FC2ブログ
つくぶすま68の備忘ログ ホーム »古本祭り・即売会
カテゴリー「古本祭り・即売会」の記事一覧

四天王寺の池の水をぜんぶ抜きたい  

前回の続き。
4月下旬のある公休日、四天王寺へ行った話である。

0945時頃、大阪メトロ四天王寺前夕陽ヶ丘駅に到着、下車した。
四天王寺へ向かって歩いていく。

途中の自販機で80円の缶コーヒー、サントリーの「ボス ブラック」を買い、飲まずにショルダーバッグに収める。
寺に着いてから飲もう。

四天王寺201904-01

境内へは中門から入った。

四天王寺201904-02

まずは六時礼讃堂前の池へ。

四天王寺201904-03

亀を眺めながら先ほど買った缶コーヒーを飲む。

テレビ東京系の番組「緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦」の影響で「ここの亀は全部在来種だろうか」と考えながら。

四天王寺201904-04


外来種のアカミミガメっぽいのがいたように思う。

缶コーヒーを飲み終え、本日の目的の場所へ歩いていく。

四天王寺201904-05

「第17回 四天王寺 春の大古本祭り」(2019年4月26日~5月5日)の会場へ。

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

category: 大阪の古本まつり

thread: 日帰りお出かけ

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

インパクトドライバーの音  


前回の続き。
2月上旬、京都古書会館へ行った話である。

ここへ来るのは「京都まちなか古本市」(2017年9月30日~10月1日)以来だ。

この日は「第5回古書会館de古本まつり」(2019年2月8日~10日)。
前回は手ぶらで帰っている。今回はどうだろうか。

京都古書会館201902-2

無駄に長い間歩いて体がかなり冷えてしまった。
3階の会場へ向かった。

客の入りはそこそこ。
会館内か隣りの建物で工事をしているのだろうか、インパクトドライバーの音がたまにしている。
早速棚を見ていく。

しかし、工事の音がとても近くに聞こえる。壁のすぐ向こうで行なっているのか。
いや違った。会場内からだった。

隣りの列の棚に移るとその発生源が「いた」。

鼻を赤くした男性が鼻をすする音だったのだ。
鼻をすするのは寒さの為か、それとも風邪?
彼はマスクをしておらず、もし風邪であればうつされる可能性がある。彼近くの棚は後で見ることにする。
それにしてもすごい音だったなあ。

たまに人とのすれ違いに気を使ったが、スムーズに棚を見ていくことができた。

会場に30分以上いたが、結局収穫が無く退館、烏丸通へ向かった。

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村



category: 京都の古本まつり

thread: お出かけ日記

janre: 日記

tb: 0   cm: 0

高倉通?  

前回の続き。
2月上旬の話である。

1010時過ぎ 京都市営地下鉄・烏丸御池駅に到着した。

地上への出口を間違え、方向感覚がおかしくなったのだろう。

御池通201902

本来は御池通を東へ行くつもりだったのだが、西へ行ってしまった。
5分ほどでようやく気づき、東へ戻る。

その後、高倉通と思った通りを北上。目的地は高倉通沿いにある。

間之町通201902

途中、自動車や客が行列を作っていた菓子店(だったと思う、うろ覚え)やベスパやLML、トモスが店頭に並んでいた海外スクーター専門店を横目に見て歩いていく。
以前この通りを歩いた時、こんな店あったっけ?

ベスパとか201902

目的地が見つからないまま、御所の南を通る丸太町通まで出てしまった。
そこで1本西の間之町(あいのまち)通を歩いていたことを標識で気付いた。
おかしいなあ。高倉通の標識を確認して歩いていたはずなのに・・・

本当の高倉通へ戻り、南下。
結局、烏丸御池駅から40分弱歩いて目的地に到着した。

京都古書会館201902-1

高倉夷川上ルにある京都古書会館である。

次回へ続く。
ヘイヘイ。


にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 京都の古本まつり

thread: 日帰りお出かけ

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

四条河原町の古本市  

前回の続き。
1月の3連休、2日目の話である。

1010時過ぎ、京都市営地下鉄 京都市役所前駅に到着した。
地上に出て河原町通りを南下する。

1020時過ぎ、四条河原町交差点に。

京都マルイ新春古本市2019-1

四条通りを挟んだ京都マルイの前にワゴンが並んでいる。
 
これが本日の目的、「京都マルイ新春古本市」(2019年1月11日~14日)である。

京都マルイ新春古本市2019-2

京都の古本屋7店、その他関西の古本屋4店、計11店が参加したこの古本市は昨年の夏に続いて2回目の開催である。
毎年の恒例行事にしてほしいなあ。

1030時の開場前だったが、ワゴンを見ていった。

15~20分ほどで全て見終え、購入したのは

馬場あき子 世捨て奇譚 発心往生論 角川選書 1979年 540円

世捨て奇譚 発心往生論 角川選書

この本は以前持っていた。しかしあまりにもボロボロだった為、途中で読む気をそがれ、捨ててしまった。
今回、たまたま綺麗な本を見つけたので買い直した次第である。

購入後、京都マルイの中へ入っていった。

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村


にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

category: 京都の古本まつり

thread: 日帰りお出かけ

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

まだ売れ残っていたのか  

前回の続き。
年末年始休暇初日の話である。

0930時頃、JR大阪駅に到着した。

地下街をしばらく歩き、ファストフード店で390円のモーニングセットを食べる。
この店には他の系列店ではある喫煙席がなく、タバコが吸えなかった。

食後、地下街を再び歩き、阪神百貨店梅田本店へ。
エスカレーターで階を上がり、1010時頃、8階催場に到着した。

阪神歳末古書ノ市201812-2

阪神歳末古書ノ市(2018年12月26日~28日)が開催されていたので、やって来た次第である。

12店舗の古書店が出店。毎回収穫がないこの古本市だが、今回はどうだろうか。

早速見ていった。

阪神歳末古書ノ市201812-1

植村直己の大判写真集2500円にはかなり心惹かれたが、諦める。大きすぎたからだ。

三本和彦「世界最長ラリーに挑戦して」(二玄社、1972年)がまだ売れ残っていた。

世界最長ラリーに挑戦して表

2年程前から四天王寺の古本まつり等で度々見かけていた本である。
やはり16000円という値段では誰も手が出ないのだろう。
(俺は別の古本まつりで別の店にて8500円で購入済

30分弱会場にいて結局収穫は無し。
さてこのまま帰るのは気が進まない。

そこですぐ隣で開催されていた別の催し物の方へ行ってみた。

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村


にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

category: 大阪の古本まつり

thread: ちょっとおでかけ

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

亀たちを想う  

前回の続き。
映画「太陽の塔」を見に行った話である。

映画を見終わった後、JR大阪駅の方へ戻って行った。

大阪メトロ谷町線・東梅田駅から地下鉄へ乗車。
一駅目の南森町駅で1300時前、下車した。

地上に上がり、天神橋筋商店街へ。
牛丼屋でねぎ玉牛丼並盛り(みそ汁、サラダ付き)630円を食べる。
応対した店員は多分名札からベトナム人だと思う。日本語は外国人だと気づかないほど上手だった。

第21回 天神さんの古本まつり210810-1

食後、天満天神繁昌亭の前を通って1320時頃、大阪天満宮へ。

「第21回 天神さんの古本まつり」(2018年10月5日~9日)である。

第21回 天神さんの古本まつり210810-2

一方、同時期に四天王寺で開催された「第18回 四天王寺 秋の大古本祭り」(2108年10月5日~10日)へは行くのを諦めた。
公休日の関係でこの日しか休みが取れず、映画「太陽の塔」を見たために時間が取れなかったからだ。
四天王寺の亀たちは元気にしているだろうか。

近年、自分にとって掘り出し物が少なく、手ぶらで帰ることも多い「天神さんの古本まつり」だが、
今回はなんとしても何か買って帰りたい。

第21回 天神さんの古本まつり210810-3

たばこを一服してから見ていった。

会場に1時間ほどいて買ったのは2冊。

平凡社東洋文庫編集部 編 東洋文庫ガイドブック 平凡社 2002年2刷 200円

東洋文庫ガイドブック

ジェームズ・ハミルトン=パターソン 7/10 セブン テンス 海の自然誌 工作舎 1995年 200円

7/10 セブン テンス 海の自然誌

会場を見終わった後、100円の缶コーヒー「サントリー ボス ブラック」を自販機で購入し、たばこを一服。
帰宅の途についた。

ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村


にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

category: 大阪の古本まつり

thread: ちょっとおでかけ

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

アニエスベーのタラ号  

五山送り火の当日1000時過ぎ、京都・御池通の地下駐車場に車を駐めた。
御池通の本能寺横から地上に出る。天気は小雨(だったと思う)。

ん?工事の遮音壁に幕が張られていた。

本能寺ホテル201808

本物の「本能寺ホテル」が10月にオープンするらしい。
しかしエレベーターはタイムスリップするのではなく、ボタンを押した階に着くのだろうな。

寺町通を南下、三条通経由で新京極通へ。
途中、ファストフード店でアイスコーヒーS(220円)を飲み、タバコを一服。
その後、新京極通を南下し、蛸薬師通を東へ。交差する河原町通を渡って南下。

四条河原町の交差点を渡ると、そこは本日の目的地、京都マルイである。

京都マルイ 夏の古本市201808-1

「京都マルイ 夏の古本市」(2018年8月16日~8月19日)がこの日から開催されていた。

8店舗が参加。屋外ではあるが屋根のある場所なので、下鴨の古本まつりとは違って雨には濡れないだろう。

さっそくワゴン、棚を見ていく。

最初の店舗で

タラ号 新たな探検 出版社名、出版年記載無し 1620円 

を見つけて即キープ。

タラ号 新たな探検

タラ号はフランスの非営利財団「タラ財団」(創設者はファッションデザイナーのアニエスベー)のスクーナー船である。
過酷な環境にも耐えられるよう設計されていて、2003年から環境調査と保護活動のため、世界中を航海している。

タラ号 新たな探検-2

NHK総合テレビでタラ号の特集が2回ほど放映されているので、知っている方もいるだろう。

オレンジ色が鮮やかなこの本は出版社、出版年の記載が無く詳細はわからないが、過去に行なわれた展覧会、イベントの図録かもしれない。

会場滞在約15分。
買ったのは「タラ号」1冊のみ。

京都マルイ 夏の古本市201808-2

その後、近くの大型新古書店へ。
しかし収穫は無く、帰途についた。

ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

category: 京都の古本まつり

thread: ちょっとおでかけ

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

トニー谷がお出迎え  

前回の続き。
8月の盆休み、「第31回 下鴨納涼古本まつり(2018年8月11日~16日)」へ行ってきた話である。

1000時前に会場の下鴨神社に到着。

下鴨納涼古本まつり201808-2

末社の賀茂斎院御歴代斎王神霊社と雑太社にお参りした後、
会場本部でうちわをもらい、まずは西の列を南から見ていく。

各店のテントに掲げられている看板を見ていくだけでも面白い。

海月文庫201808

紫陽書院201808

栞書房201808

そして毎回恒例の萩書房のトニー谷。

萩書房201808-1

萩書房の看板は趣向が凝らされている。

萩書房201808-2

萩書房201808-3

1130時過ぎの小雨がパラッと降ったが、すぐに止んだ。

買ったのは1冊のみ。

板橋守邦 北の捕鯨記 道新新書 1989年 500円

北の捕鯨記 道新新書

会場を後にして、摂社の河合神社へ行く。

方丈の小屋201808

復元された鴨長明の方丈の小屋を眺め、1230時境内を後にした。

何か飲み物を買おうと思い自販機へ。
そこで目についた「京都限定コカ・コーラ」(160円)を飲む。

京都限定コカコーラ201808

コカ・コーラを飲んだのは何年ぶりだろうか?

車に乗り込み、出口へ。
料金を5000円札で払おうとしたが、駐車場の精算機が1000円札しか使えず、引き返した。
売店で境内マップが描かれたクリアファイル400円を購入し、5000円札を崩した。

帰途、牛丼屋でネギたま牛めし並盛り(みそ汁付)430円を食べ、帰宅した。

ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

category: 京都の古本まつり

thread: お出かけ日記

janre: 日記

tb: 0   cm: 0

斎王の社、ラグビーの神様  

前回の続き。
8月の盆休み、京都・下鴨神社へ行ってきた話である。

1000時前、葵祭の時に流鏑馬神事が行なわれる馬場へ。
両脇にはテントがずらりと並んでいた。

下鴨納涼古本まつり201808-1

これが本日の目的。
第31回 下鴨納涼古本まつり(2018年8月11日~16日)である。

下見がてら北から南へ馬場を歩く。
途中、再興された末社があった。

まずは賀茂斎院御歴代斎王神霊社。

賀茂斎院御歴代斎王神霊社201808

約60年ぶりの、ではなく応仁の乱以来である。

葵祭の歴代35人の斎王を祀っている神霊社の社殿復興は下鴨神社の式年遷宮の一環である。
応仁の乱で焼けて再興されたが、糺の森に移転し別の神と合祀(ごうし)されていた。
1959年に当時の遷宮事業で撤去されたが、戦後で経済事情が厳しく、再興されていなかった。
今年4月に再興

そして雑太社(さわたしゃ)。

雑太社201808-1

「ラグビーの神様」である。

関西ラグビーはここ雑太社から始まった。
1910年、旧制第三高等学校(現京都大)の学生が慶応義塾の学生に手ほどきを受け、関西で初めてラグビーに触れたのがこの地である。

雑太社201808-3

下鴨神社といえば蹴鞠が有名だが、雑太社にまつられている神魂命(かんたまのみこと)は蹴鞠の神様の先祖に当たる。
蹴鞠とラグビー。その関係で「ラグビーの神様」としても祀られることになったのだろうか。

雑太社201808-2

ラグビーボール型の絵馬が掛けられていた。

雑太社は朽ちて昭和20年代に取り壊されると、神魂命は一旦、境内の別の社に合祀(ごうし)された。

資金難などでなかなか雑太社の再建がかなわなかった。
しかし昨年、2019年ラグビーW杯日本大会の組み合わせ抽選会が京都で開催されるのに伴い、34度目の式年遷宮の一環として再興の運びとなった。
抽選会の前に仮の宮が建ち、11月に正規の社が再建された。

さて、古本まつりの話に戻ろうと思うが、それは次回へ。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村


にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

category: 京都の古本まつり

thread: 日帰りお出かけ

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

ハスラーTS50で  

前回の続き。
「さんちか古書大即売会」(2018年8月2日~7日)へ行ってきた話である。

さんちか古書大即売会201808-2

会場には1時間ほどいた。

購入したのは

賀曽利隆 50ccバイク日本一周2万キロ 日本交通公社 1991年2刷 800円

1冊のみである。
美本だったので見つけ次第、即キープした。

50ccバイク日本一周2万キロ

1989年8月、スズキ・ハスラーTS50に乗って東京・日本橋を出発、北上。反時計回りで同年11月、日本一周を達成。
自分の行った土地も数多く書かれており、キープした時に中をパラパラと見ただけでも楽しめた。

1100時過ぎ、会場を後にして地上へ出る。

頭文字がDのファストフード店でサンドウィッチとアイスコーヒー(650円)の昼食を取る。
今では数少なくなったタバコが吸える店である。
サーモンとエビが旨かった。ここのサンドウィッチは肉よりシーフードの方が好みである。

食後、タバコを一服し、近くの大型新古書店へ。 
20~30分ほど店内にいたが収穫はなし。

その後1230時過ぎの新快速で帰宅の途についた。
電車の中では「50ccバイク日本一周2万キロ」を読んでいた。

ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

category: 兵庫の古本まつり

thread: 国内旅行記

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop