

思考都市

⑨坂口恭平 思考都市 日東書院 2013年
⑩田中康弘 マタギ 矛盾なき労働と食文化 枻出版社 2010年 4刷
⑪内澤旬子 世界屠畜紀行 解放出版社 2007年 6刷
⑫千松信也 ぼくは猟師になった リトルモア 2008年 3刷
⑬坂本大三郎 山伏ノート 技術評論社 2013年

山伏ノート

⑭ピエニ・カウッパ GO! GO! フィンランド ブルース・インターアクションズ 2006年 2刷
⑮静慈彰 くるま暮らし。 飛鳥新社 2018年
⑯大原扁理 なるべく働きたくない人のためのお金の話 百万年書房 2018年

⑰塩野七生 ローマ人の物語8 ユリウス・カエサル ルビコン以前(上) 新潮文庫 2004年
⑱塩野七生 ローマ人の物語9 ユリウス・カエサル ルビコン以前(中) 新潮文庫 2004年
⑲塩野七生 ローマ人の物語10 ユリウス・カエサル ルビコン以前(下) 新潮文庫 2004年

⑳トーベ・ヤンソン スナフキン ノート 講談社文庫 2013年

㉑BJORK ”Greatest Hits” 
㉒VERVE ”A Storm In Heaven”

㉓NOUVELLE VAGUE ”Nouvelle Vague”輸入盤
㉔NOUVELLE VAGUE ”Bande a’ Part”
㉕NOUVELLE VAGUE ”Nouvelle Vague 3”
㉖NOUVELLE VAGUE ”The Best of Nouvelle Vague

㉗EINSTURZENDE NEUBAUTEN ”Zeichnungen des Patienten O.T.”輸入盤
㉘EINSTURZENDE NEUBAUTEN ”1991-2001” 輸入盤
㉙EINSTURZENDE NEUBAUTEN ”Alles wieder offen”

⑮静慈彰 くるま暮らし。

は滋賀県愛知(えち)郡にある寺の住職が「著した」エッセイである。

「著者」は1978年生まれ。
真言宗僧侶で、2016年に走行距離約10万㎞で購入した2006年製日産キャラバンに車中泊して暮らしている。

静慈彰 くるま暮らし。

タイトルの副題は「社会不適合僧侶の究極ミニマル生活」。

しかし「著者」のことを「社会不適合」とは思わなかった。
寺を3回くびになり、妻から逃げて離婚し、車中泊生活をするようになった「著者」だが、どこが社会的不適合者?
会社を3回くびになったり、離婚したり、車中泊生活している(俺の知っている奴で車中泊(社中泊、会社の駐車場に車を駐めている)しているのが一人いた)はざらにいるんじゃないか。

「著者」は週二日、派遣僧侶の仕事をして、夏はサーフィン三昧の生活。
宗教関係はギャラが良いらしい。
通夜、葬儀・告別式、年忌法要、年末年始の参拝客が多い寺への手伝いなど仕事には困らない。
放浪生活には案外向いているかもしれないので、もしそういう生活を目指すなら、宗教関係の職業も良いだろう。

この本で「えっ!?」と思った箇所がある。
それは最後の「おわりに」での章である。
「凄腕のライターを連れてきた」と書かれていた。

ゴーストライターが書いた本だったのだ。
これはやっぱりよくあることなのだろうか。

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村


category: 本を売る

thread: 気になる本をチェック!!

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

年越し変態村  

先月、新古書店へ本とCDを売りに行った。

売ったのは以下の通り。

①別冊太陽 藤沢周平 平凡社 2006年
②北欧スタイル No.15 枻出版社 2008年
③トランジット No.18 講談社 2012年

トランジット No.19

④トランジット No.19 講談社 2012年
⑤現代詩手帖 2013年3月号 思潮社
⑥本の雑誌 2019年2月号 本の雑誌社
⑦MOTOツーリングvol.39 2019年3月号 内外出版社
⑧フィールダー別冊 獲物山 笠倉出版社 2017年 

⑨坂口恭平 思考都市 日東書院 2013年
⑩田中康弘 マタギ 矛盾なき労働と食文化 枻出版社 2010年 4刷
⑪内澤旬子 世界屠畜紀行 解放出版社 2007年 6刷
⑫千松信也 ぼくは猟師になった リトルモア 2008年 3刷

ぼくは猟師になった

⑬坂本大三郎 山伏ノート 技術評論社 2013年
⑭ピエニ・カウッパ GO! GO! フィンランド ブルース・インターアクションズ 2006年 2刷
⑮静慈彰 くるま暮らし。 飛鳥新社 2018年
⑯大原扁理 なるべく働きたくない人のためのお金の話 百万年書房 2018年

⑰塩野七生 ローマ人の物語8 ユリウス・カエサル ルビコン以前(上) 新潮文庫 2004年
⑱塩野七生 ローマ人の物語9 ユリウス・カエサル ルビコン以前(中) 新潮文庫 2004年
⑲塩野七生 ローマ人の物語10 ユリウス・カエサル ルビコン以前(下) 新潮文庫 2004年

⑳トーベ・ヤンソン スナフキン ノート 講談社文庫 2013年

㉑BJORK ”Greatest Hits” 
㉒VERVE ”A Storm In Heaven”

㉓NOUVELLE VAGUE ”Nouvelle Vague”輸入盤
㉔NOUVELLE VAGUE ”Bande a’ Part”
㉕NOUVELLE VAGUE ”Nouvelle Vague 3”
㉖NOUVELLE VAGUE ”The Best of Nouvelle Vague

㉗EINSTURZENDE NEUBAUTEN ”Zeichnungen des Patienten O.T.”輸入盤
㉘EINSTURZENDE NEUBAUTEN ”1991-2001” 輸入盤
㉙EINSTURZENDE NEUBAUTEN ”Alles wieder offen”

以上29点

⑦MOTOツーリングvol.39 2019年3月号 

は隔月刊のオートバイツーリング専門誌である。
毎号は買わないが、興味のある記事が載っている時は購入している。

MOTOツーリングvol.39 2019年3月号

この号では年越しを日本最北端の宗谷岬でキャンプして迎えるライダーたちの記事が載っていた。
もちろんオートバイで自走して宗谷岬まで来ている。
今年は史上最大の約150台が集まったらしい。4割が今回初チャレンジ。ライダーの年齢層は20~30代がほとんど。
そのキャンプ村のことを「年越し変態村」と呼んでいた。

この記事に関連した別冊が付録として付いていた。

MOTOツーリングvol.39冬季北海道旅ノウハウ完全読本

「冬季北海道旅ノウハウ完全読本」である。これが目当てでこの号を買ったのだ。

冬の北海道をオートバイで走って宗谷岬へ向かうので、ノウハウのほとんどは寒さ対策である。
興味深く読めたが、いざ実行となるとちょっと・・・

いつかは自分も宗谷岬で年越しをしてみたいと思っているが、自動車で行こうと思う。

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村


category: 本を売る

thread: アウトドア

janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

表紙は1974年製CB400FOUR  

前回の続き。
2月上旬、「京都まちなか古本市」(2017年9月30日~10月1日)へ行った話である。

1120時過ぎ、京都古書会館から出て、烏丸通へ向かった。
烏丸通に出ると南下。20分弱歩く。

ファストフード店へ寄り、サンドウィッチとホットコーヒー(計700円)で昼食。
煙草を2本吸い、1215時頃に店を出た。

今度は烏丸通を北上。

京都を中心にチェーン展開してる大型書店へ入った。

店内に15分ほどいて買ったのは3冊。

まずは買うか買うまいか、実際に本を手に取って決めようと思っていた

なるべく働きたくない人のためのお金の話

大原扁理 なるべく働きたくない人のためのお金の話 百万年書房 2018年

ジェシカ・ブルーダー ノマド 漂流する高齢労働者たち 春秋社 2018年

ノマド 漂流する高齢労働者たち

の2冊。

そして店内逍遥中、オートバイ雑誌コーナーで見つけた漫画を1冊。

東本昌平 雨はこれから4 モーターマガジン社 2019年

主人公は中年の売れない漫画家である。
人里離れてドライブインだった建物に独りで住んでいる。
オートバイ乗りである彼を巡る人間模様を描いた漫画で、3巻までは読んでいた。

雨はこれから4

4巻目が出ていたのをこの時まで知らなかったので、即手に取ってキープした。

店を出た後は寄り道せずに帰宅した。

ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村


category: 新刊を買う

thread: ちょっとおでかけ

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

インパクトドライバーの音  


前回の続き。
2月上旬、京都古書会館へ行った話である。

ここへ来るのは「京都まちなか古本市」(2017年9月30日~10月1日)以来だ。

この日は「第5回古書会館de古本まつり」(2019年2月8日~10日)。
前回は手ぶらで帰っている。今回はどうだろうか。

京都古書会館201902-2

無駄に長い間歩いて体がかなり冷えてしまった。
3階の会場へ向かった。

客の入りはそこそこ。
会館内か隣りの建物で工事をしているのだろうか、インパクトドライバーの音がたまにしている。
早速棚を見ていく。

しかし、工事の音がとても近くに聞こえる。壁のすぐ向こうで行なっているのか。
いや違った。会場内からだった。

隣りの列の棚に移るとその発生源が「いた」。

鼻を赤くした男性が鼻をすする音だったのだ。
鼻をすするのは寒さの為か、それとも風邪?
彼はマスクをしておらず、もし風邪であればうつされる可能性がある。彼近くの棚は後で見ることにする。
それにしてもすごい音だったなあ。

たまに人とのすれ違いに気を使ったが、スムーズに棚を見ていくことができた。

会場に30分以上いたが、結局収穫が無く退館、烏丸通へ向かった。

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村



category: 京都の古本まつり

thread: お出かけ日記

janre: 日記

tb: 0   cm: 0

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop