FC2ブログ
つくぶすま68の備忘ログ ホーム »2019信州・黒部
カテゴリー「2019信州・黒部」の記事一覧

ハミルトン、ボッタス、フェルスタッペン  


前回の続き。
昨年7月中旬、2泊3日で信州、黒部へ行った時の帰りに、新名神高速道路・鈴鹿PAに寄った話である。

2台の8耐参戦マシンのすぐ近くに手形。

鈴鹿PA201907-02

2018年F1グランプリの表彰台に上った3人。
ルイス・ハミルトン(イギリス、メルセデス)、バルテリ・ボッタス(フィンランド、メルセデス)、マックス・フェルスタッペン(オランダ、レッドブル・タグホイヤー)。

トイレへ行くと一部のブースには

鈴鹿PA201907-03

トイレの後、何かお土産を、と思って売店に立ち寄る。

売店にはオートバイのレーシングスーツが展示されていた。

鈴鹿PA201907-04

鈴鹿PA201907-05

結局、何も買わずに鈴鹿PAを後にし、帰途についた。

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



category: 2019信州・黒部

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

RVF750(#11)とCBR954RR(#555T)  

前回の続き。
昨年7月中旬、信州、黒部へ行った話である。

【3日目】
1230時頃、新名神高速道路の鈴鹿パーキングエリアに到着した。

トイレへ行こうとしたら、2台の鈴鹿8耐マシン。

RVF750(#11)とCBR954RR(#555T)-01

ホンダRVF750(#11)とホンダCBR954RR(#555T)。

RVF750(#11)とCBR954RR(#555T)-02

昨年3月、新名神の鈴鹿PAを含む区間(亀山西ジャンクション~新四日市ジャンクション)が開通した。
その直後、私はここに立ち寄ったのだが、その時はフォーミュラーカーが展示されていた。

鈴鹿PA201904

オートバイ展示は7月下旬に行われる鈴鹿8時間耐久ロードレースに合わせた一時的なものだったのだろうか?

RVF750(#11)-01

オキ・ホンダ・レーシングチーム(#11)のRVF750は1992年の8耐優勝マシン。

RVF750(#11)-02

ライダーはワイン・ガードナーとダリル・ビーティー。

CBR954RR(#555T)-01

仮面ライダー555(ファイズ)チーム(#555T)のCBR954RRは2003年の参戦マシン。

CBR954RR(#555T)-02

「夢に向かってチャレンジすることの素晴らしさ」を子供たちに伝えることを目指し、
仮面ライダー555(東映、バンダイ)とホンダのコラボレーションで参戦が実現したマシンらしい。

ライダーは山口辰也と高橋裕紀。

トラブルにより、一時は最下位を走行したが、最終結果は10位で完走した。

次回へ続く。


にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 2019信州・黒部

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

刈谷のみそカツ丼  

前回の続き。
昨年7月中旬、信州、黒部へ行った話である。

【3日目】
宿のバイキング朝食を取った後、帰途についた。

駒ヶ岳SA201907

長野自動車道、中央自動車道を走り、0900時過ぎ、駒ヶ岳サービスエリアで小休憩。

恵那山トンネルを抜け、土岐ジャンクションで東海環状自動車道へ。
道が広く、交通量が少ない走りやすい道である。スピードを出しすぎてしまいそう。

鞍ヶ池パーキングエリアで小休憩し、伊勢湾岸自動車道へ。

刈谷PA201907

1115時頃、刈谷パーキングエリアで昼食。

刈谷のみそカツ丼2019

みそカツ丼780円を食べる。
この3日間、昼食は全て丼物(ソースかつ丼、信州サーモン丼、みそカツ丼)である。

名港トリトンを通り、木曽三川を越え、四日市ジャンクションで新名神高速道路へ。
1230時頃、鈴鹿パーキングエリアに到着した。

鈴鹿PA201907-01

次回へ続く。

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 2019信州・黒部

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

43分の19  

前回の続き。
昨年7月中旬、信州、黒部へ行った話である。

【2日目】
大王わさび農場を後にし、少し早いが安曇野市内の宿へ。

途中、スーパーに寄り、夕食、ビールなどを買う。

宿に着くとまず風呂に入り、ビール。
夕食は200円で買った冷やし中華である。

夕食後はビールを飲みながら読書。至福の時である。

持ってきた本は2冊。

ほぼ読み終えようとしていた

塩野七生 ローマ人の物語19 悪名高き皇帝たち3 新潮文庫 2005年



探検家、40歳の事情

角幡唯介 探検家、40歳の事情 文藝春秋 2016年


「ローマ人の物語19 悪名高き皇帝たち3」を読み進める。

ローマ人の物語19

この巻は4代皇帝クラウディウス(BC10~AD54、在位41~54)について書かれている。

50歳まで政治とは全く縁の無い歴史家だったクラウディウスは、3代皇帝カリグラの暗殺後、近衛兵によって擁立された。
きのこ料理に目が無かったらしく、最後は毒キノコで毒殺されたらしい。

「ローマ人の物語19」を読み終えた後、就寝した。

次回へ続く。

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 2019信州・黒部

thread: 読書メモ

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

大王のわさび  

前回の続き。
昨年7月中旬、信州、黒部へ行った話である。

【2日目】
道の駅「安曇野松川」を後にした後、再び県道306号線を南下。
1320時、次の目的地に到着した。

大王わさび農場2019-1

大王わさび農場である。

1917年(大正6)に開場した日本最大規模のわさび農園で、年間120万人が訪れる。

ここへ来たのは2回目。
前回は15年以上前かな?オートバイツーリングの際に寄った。

大王わさび農場2019-2

園内を散歩する。
観光客がやはり多い。

農場の名前の由来となった大王神社。

大王わさび農場2019-3

上皇夫妻は皇太子時代に訪問しているようだ。

大王わさび農場2019-5

清流に癒される。

大王わさび農場2019-6

大王わさび農場百年記念館(史料館)に立ち寄る。
「水と生きる」をテーマとし、水と農場の歴史についての展示がされていた。

園内には1時間ほどいた。
生わさびソフトクリーム360円を食べてから園外へ出た。

次回へ続く。

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村


category: 2019信州・黒部

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

雨引かなで  

前回の続き。
昨年7月中旬、黒部ダムへ行った話である。

【2日目】
道の駅「安曇野松川」で昼食をとった。

さて、この道の駅に気になるものが展示してあった。
後日、松川村ホームページで情報を調べた。

まずはこの石像。

りん太2019

鈴虫の「りん太」。

♀の「リンリン」とペアで、松川村のマスコットキャラクターになっている。
どうやら松川村は鈴虫で有名らしい。

もう一つは

雨引かなで2019

松川村職員イメージキャラクターの雨引(あまびき)かなで。

24歳、身長158cm、B型。
松川村役場職員で経済課商工観光係に所属している、という設定。

写真だけ撮って、さっさと信州サーモン丼を食い、再び県道306号線を南下。
1320時、次の目的地に到着した。

次回へ続く。

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村


にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村


category: 2019信州・黒部

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

松川の信州サーモン丼  

前回の続き。
昨年7月中旬、黒部ダムへ行った話である。

【2日目】

黒部ダム駅2019-1

1100時前、黒部ダム駅で1105時発扇沢行きバスに乗り込んだ。

黒部ダム駅2019-2

バスは定刻通り発車し、定刻より早く扇沢駅に到着。

扇沢駅2019-4

下界は朝と変わらず曇り空。

大町市街へ戻り、高瀬川沿いの県道306号線を南下。
視界が広い気持ちのいい道路である。

安曇野松川2019

1230時過ぎ、道の駅「安曇野松川」に寄り、昼食。

信州サーモン丼920円を食べる。

松川の信州サーモン丼2019

信州サーモンはもちろんだが、水菜、玉ねぎがシャキシャキとして美味い。
味噌汁は具沢山できくらげが入っていてこちらも美味かった。

次回へ続く。


にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 2019信州・黒部

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

171人  

前回の続き。
昨年7月中旬、黒部ダムへ行った話である。

【2日目】
黒部ダムの「レインボーテラス」で放水に架かる虹を見た後、隣接する新展望広場の特設会場へ。

黒部ダム2019-08

ここには黒部ダム建設の歴史などがパネルで説明されていたり、映画「黒部の太陽」のトンネルセットのレプリカが展示されていた。

黒部ダム2019-09

この後、ダム堰堤まで上がり、上を歩く。

黒部ダム2019-10

堤高186m。日本で一番高い。
提頂頂492m。日本のアーチ式ダムで一番長い。

黒部ダム2019-11

堰堤の上から放水を見る。

黒部ダム2019-12

怖い・・・やはり私は高所恐怖症なのか?昔、東京タワーを階段で平然と登ったことがある私が?

黒部ケーブルカーの黒部湖駅まで歩いて引き返す。
今度来るときはケーブルカーに乗ろうと思った。

黒部ダム2019-13

レストハウス近くまで戻り、殉職者慰霊碑へ。
建設工事で171人が殉職した。その数に複雑な思い、後に思考停止。

黒部ダム2019-14

レストハウスで木いちごソフトクリーム350円を食べながらダムを見てボーっとしていた。

黒部ダム2019-15

その後、お土産をどうしようかと悩み、結局買わずに黒部ダム駅へ。
扇沢行バスの発車待ちの列に並んだ。

次回へ続く。

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 2019信州・黒部

thread: 国内旅行記

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

放水に架かる虹  

前回の続き。
昨年7月中旬、黒部ダムへ行った話である。

【2日目】
0916時の定刻前に黒部ダム駅に到着した。

バスを下車し、黒部ダムへ向かう。
道は階段を上がる道と下る道の2方向がある。
「ブラタモリ」では景色が良い階段を上がる道の方を選んでいたので、私もそちらへ歩みを進めていった。

黒部ダム2019-01

5分後、

黒部ダム2019-02

展望台から見るダムは絶景だった。
放水に目を奪われる。

黒部ダム2019-03

天気は晴れ。予報は見事に外れた。

黒部ダム2019-04

ダムの放水を正面で見られる「放水観覧ステージ」へ下りていく。

黒部ダム2019-05

途中、巨大なコンクリートバケットと滑車。

黒部ダム2019-06

「放水観覧ステージ」でダムを一瞥、さらに下の放水を最も近くで見られるレインボーテラスへ。

黒部ダム2019-07

名前の通り、放水に架かる虹は私の下手な写真では表現できないほど美しかった。

次回へ続く。

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 2019信州・黒部

thread: お出かけ日記

janre: 日記

tb: 0   cm: 0

関電トンネル電気バス元年  

前回の続き。
昨年7月中旬、黒部ダムへ行った話である。

【2日目】
安曇野市の宿を何時に出たか忘れたが、立山黒部アルペンルートの長野県側の玄関口、扇沢には0830時頃到着した。
天気は曇り。

クルマは舗装されていない水たまりばかりの大町市営の無料駐車場に止めた。
そこから坂道を5分ほど歩き、扇沢駅に到着。

扇沢駅2019-1

黒部ダム駅への関電トンネル電気バス0900時発の乗車券、往復2570円を購入、乗車待ちの列に加わる。

扇沢駅2019-2

ダムへの交通手段は昨年までトロリーバスだった。
架線から電気を取って走るバスで、パンタグラフが付いていた。

今年からは「普通の」電気バスが運行している。
もう1年早く来ればトロリーバスに・・・と後悔してももう遅い。

扇沢駅2019-3

0855時から乗車開始。バス3台(だったかな?)に分かれて乗り込んでいく。
座席は満席。
私はフロントガラス越しに進行方向を見たいので、あえて立った。

関電トンネル2019-1

0900時定刻通り出発。

途中、青い光の場所があった。

関電トンネル2019-2

工事の難所、破砕帯を表している。
このたった80mの区間を7か月もの時間を費やし、見事に突破した。

関電トンネル2019-3

破砕帯を通過した後、扇沢行のバスと離合するため、待避場所でしばらく停止。

関電トンネル2019-4

0916時の定刻前に黒部ダム駅に到着した。

次回へ続く。

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村


にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 2019信州・黒部

thread: 国内旅行記

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop