FC2ブログ
つくぶすま68の備忘ログ ホーム »東京の古本まつり
カテゴリー「東京の古本まつり」の記事一覧

新橋の井川遥  

前回の続き。
10月下旬、「第46回東京モーターショー」(2019年10月24日~11月4日)へ行った話である。

1515時頃、青海展示棟を出た。

「ゆりかもめ」に乗り、新橋へ戻る。
車内は満員。非常に疲れる。

新橋の井川遥

1550時頃、新橋駅に到着。
井川遥の笑顔に気分が和む。

JRで御茶ノ水へ戻り、宿に立ち寄らずにそのまま神保町へ。

昨日の雨で中断した「第60回東京名物神田古本まつり」の青空掘り出し市の続きである。

神保町交差点2019

靖国通り沿いに並ぶワゴンを見ていくが、どうもいまいち気分が乗らない。
疲れていたのだろうか。
結局、何も買わずに終わってしまった。

1800時前、牛丼屋に入り牛カルビ定食(並、税込657円)を食べて、宿へ帰った。

翌日、0900時頃チェックアウトし、寄り道もせず帰宅の途についた。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



category: 東京の古本まつり

thread: お出かけ日記

janre: 日記

tb: 0   cm: 0

3番目の基地  

前回の続き。
「第29回神保町ブックフェスティバル」(2019年10月26、27日)へ行った話である。

神保町ブックフェスティバル201910‐06

すずらん通りに立ち並ぶ出版社の屋台の列から少し離れた所に地方出版社が集まった一画があった。

その中で北海道の出版社、亜璃西社(ありすしゃ)で、

高木知敬 南極あすか新聞1987 亜璃西社 2019年

を見つけた。

「南極あすか新聞」は南極の観測基地、「あすか基地」(現在閉鎖)で発行された手書き・コピーによる日刊新聞である。

南極あすか新聞1987

日本第3の南極観測基地、あすか基地は1985年(昭和60)3月に「あすか観測拠点」として開設された。
1987年(昭和62)に初の越冬観測を行なった8人の隊員たちの生活記録が「南極あすか新聞」で、計305号が発行。
この本はそれの復刻版である。

以前から欲しいと思っていたが、新刊で5500円と高いので購入を躊躇していた。
それが2500円で売られていたため即購入した。

1720時前、三省堂書店神保町本店の中を通って、すずらん通りから靖国通りへ移動。
今度は「第60回東京名物神田古本まつり」(2019年10月25日~11月4日)のワゴンを見ていく、

東京名物神田古本まつり201910-1

が、
途中で書泉グランデに立ち寄る。

書泉グランデは鉄道、アイドル、格闘技、乗り物、ミリタリー、アウトドア等のマニア度の高い本を豊富に揃えている新刊書店である。
特に6階はフロア全体が鉄道一色で、書籍はもちろん、グッズや部品なども売られている。
鉄道マニアではない私でも結構楽しめるので、神保町に来たら必ず寄っている。

鉄道、乗り物、アウトドアのコーナーをチェックし、1800時前に外へ出たら雨が降り出していた。
古本まつりのワゴンに次々とブルーシートが掛けられていく。

ブックハンティングをあきらめ、御茶ノ水駅近くの宿へ。
外食する気も無くなったので、途中コンビニに立ち寄り、夕食、ビール、つまみ類を買う。

宿へ戻ってまず風呂に入り、テレビをつけるとニュースでラグビーワールドカップ準決勝でニュージーランドがイングランドに敗れたと報じていた。

テレビを見ながら夕食を取り、ビールを飲み、本を読む気も失せていつの間にか就寝。

次回へ続く。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

category: 東京の古本まつり

thread: アウトドア

janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

3冊とも持っているけれども  

前回の続き。
「第29回神保町ブックフェスティバル」(2019年10月26、27日)へ行った話である。

神保町ブックフェスティバル201910‐05

彩流社では

H.G.Oブレーク編 ソロー日記 冬 彩流社 2018年

を見つけた。

ソロー日記 冬

「春」、「夏」、「秋」の3冊は既に持っている。新刊で購入した。

今回、最終巻の「冬」を見つけ、即購入。2200円だった。

出版社の方に前3作も勧められたのだが、「既に3作とも持っています。」と言うと大変感謝された。
3作とも持っているが、まだ全然読んでいない。積読(つんどく)である。
少し後ろめたさを感じた。

神保町ブックフェスティバル201910‐04

晶文社でだっただろうか。
「岡崎先生(岡崎さん、だったっけ?)こんにちわ。」と出版社の方が私の隣にいた男性に声をかけた。
ふと横を見ると古本関係の本を多数出している岡崎武志氏であった。
やはり来てはったか、と思った。

次回へ続く。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

category: 東京の古本まつり

thread: この本買いました

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

2冊とも読んだけれども  

前回の続き。
10月下旬、東京行きの話である。

1500時前に御茶ノ水のホテルにチェックインし、神保町へ歩いていく。

「第29回神保町ブックフェスティバル」(2019年10月26、27日)、「第60回東京名物神田古本まつり」(2019年10月25日~11月4日)を訪れるのがこの旅の目的の1つだったからだ。

神保町ブックフェスティバル201910‐01

まずは「ブックフェスティバル」の方へ。
すずらん通りに屋台が立ち並び、多数の出版社が新刊本、在庫整理本を廉価で販売するイベントである。
来るのは3年ぶり。駿河台下交差点側から見ていく。

神保町ブックフェスティバル201910‐02

やはりすごい人出。
ワゴンに入っている本を見るのに一苦労する。

神保町ブックフェスティバル201910‐03

信濃毎日新聞社で

北尾トロ 晴れた日は鴨を撃ちに 信濃毎日新聞社 2018年

を見つけた。

ライターの北尾トロが信州に移住して猟師を始めたのだが、自身の狩猟生活を記した本の3作目である。

晴れた日は鴨を撃ちに

前2作はすでに読んでいる。続きを読みたいと思い、即購入。850円だった。

出版社の方に前2作も勧められたのだが、「既に2作とも読んでいます。」と言うと大変感謝された。
2作とも読んでいるが、現在手元には無い。新古書店に売ったからである。
少し後ろめたさを感じた。

次回へ続く。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村


category: 東京の古本まつり

thread: アウトドア

janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

2つの聖堂  

前回の続き。
10月下旬の話である。

のぞみ154号に乗り、東京駅に定刻1330時に到着した。
中央線に乗り換え、2駅目の御茶ノ水で下車。

まずは昼食。
駅から少し歩くが、煙草が吸えるファストフード店へ1350時過ぎに入る。
シーフードとアボカドのサンドイッチ、アイスコーヒーを注文。
30分弱店内にいた。

荷物を予約していた近くのホテルに預けて身軽になりたいが、チェックイン時刻の1500時までまだ間がある。
この機会に訪れたことがないところへ行ってみよう。
まずは湯島聖堂へ。

湯島聖堂201910

ここは1690年(元禄3)、江戸幕府5代将軍徳川綱吉によって建てられた孔子廟であり、後に幕府直轄の学問所となった。
ほとんどの訪問客が欧米や中国系の外国人。

次に神田川をまたぐ聖橋を渡ってニコライ堂(東京復活大聖堂教会)へ。

ニコライ堂201910

写真を撮っていると鐘が鳴りだした。1430時頃である。
結構長い時間鳴っていた。周りにいた通行人たちも鐘楼を見上げて聞き入っていた。

鐘が鳴り終わると予約していたホテルへ行き、チェックイン。
荷物を置いて、空のショルダーバッグを掛け、神保町へ歩いていく。

「第29回神保町ブックフェスティバル」(2019年10月26、27日)、

「第60回東京名物神田古本まつり」(2019年10月25日~11月4日)を訪れるのがこの旅の目的の1つだったからだ。

次回へ続く。

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 東京の古本まつり

thread: 神社・仏閣巡り

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

2年ぶりの富士山  

富士山を見たのは2年ぶりである。

前回見たのは2017年7月。
オートバイで富士周遊ツーリングに行った時である。
しかし天候に恵まれず、山頂まで見えたのはツーリング2日目の朝の一瞬だけだった。

今回は天気に恵まれた。ボーっと車窓の外の富士山を眺める。山腹にたなびく雲もなんとなく良い。

富士山201910-1

「車窓」と書いたが、実は東海道新幹線のぞみ154号に乗っている。
京都駅を定刻1112時に発車した。向かう先は東京。

富士山201910-2

席に着くと読書を始めた。

塩野七生 ローマ人の物語24 賢帝の世紀(上) 2006年 2刷

である。
この巻では五賢帝の一人、トライアヌス(53~117、在位98~117)について書かれている。

しばらくして眠気を催してきた。前夜寝るのが遅かったためだろう。読書にあまり集中できない。
名古屋を出た後にちょっと睡眠。
目覚めたのは浜名湖直前。
その後は読書しつつ、車窓を眺めていた。

東京駅には定刻1330時に到着。

10月下旬の話である。

次回へ続く。

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 東京の古本まつり

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

「ひよこ」は頭から食べますか、それとも尻尾から食べますか  

前回の続き。
・「第57回東京名物・神田古本まつり」(2016年10月28日(金)~11月6日(日))
・「 第26回 神保町ブックフェスティバル」(2016年10月29日(土)、30日(日))
へ行ってきた話である。

神保町の宿に泊まり、翌朝0630時過ぎに眼が覚めた。
何故だろう?
普段の出勤日であれば起床は非常に苦痛であるのに、この日はすっきりと起きられたのは?

朝食は前日コンビニで買ってきたパン。ホットコーヒーと共に流し込んだ。

朝の神保町201610-1

0800時前にチェックアウト。
2日目も神保町でブックハンティングをするかどうか迷ったが、関西に戻ることにした。

朝の神保町201610-2

この時間の神保町は人影もまばら。昼間の殺人的な人出が嘘のようである。
明大通りを北上、JR御茶ノ水駅へ。

朝の明大通り201610

御茶ノ水駅から東京駅へ。
お土産に「ひよこ」を買い、17番線ホームへ。

東京駅17番ホームにて201610-1

0840時発、新大阪行きの「のぞみ211号」に乗り込んだ。

東京駅17番ホームにて201610-2

車内では往路と同じく、

町田康 バイ貝 双葉文庫 2016年

を読んでいた。
彼の小説を読むのは切ない。
この世の真実や自分とよく似ている主人公(ダメ人間)が描かれている。

京都駅には1058時に到着。
地下鉄を乗り継ぎ、三条京阪駅へ。

ここで京阪電車に乗り継ぎ、出町柳駅で下車。
百万遍の知恩寺に向かって歩いて行く。

百万遍の知恩寺?
そうなのだ。
知恩寺では「第40回秋の古本まつり 古本供養と青空古本市」(10月29日~11月3日)が開催されていたからである。

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 東京の古本まつり

thread: 旅日記

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

とうとう降ってきた  

前回の続き。
・「第57回東京名物・神田古本まつり」(2016年10月28日(金)~11月6日(日))
・「 第26回 神保町ブックフェスティバル」(2016年10月29日(土)、30日(日))
へ行ってきた話である。

宿にチェックイン後、再び出かける。
小雨が降ってきた。

神田カレーグランプリチャンピオンズフェスティバル2016看板
1630時頃、「神田カレーグランプリ チャンピオンズフェスティバル2016」の会場へ。
ここでちょっと早めの夕食。
迷った末に2015年グランプリ優勝「上等カレー」のトンカツカレー700円を選んで食べる。

神田カレーグランプリチャンピオンズフェスティバル2016会場-2

先ほど「神田プロレス」が闘っていたリング上ではギターとピアノの男女デュオの演奏が行なわれていた。
小雨が降ったり止んだりしているにも関わらず演奏を続けていた。
機材の故障等も懸念されるのに、「やるだけやったれ」みないな感じで。
本人たちもそれを曲間の話のネタにしながら楽しそうに演奏していた。

神田カレーグランプリチャンピオンズフェスティバル2016会場演奏

このあと古本まつり「青空掘り出し市」の会場に戻るが、相変わらず小雨が降ったり止んだり。
雨を避けるため、三省堂書店4階の「古書館」へ立ち寄った。
収穫は無し。
それ以外の新刊の本棚、階も見て回り、1800時頃、外へ。
しかし雨は降り続けていて、「青空古本市」の本棚には透明ビニールのシート、ブルーシートが掛けられていた。
そのためコンビニでビールや朝食のパン等を買った後、宿に戻った。

黄昏時のブックフェス会場201610

テレビでは広島と日本ハムの日本シリーズ第7戦、最終戦が放送されていた。
同点で迎えた8回表、日本ハム・レアードの満塁ホームランで試合は決着、日本ハムが10年ぶりの日本一に輝いた。

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 東京の古本まつり

thread: カレー

janre: グルメ

tb: 0   cm: 0

目付きと態度が非常に悪い書店員  

前回の続き。
・「第57回東京名物・神田古本まつり」(2016年10月28日(金)~11月6日(日))
・「 第26回 神保町ブックフェスティバル」(2016年10月29日(土)、30日(日))
へ行ってきた話である。

神保町交差点201610-3

古本まつり「青空掘り出し市」の人混みを避けるため、「書泉グランデ」へ逃げ込んだ。
階段で6階へ向かう。
途中、非常に目付きと態度の悪い書店員に出会った。もちろん「いらっしゃいませ。」と言わない。
むしろ睨み付けてくる。
非常に失礼な奴である。
あまりにも腹が立ったのでこいつの姿を写真に撮って載せておく。

書店員ゴルゴ13

書店員より暗殺者になったほうがええんとちゃうか。

ここの6階は鉄道専門フロアになっていて、書籍はもちろん、色々なグッズが売られている。
ここも神保町に来る度に訪れる場所となっている。

自分は鉄道マニアではない。電車の形式とか全然わからない。
しかし「鉄道愛好者」ではある。
普段電車の中では読書しているか、寝ているかのどちらかで単なる交通手段に過ぎない。
しかし、たまにふと窓の外の景色を眺めたりしてボーッとしている時間は非常に好きである。
そして無人駅や小さな駅にも惹かれてオートバイツーリングで訪れている。

そのような自分がここで買ったのは滋賀県・信楽高原鐵道のキーホルダー。
500円であった。

信楽高原鐵道キーホルダー201610-2

関西在住の自分が滋賀県の鉄道グッズを東京で買うのもどうかと思う。
しかし自分は信楽高原鐵道にいつかは乗ってみたいなあと思っており、丁度この店でキーホルダーを見かけたので買ってしまった。

信楽高原鐵道キーホルダー201610-1

この後、地下鉄神保町駅のコインロッカーに預けていたデイパックを取り出して背負い、予約していた宿に早めにチェックイン。

部屋からブックフェスティバル会場を見下ろす201610

宿の部屋からはブックフェスティバルの会場が見下ろせた。

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 東京の古本まつり

thread: 鉄道

janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

古書とカレーとプロレス  

前回の続き。
・「第57回東京名物・神田古本まつり」(2016年10月28日(金)~11月6日(日))
・「 第26回 神保町ブックフェスティバル」(2016年10月29日(土)、30日(日))
へ行ってきた話である。

駿河台下交差点から明大通りを歩いていくが、すぐに通りから右折すると東京古書会館が見えた。
ここの地下ホールで「特選古書即売展」(10月29日、30日)が開催されているからである。

東京古書会館201610

1400時前に到着。
早速地下へ下りていき会場入り口でショルダーバッグを預けて中へ。
棚を見ていくが、素人が手を出せない高価な本や「黒い」本がほとんど。
1冊だけ自分の趣味と懐事情が合う本があったが、迷った末に結局買わず、20分ほどで会場を出た。

次に向かったのは小川広場、1430時前に到着。
ここで「神田カレーグランプリ チャンピオンズフェスティバル2016」が開催されていた。
「カレーグランプリ」とは予選を勝ち抜いた神田のカレー店20店がグランプリを目指して戦うイベントである。
11月5日、6日の「グランプリ決定戦」に先立ち、これまでに受賞した5店舗が小川広場に集結したのが今回訪れた「チャンピオンズフェスティバル」である。

神田カレーグランプリチャンピオンズフェスティバル2016会場-1

神田には数多くのカレー店が集まっている。
一説によると、カレーライスは本を片手に持ちながら食事が出来る。だから本の街である神田で人気を博しカレー店が集まったという。
本当かなあ。

神田カレーグランプリチャンピオンズフェスティバル2016プロレス

会場内にはリングが設けられ、地元プロレス団体である「神田プロレス」が試合を行なっていた。
しばらく試合を見ていてカレーを食べようと思ったが、昼食を取ってから時間が経っておらず、夕食にはまだ早い。

古本まつり「青空掘り出し市」の会場へ戻るが、相変わらず凄まじい人出。
一軒の古書店内へ逃げ込んだ。

駿河台下201610-2

この古書店は神保町へ来る度に必ず寄っている。
この店のテラス状になった2階には自分の大好物である探検、登山関係の本が多くあるからである。
昨年春にも訪れている。

この店で買ったのは

国立極地研究所 編 南極・北極の百科事典 丸善 2004年 5000円

である。

南極・北極の百科事典

ブックフェスティバルでは出版社が7割引で売っていた。それより安い。
思い切って購入した。
ネットで確認するとこれより安い値段で売っているところがあるが、やっぱり古本は少々高くても自分の目で見て、手に取って買いたい。

次に向かったのは「書泉グランデ」。人混みを避けるためである。
「青空掘り出し市」へはホテルにチェックイン後、来ようと思う。
今の人出の状態では本がゆっくり見られないからである。

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 東京の古本まつり

thread: 古本

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop