FC2ブログ
つくぶすま68の備忘ログ ホーム »2018年10月
2018年10月の記事一覧

醤油ドレッシングを頼んだのに・・・  

前回の続き。
あべのハルカス美術館で現在開催中の「太陽の塔」展(2018年9月15日~11月4日)を見に行った話である。

太陽の塔展201809-24

1110時頃、会場を出るとミュージアムショップがあった。

太陽の塔展201809-23

ここで手拭い1本1350円、シール1冊648円、クリアケース1冊324円を購入。

太陽の塔展201809シール

あべのハルカスからの展望201809-1

その後、美術館と同じ16階の展望台から景色を眺めて、あべのハルカスを後にした。

太陽の塔展201809-25

近くの牛丼屋で、ねぎ玉牛丼並(みそ汁、サラダ付き)610円を食べる。 
醤油ドレッシングを頼んだのに胡麻ドレッシングが付いてきたが、スルーした。
店員は客商売には向いていない感じの娘だった。

食後、近くの新古書店へ行くが収穫は無く、帰宅の途についた。

ヘイヘイ。

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



category: 大阪の博物館、美術館、展覧会

thread: お出かけ日記

janre: 日記

tb: 0   cm: 0

いのり、ひと、いのち  

前回の続き。
あべのハルカス美術館で現在開催中の「太陽の塔」展(2018年9月15日~11月4日)を見に行った話である。

先ほどスルーした塔地下展示を再現した模型のコーナーへ向かった。

太陽の塔展201809-20

テーマ館(太陽の塔)はこの地下展示「過去:根源の世界」から始まる。
展示は「いのち」、「ひと」、「いのり」の3ゾーンで構成され、それらを順に巡った後に塔内部に入った。

地下展示は万博閉幕後に撤去され、埋め戻された。
その為、今では写真でしか当時の様子をうかがい知ることができない。
その全貌を縮小モデル化したのがこのコーナーである。

まずは「いのり」。

太陽の塔展201809いのり

仮面と神像が展示された空間は呪術を思わせ妖しげだ。
祭壇中央には「地底の太陽」が君臨している。

次は「ひと」。

太陽の塔展201809ひと

最後に「いのち」。

太陽の塔展201809いのち

中央の受精卵のような造形は生命の連帯を象徴する「いのちのうた」。
直径7メートル、35面の半球スクリーンに人間から昆虫にいたる生命の誕生シーンが映し出されたらしい。

その後、初代「黄金の太陽」へ戻って、もう一度じっくり見て、会場出口近くへ。
入場時にもらった「岡本太郎の爆発語録」にスタンプを押し、ビデオコーナーで2本上映されていたので見る。
太陽の塔再生の市販ビデオを短く編集したものと、映画「太陽の塔」の紹介ビデオである。

このコーナーには太陽の塔再生を記念したガンバ大阪のユニフォームが展示されていた。

太陽の塔展201809-21

ビデオを見終わった後、1110時頃に会場を出た。

出たところにはミュージアムショップがあった。

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 大阪の博物館、美術館、展覧会

thread: ちょっとおでかけ

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

初代黄金の顔、見参!  

前回の続き。
あべのハルカス美術館で現在開催中の「太陽の塔」展(2018年9月15日~11月4日)を見に行った話である。

太陽の塔展201809-02

絶筆となった「雷人」(1995年)を見た後、ステージ状の台へ上がる階段を上るとそこには・・・

初代黄金の顔201809-02

初代「黄金の顔」の実物が見下ろせるように展示されていた。
太陽の塔のてっぺんに付いているあの顔である。

直径10.6メートル。倉庫に保管されていた顔正面のオリジナル鉄板169枚を当時のままに組み立てた。

1992年から翌年にかけて、太陽の塔で大規模な改修メンテナンスが実施され、
その際、「黄金の顔」が鉄製からステンレス製へ取り替えられた。

初代黄金の顔201809-04

腐食が避けられなかった為である。

初代黄金の顔201809-03

全体像を写せないほど巨大だ。

初代黄金の顔201809-05

壁には黄金の顔を設置する工事の写真パネルが掲げられていた。

この場所から、先ほどスルーした塔地下展示を再現した模型のコーナーが見える。

太陽の塔展201809-19

人が少ない。チャンスだ。
階段を降りて、模型のコーナーへ向かった。

次回へ続く。
ヘイヘイ。


にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 大阪の博物館、美術館、展覧会

thread: 日帰りお出かけ

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

殺すな、雷人  

前回の続き。
あべのハルカス美術館で現在開催中の「太陽の塔」展(2018年9月15日~11月4日)を見に行った話である。

太陽の塔のラフスケッチを見た後は、

太陽の塔展201809-15

切り開かれた太陽の塔。

太陽の塔展201809-16

万博当時の内部を復元した模型らしい。

太陽の塔展201809-18

題名は忘れたが心惹かれた画。

「殺すな」と書かれた書(1967年)。

殺すな201809

線に岡本太郎らしさが現れている。彼が描く太陽のコロナにそっくりだ。

雷人201809

絶筆となった「雷人」(1995年)。

そして仮設ステージのような台への階段を上るとそこには・・・

初代黄金の顔201809-01

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 大阪の博物館、美術館、展覧会

thread: お出かけ日記

janre: 日記

tb: 0   cm: 0

塔をつくる  

前回の続き。
あべのハルカス美術館で現在開催中の「太陽の塔」展(2018年9月15日~11月4日)を見に行った話である。

「地底の太陽」の次は太陽の塔地下展示を再現した模型のコーナーである。

太陽の塔展201809-09

しかし人が多すぎる。

後で見ることにして次へ進む。

太陽の塔展201809-10

この後ろ姿は・・・


太陽の塔展201809-11

やっぱり岡本太郎だった。

1967年10月9日、岡本太郎はアトリエの庭で太陽の塔の原型制作に取りかかった。
高さ1.5メートルの石膏模型で頂上の「黄金の顔」は鍋のふただった。

10月28日には完成し、同縮尺の大屋根模型にセットされた。
ほとんど試行錯誤が見られなかったことから頭の中で完全に立体造形が確立されていたらしい。

太陽の塔展201809-12

そして太陽の塔のラフスケッチ。

太陽の塔展201809-13

鉛筆で描かれていて何とも味わい深い。

太陽の塔展201809-14

次回へ続く。
ヘイヘイ。


にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 大阪の博物館、美術館、展覧会

thread: ちょっとおでかけ

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

2018年の地底の太陽  

前回の続き。
あべのハルカス美術館で現在開催中の「太陽の塔」展(2018年9月15日~11月4日)を見に行った話である。

会場に入ると岡本太郎ワールドが始まる。

太陽の塔展201809-06

太陽の塔展201809-07

太陽の塔展201809-08

そして、ドーンと「地底の太陽」。
岡本太郎がテーマ展示のために自ら制作した「仮面」である。

地底の太陽保存用模型201809

仮面?これ自分の身長より大きいと思うのだが・・・
鼻、口が無く、眼だけが大きく見開いている。

万博当時はコロナを放射し、全長13メートルもあった。

万博閉幕後は行方不明となり、今年復元された。
展示されているのはその原型になったものらしい。

写真撮影をする人が多数。

その合間をぬって作品を見る。
なんとも慌ただしい。

次回へ続く。
ヘイヘイ。


にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 大阪の博物館、美術館、展覧会

thread: 日帰りお出かけ

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

岡本太郎の爆発語録  

前回の続き。

1010時頃、 あべのハルカス美術館に到着。
現在開催中の「太陽の塔」展(2018年9月15日~11月4日)を見るためにここへ来た。

太陽の塔展201809-01

一般1200円の当日券を購入。
会場入り口には入場者が30人ほど並んでいた。

太陽の塔展201809-03

入場時、チケットを係員に渡す際、「岡本太郎語録」というカードをもらった。

名言!岡本太郎の爆発語録1

中を見ると岡本太郎先生のお言葉とスタンプを押せるページがあった。
会場出口付近にあったスタンプを押すとこんな感じ。

名言!岡本太郎の爆発語録2

会場内は写真撮影OKだがフラッシュは禁止と説明があった。

会場へ入っていくとそこは・・・。

太陽の塔展201809-04

次回へ続く。
ヘイヘイ。


にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 大阪の博物館、美術館、展覧会

thread: 展示会、イベントの情報

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

路上喫煙が多い街  

前回の続き。
9月の3連休のある1日の話である。

0940時頃、JR天王寺駅に到着した。
駅から出るとそこには日本一高いビル、あべのハルカスがそびえている。

あべのハルカス201809

目的地はこの中にあるのだが、その前にたばこを一服したかったので駅近くにある頭文字がDのファストフード店へ寄った。
途中5分ほど歩くのだが、路上喫煙者の多いこと。天王寺駅周辺では良いのかな?

ブレンドコーヒーSを注文し15分ほど店内で休憩。
その後あべのハルカスへ。

外の景色が見えるエレベーターで16階へ上がる。
そしてこの日の目的地、あべのハルカス美術館に到着した。

太陽の塔展201809-00

現在開催中の「太陽の塔」展(2018年9月15日~11月4日)を見るために来たのである。

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 大阪の博物館、美術館、展覧会

thread: お出かけ日記

janre: 日記

tb: 0   cm: 0

謎の巨大サメを追え  

電車の中ではいつものように本を読んでいた。
読んでいたのは

モルテン・ストロークスネス 海について、あるいは巨大サメを追った一年 化学同人 2018年

ノルウェー北部に位置するロフォーテン諸島で2人の男が小さなゴム製ボートに乗り、ニシオンデンザメという巨大な鮫を釣ろうとした話である。

海について、あるいは巨大サメを追った一年

ニシオンデンザメは体長は最大7メートル、体重は1トン。
寄生生物に覆われた目は緑色に光り、筋肉には毒が含まれている。

400年以上(40年ではない。400年だ)生き続けるといわれているがその生態は謎である。

世界一のろい鮫として知られているのだが、その胃の中には驚くべきものが入っていることがある。
ノルウェーの有名な極地探検家、フリチョフ・ナンセン(1861~1930)がグリーンランド沖で捕らえた鮫の胃を開いてみると、
アザラシまるごと、巨大なタラ8尾などが入っていたらしい。世界一のろい鮫がどうやって獲ったのだろうか?

このニシオンデンザメをサメ用の釣り針、350メートルの釣り糸、6メートルの鎖、餌として腐った牛の死体などを使用して捕獲に挑んだ1年間が記録されている。

捕獲の記録だけでなく、海洋生物、天文、文学、神話、地誌などの話題が盛り込まれ、とても読み応えがあるノンフィクションだ。

この本は近所の書店で一押しの本として表紙を表にして棚に陳列されていた。
それまでこの本の存在を知らなかったのだが、手にとって中をパラパラとチェックすると面白かったので即キープした。
こういう出会いがあるから書店巡りは楽しいし、必要だ。ネット書店では無い、とまで言わないがまれである。

読書に熱中していると、あっという間にJR天王寺駅に到着した。
9月の3連休のある1日の話である。

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 本を読む

thread: ちょっとおでかけ

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

縄文にハマる人々  

先月、世間一般では3連休の初日1130時前、京都市営地下鉄・四条駅に降り立った。

地下街に直結しているビル、COCON(古今)烏丸の3階へ上がっていく。
映画「縄文にハマる人々」を見るためである。
以前から見たいと思っていた。

この日は京都での公開初日。1235時の上映回のチケットを1800円で購入。整理番号018。特典のB5サイズのクリアファイルをもらう。

縄文にハマる人々B5クリアファイル

上映まで時間があるので一旦ビルの外へ出る。

天気は晴れ。自宅を出たときは小雨だったが、回復した。陽射しが強い。

四条烏丸201809

烏丸通りを北上し、頭文字Dのファストフード店へ。
エビとサーモンのサンドウィッチとアイスコーヒーS(計650円)を注文し、昼食。

エビとサーモンのサンドウィッチとアイスコーヒーS201809

食後、たばこを2本吸い、映画館へ戻る。

上映10分前に入場。席は6割がた埋まる。

客は老若男女見事にばらばら。普段映画館では見かけない客層である年配の男性一人客も多く見受けられた。

映画の内容はタイトル通り。縄文時代にハマってしまった人たちを取材したドキュメント映画である。
縄文好きの人たちの強烈な個性や、土偶の造形の美しさが印象に残る。
監督自身も全国各地の遺跡や博物館を巡っているうちにいつしかと縄文時代へ惹かれていく。

1400時過ぎに強烈な眠気。2、3分寝てしまった。

1425時頃、上映終了。
寄り道せず、帰宅の途についた。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 映画

thread: お出かけ日記

janre: 日記

tb: 0   cm: 0

北湖と南湖の違いは何?  

前回の続き。
7月に近くの新古書店へ本を売りに行った話である。

売ったのは

①ドゥーパ No.98 学研パブリッシング 2014年
②ナショナルジオグラフィック日本版 2017年3月号 日経ナショナルジオグラフィック社 2017年

ナショナルジオグラフィック日本版2017年3月号

③モノ・マガジン No.771 ワールドフォトプレス 2016年
④ポパイ 2017年9月号 マガジンハウス 2017年

ポパイ2017年9月号

⑤スーパースージー No.95 芸文社 2016年
⑥フィールダー vol.40 笠倉出版社 2018年
⑦ガレージビルダー 八重洲出版 2009年
⑧ガレージビルダー2 八重洲出版 2010年
⑨ニューカー速報プラス ホンダN-ONE 交通タイムス社 2012年
⑩キャンピングカー パーツカタログ2013 八重洲出版 2013年
⑪琵琶湖大明解MAP北湖 つり人社 2014年
⑫琵琶湖大明解MAP南湖 つり人社 2014年
⑬サイハテ交通をゆく イカロス出版 2018年
⑭松村正直 樺太を訪れた歌人たち ながらみ書房 2016年
⑮石川直樹 極北へ 毎日新聞出版 2018年
⑯高野秀行 清水克行 辺境の怪書、歴史の驚書、ハードボイルド読書合戦 集英社インターナショナル 2018年
⑰太田朋子、神川靖子 飯田線ものがたり 新評論 2017年
⑱ドクター・オギノ エクストリーム工作ノ教科書 三才ブックス 2013年
⑲守村大 新白河原人 遊んで暮らす究極DIY生活 講談社 2011年

新白河原人 遊んで暮らす究極DIY生活

⑳守村大 新白河原人 半分ちょいの電気で贅沢DIY生活 講談社 2012年
㉑人生戦略会議 40歳からのリアル WAVE出版 2013年
㉒東本昌平 雨はこれから3 モーターマガジン社 2018年

雨はこれから3

以上22冊。

そして買い取り金額は以下の通り。

①~⑤ 各10円 計50円
⑥ 60円

⑥フィールダー vol.40 笠倉出版社 2018年
は隔月刊のアウトドア雑誌である。
しかし、登山やレジャーを主にした他のアウトドア雑誌とは異なり、サバイバルや自給自足を主とした記事が目立つ。
その為だろうか、買い取り金額が通常の雑誌よりいつも高い(といっても60円だが)。

フィールダーvol.40

⑦⑧ 各250円 計500円
⑨ 60円
⑩ 100円
⑪ 250円
⑫ 100円

⑪琵琶湖大明解MAP北湖 つり人社 2014年
⑫琵琶湖大明解MAP南湖 つり人社 2014年
は琵琶湖の釣り場を紹介したムックである。

琵琶湖は最狭部の琵琶湖大橋を境に北湖と南湖に分けられる。
⑪の北湖が高く、⑫の南湖が安い。なぜだろう?

⑬ 300円
⑭ 10円

⑭松村正直 樺太を訪れた歌人たち ながらみ書房 2016年
6月に売りに行ったとき、値が付かなかった本である。
今回は買い取ってもらえた(が、たった10円)。

樺太を訪れた歌人たち

⑮ 300円
⑯ 250円
⑰ 300円
⑱ 350円
⑲ 150円?
⑳ 250円?
㉑ 5円
㉒ 150円

以上計22冊。

買い取り金額合計は3185円になった。

ヘイヘイ。


にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

category: 本を売る

thread: 本の紹介

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop