FC2ブログ
つくぶすま68の備忘ログ ホーム »映画
カテゴリー「映画」の記事一覧

君たちと一緒に私は安田講堂に籠城し戦っていただろう  

前回の続き。
3月下旬、公開直後の映画「三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実」を観に行った話である。

「三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実」ポスター

平日の午前中とあって、観客は15人程度。
マスクを着用しているのは私も含めて半数くらいだった。
コロナ蔓延で映画館はいつまで開けられるのかとこの時思った。

映画が始まった。
どのような討論になるのだろう、緊迫、一触即発といった語が頭に浮かんだ。

「三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実」チラシ

が、実際は和やかな、とまでは言わないが、笑いが時々起きる討論会だった。
三島由紀夫のユーモアあふれる受け答えもさることながら、彼も全共闘の学生たちも討論相手の言動を全面否定しなかったのが大きいだろう。
思想は右と左の両極端に離れているが、目指すのは社会の変革という目的では一致していたからなのか。

三島由紀夫のある言葉が頭に残っている。
私の記憶によれば
「もし君たちが「天皇、天皇」と叫んでいたら、一緒に私は安田講堂に籠城し戦っていただろう。」

久々におもしろい映画を観たと思った。

ちなみに、この討論会から1年後、三島は陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地に籠城。自衛隊に決起を促す演説をした後、割腹自殺をした。

次回へ続く。

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



category: 映画

thread: お出かけ日記

janre: 日記

tb: 0   cm: 0

彼のバックパネル  

最近テレビはコロナウィルスのニュースばかりである。
その為、東出昌大が不倫発覚後、初めて公の場へ出た記者会見がだいぶん昔の話のように思える。

私は記者会見を興味深く見ていたのだが、興味を持ったのは彼の話ではなく、彼の背後のバックパネルに書かれた文字である。

「三島由紀夫」、「全共闘」の文字が映し出されていた。
彼は映画の公開イベントに出席しており、その後に記者会見があったのだ。

イベントがあった映画は「三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実」。
東出昌大はこの映画のナレーター、ナビゲーターとして声の出演をしている。

「三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実」看板

1969年5月13日、学生運動が激化していた東京大学駒場キャンパスの900番教室に三島由紀夫は身一つで乗りこんだ。
そこに集まった1000名を超える学生たちと討論をするためだ。
本作はTBSが保管していた貴重な討論会の映像である。

公開直後の平日、公休日だったので見に行った。

次回へ続く。

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村


category: 映画

thread: ちょっとおでかけ

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

塔で塔の映画を観る  

前回の続き。
10月連休の中日、新梅田シティに行った話である。

0940時前、梅田スカイビルに到着した。
高い。ここは一種の塔だと思うのだが、さて、塔と高層ビルの定義の違いは何だろうか?

梅田スカイビル201810-2

2棟が並んで建っているが、タワーイーストの方に入り、3階へ上がる。

ここが本日の目的地、映画館である。
映画「太陽の塔」を見るためにここへ来たのだ。

映画「太陽の塔」201810-1

10分並んで料金1800円を払う。
あべのハルカス美術館で開催されている「太陽の塔」展の半券を見せ、特典のシールをもらった。

映画「太陽の塔」201810-2

1010時上映開始。

この映画は太陽の塔の建設に関わった、もしくは影響を受けた人たちのインタビューをメインにしたドキュメント映画である。
アーティストやダンサー、宗教学や民族学の学者、僧侶等々。幅広い分野の人たちが太陽の塔や、岡本太郎の他の作品について語っていた。

1210時、終演。
パンフレットを800円で購入。

映画「太陽の塔」パンフレット201810

その後、JR大阪駅の方へ戻って行った。

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 映画

thread: 日帰りお出かけ

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

縄文にハマる人々  

先月、世間一般では3連休の初日1130時前、京都市営地下鉄・四条駅に降り立った。

地下街に直結しているビル、COCON(古今)烏丸の3階へ上がっていく。
映画「縄文にハマる人々」を見るためである。
以前から見たいと思っていた。

この日は京都での公開初日。1235時の上映回のチケットを1800円で購入。整理番号018。特典のB5サイズのクリアファイルをもらう。

縄文にハマる人々B5クリアファイル

上映まで時間があるので一旦ビルの外へ出る。

天気は晴れ。自宅を出たときは小雨だったが、回復した。陽射しが強い。

四条烏丸201809

烏丸通りを北上し、頭文字Dのファストフード店へ。
エビとサーモンのサンドウィッチとアイスコーヒーS(計650円)を注文し、昼食。

エビとサーモンのサンドウィッチとアイスコーヒーS201809

食後、たばこを2本吸い、映画館へ戻る。

上映10分前に入場。席は6割がた埋まる。

客は老若男女見事にばらばら。普段映画館では見かけない客層である年配の男性一人客も多く見受けられた。

映画の内容はタイトル通り。縄文時代にハマってしまった人たちを取材したドキュメント映画である。
縄文好きの人たちの強烈な個性や、土偶の造形の美しさが印象に残る。
監督自身も全国各地の遺跡や博物館を巡っているうちにいつしかと縄文時代へ惹かれていく。

1400時過ぎに強烈な眠気。2、3分寝てしまった。

1425時頃、上映終了。
寄り道せず、帰宅の途についた。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 映画

thread: お出かけ日記

janre: 日記

tb: 0   cm: 0

ひらがな3人組  

前回の続き。
2月末に京都・新京極へ映画を観に行った話である。

エスカレーターで6階のシアターへ行き、まずトイレへ。
出てくると入場が始まっていた。
観客は20人前後か。0845時に上映が始まった。

観に行っ映画は「ザ・スライドショーがやって来る!『レジェンド仲良し』の秘密」である。

「ザ・スライドショー」とはみうらじゅんが撮りためた膨大な数の写真から選りすぐりのバカネタをスライドで写し出し、
いとうせいこうがそれにツッコミを入れるお笑いライヴである。
1996年の初回から昨年で20周年を迎え、ついに映画となってしまった。

自分は「ザ・スライドショー」が大好きで過去にこのDVDを持っていたことがある。

この映画上映を知ったのはいつもお世話になっているテレビ雑誌

テレビブロス関西版 2017年2月25日号 東京ニュース通信社

である。

テレビブロス関西版2017年2月25日号表紙

この号の表紙は電気グルーヴ。
4年ぶりにニューアルバムをリリースした彼らの特集が巻頭カラーで8ページ載っていた。
ちなみに、それの対になっている巻尾(と呼ぶのかな?)カラー8ページは4年半ぶりにアルバムをリリースしたSKE48の特集であった。

「ザ・スライドショー」の記事が載っていたのは巻頭カラーの目次を挟んだ次のページである。
みうら、いとう、そしてこの映画の監督を務めたおぐらりゅうじの鼎談記事で4ページが割かれていた。
3人とも名前がひらがなばかり・・・
監督のおぐらはみうら、いとうに憧れてペンネームをひらがなにしたらしい。
そして氏はなんとテレビブロスの現役編集部員である。
プロデューサーから映画の構成をお願いしたいと打診されたのだという。
氏の経歴を見るとテレビ番組のADやCMプロダクションを経ていることから映画の仕事が入ったのだろうか?

テレビブロス関西版2017年2月25日号スライドショー

映画本編は95分。
過去のベスト版ではなく、「ザ・スライドショー」の制作ドキュメントや関係者へのインタビューが主であった。
たまに過去の「ザ・スライドショー」の映像が出てきて、その都度バカさ加減に爆笑してしまった。

1030時頃に上映終了。
映画館を出た後は河原町通りへ向かった。

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 映画

thread: 日本映画

janre: 映画

tb: 0   cm: 0

オアシスと地下世界  

前回の続き。
2月末に京都・新京極へ映画を観に行った話である。

0815時頃、映画館に到着した。
中へ入ろうとしたが、ふと1つの広告ポスターが目に留まった。

oasis fuji201702

「oasis FUJI ROCK FESTIVAL ’09」である。
3月4日からの期間限定上映らしいこの映画は英国のバンド、「オアシス」が2009年7月24日のフジロックフェスティバルで行なったライブ映像らしい。
この時が日本での最後のライブとなった。
是非観に行こうと思った(が、結局行かなかった)。

このオアシスだが、昨年年末にドキュメンタリー映画が公開されていた。
「オアシス スーパーソニック」である。公開初日に観に行った。

oasis supersonic201612

オアシスはノエルとリアムのギャラガー兄弟を中心に結成され1994年にデビュー。
アルバム全てがUKチャート1位を獲得、全世界でCDトータルセールス5000万枚以上を記録した。
2009年8月に解散。
映画はバンド結成から1996年の25万人を集めたネブワース・ライブまでの軌跡を描いたドキュメンタリーである。

冒頭はネブワースのライブ映像から始まった(と思う、うろ覚え)。
人、人、人の波。
その観客たちが合唱するさまはすごかった。
そこから一気に映画の世界に入り込み、2時間が全然苦にならなかった。

話は再び2月末に戻る。
映画館へ入ると長蛇の列が出来ていた。なんや、なんや?休日の朝早くからこんなに大勢の人が?

この日は「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち/第一章」ともう1つ何かの映画(興味ないので覚えていない)の公開初日に当たるらしく、映画グッズ目当ての観客が売店前に並んでいたみたいである。
趣味を持っている(業を抱えた)皆さんは大変ですねえ。

チケット1300円を購入し、一旦映画館の外へ出てコンビニへ。
温かいペットボトル入りの緑茶を買い、映画館へ戻る。
エスカレーターで6階のシアターへ。
途中の階でこの立て看板が。

trainspotting2 201702

なんと「トレインスポッティング」の続編が4月に公開されるらしい。なんとまあ。

「トレインスポッティング」(1996年公開・Rー15指定)はアルコールやドラッグにおぼれ、盗みを働き喧嘩に明け暮れる生活を送るイギリスの青年たちを描いた映画である。
ユアン・マクレガーの出世作となった。
内容はともかく、自分にとってモノクロ写真にオレンジ色を効果的に使ったデザインの映画ポスターが非常に印象に残っている。
そしてサントラの豪華メンバー。

イギー・ポップやブライアン・イーノ、ルーリードの大御所、ニュー・オーダーやプライマル・スクリーム、ブラー等々。
アンダーワールドの「ボーン・スリッピー」は大ヒットした。

6階に着き、トイレへ。
出てくると入場が始まっていた。

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 映画

thread: 洋楽

janre: 音楽

tb: 0   cm: 0

バカでマヌケで愛すべき奴ら  

ある平日の公休日、映画「劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス」を見に行った。

ただ、中年男性がムーミンを1人で見る、というのはどうにも気恥ずかしい、
と言うより見た目があまりよろしくないと思う。
知り合い等に見られたらどう言い訳すれば良いのか。
その後の社会生活に支障が生じそうである。
考えすぎ?

だから少し居住地や職場から離れた映画館へわざわざ行った。映画1本見るのに苦労する。

劇場版ムーミン上映表示

料金1800円を払い入場、鑑賞した。なんと観客は自分1人で貸し切り状態であった。
採算とれているのかなあ。

原題「MUUMIT RIVIERALLA」、英題「MOOMINS ON THE RIVIERA」の通り、
ムーミン一家が地中海沿岸の保養地、リビエラへバカンスに行く話である。

人生の師、スナフキンはムーミン谷で留守番のため、映画の冒頭と最後にしか出てこない。
キャラクターのデザインだが、思っていたよりも「ファンシーさ」が抑えられて落ち着いたものだったので、
すんなり映画の世界に入って行けた。

さてリビエラではムーミンたちはハチャメチャである。
金もないのにホテルのロイヤルスイートに泊まり、
周囲から貴族と勘違いされてムーミンパパは侯爵と友達になり、
フローレンはすっかり映画のヒロイン気取り。

その中でムーミンママはマイペースである。
ホテル暮らしは合わないと浜辺に置いていたムーミン谷から乗ってきたヨットボートを逆さまにし屋根にして、その下でキャンプ生活を始める。
息子のムーミンも一緒である。
しかしムーミンの場合はマイペースとは違い、半分鬱状態であった。

ミイは・・・・・

もちろん変わらない、普段通りである。変わるわけがない。アナーキー・イン・ザ・リビエラである。

まだ上映している館があるので詳細や結末は書かないが期待した以上に楽しめた。

ムーミン南の海で楽しいバカンス カタログ

見る前は買うつもりではなかったパンフレット850円を購入し、帰宅した。

翌日、別の映画を見に行った。
次回で記す。

それではヘイヘイ。


にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 映画

thread: 海外のアニメ

janre: アニメ・コミック

tb: 0   cm: 0

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop