つくぶすま68の備忘ログ ホーム »本を買う
カテゴリー「本を買う」の記事一覧

桜と美ら海  

前回の続き。
「第12回サンボーホール ひょうご大古本市」(2017年4月7日~9日)へ行ってきた話である。

1200時前に会場を出て三ノ宮駅の方へ戻る。
通りかかった公園の桜が満開だった。例年ならすでに散っているのだが、やはり今年は開花時期が遅いのだろう。

小野八幡神社横桜201704

ファストフード店で昼食をとり、センター街を歩く。

ここの路上で「沖縄GO5GO5! ハイサイフェア in KOBE三宮」というイベントが行なわれていた。

沖縄GO5GO5! ハイサイフェア in KOBE三宮

神戸開港150年・沖縄航路開設130年・ソラシドエア神戸空港就航5年を記念してのことらしい。
各ブースでは神戸や沖縄の観光PRが行なわれていたり、物産が売られていたりした。

その中で一際人だかりがしているブースがあった。
何だろうと思い寄ってみると、景品を通行人に配っていた。
どうりで人だかりのほとんどがおばちゃんだった訳だ。
そのおばちゃん達に混じっておっさんの自分も景品をもらった。
もらったが、そのままブースを素通りしてしまった。
帰宅後に中身を確認すると沖縄美ら海水族館のボールペン、絵はがきが入ったクリアファイル、水族館のある本部町の観光パンフレットが入っていた。
多分、沖縄美ら海水族館か本部町のブースだったのだろう。

本部町、美ら海パンフレット

センター街を5分ほど歩いて大型新古書店へ。
店内に1時間弱いて買ったのは

高野秀行 移民の宴 講談社 2012年 510円

である。

移民の宴

その後JR三ノ宮駅へ戻って電車に乗り、大阪・京橋へ向った。

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

category: 古本を買う

thread: 神戸

janre: 地域情報

tb: 0   cm: 0

「嫌なことで死なない」という一文に共感  

前回の続き。
2月末に京都・新京極へ映画「ザ・スライドショーがやって来る!『レジェンド仲良し』の秘密」を観に行った時の話である。

1030時頃に上映終了。
映画館を出た後は河原町通りへ向かった。

四条河原町近くの大型新古書店へ寄ろうと思ったが1100時の開店には少し間がある。
ちょっと早いが昼食。牛丼屋でたっぷりネギたま牛丼並盛(味噌汁付き)400円を食べる。

食後、新古書店へ。
購入したのは以下の3冊。

①田邊優貴子 すてきな地球の果て ポプラ社 2013年 960円

すてきな地球の果て

②大原扁理 年収90万円で東京ハッピーライフ 太田出版 2016年 1060円

③志崎大策 富士山測候所物語 成山堂 2002年 760円

富士山測候所物語

クーポン10%オフ ポイント2ポイント使用

計 2500円


②は高校卒業後、3年間の引きこもり、海外放浪を経て現在隠居6年目の著者が日々の隠居生活の様子やノウハウを著わした本である。
著書には「20代で隠居 週休5日の快適生活」がある。著者は1985年生まれ、今年32歳になる。

年収90万円で東京ハッピーライフ

隠居生活で最も自分が興味があったのは食生活。野草採取の項はおもろく読めた。
やはり隠居生活には採集スキルが必要なのかな。
著者経歴には「最近、木食行(木の実だけを食べて暮らす修行)に憧れ」ていると書かれていた。
是非挑戦して本を出してほしい。出たら新刊で買います。

店を出て河原町通りを北上。丸善京都本店へ向った。

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 古本を買う

thread: この本買いました

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

No Jomon,No Life  

同じ日に新刊書店、古書店に立ち寄り、本を買うことは自分にとって日常茶飯事である。
例えば先月下旬のある日に買った本。

まずは新刊

①テレビブロス関西版 2017年1月28日号 東京ニュース通信社

テレビブロス関西版2017年1月28日号

②時空旅人別冊 今こそ知りたいアイヌ 三栄書房 2017年

③小屋入門 地球丸 2017年

④武藤康弘 監修 譽田(こんだ)亜紀子 文・取材 はじめての土偶 世界文化社 2014年

はじめての土偶

⑤譽田亜紀子 ときめく縄文図鑑 山と渓谷社 2016年

の計5冊。

毎号買っている①と新聞で紹介されていたマンガに関連するムック②を買うつもりで書店へ行ったのだが、なぜか③~⑤も購入してしまった。

③は隔月刊の雑誌「ログハウスマガジン」(地球丸)に載っていた小屋やスモールハウスに関する記事をまとめた本だと思う。

小屋入門 地球丸

趣味の空間や二拠点居住、小屋を自作してみる等、小屋のある暮らしを紹介している。
自分の夢である隠居・隠遁生活を想像しながら読めそうだ。

④、⑤は「縄文ライター」の著者が土偶を主とした縄文時代の遺物や縄文文化について著わした本である。
以前から縄文文化に興味があったので購入した。
この時代の狩猟採集生活に惹かれるものがある。単なる太古へのロマンだが、自由に生きている感じがする。
また自分が無職になったり、年金生活を送るようになると生活に困ることが予想され、
その際、狩猟採集技術が役立ちそうだと考えているのも縄文文化に興味を持った理由である。

ときめく縄文図鑑

⑤の表紙は国宝の「縄文のビーナス」。
長野県茅野市の棚畑遺跡から出土した土偶で、茅野市尖石縄文考古館で展示されている。
一昨年の信州ツーリングで自分はこの「縄文のビーナス」と対面している。
美しくエロティシズムさえ感じるこの土偶には衝撃を受けた。

この本はいかにも「縄文女子」が書いたという印象で、130ページのオールカラーで写真やイラストが満載で読みやすい。
あっという間に読了した。

上記5冊を買った後、新古書店へ寄った。
その話は次回へ。

ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 新刊を買う

thread: 読書メモ

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

夜空ノカナタ  

前回の続き。
来年の手帳の話である。

携帯用の、本来の手帳として使うのは「文庫手帳」(ちくま文庫)とは別の手帳である。
毎年買っているが、毎年違う手帳である。少なくとも今年のものとは違う手帳を買うように意識している。
なぜなら世の中には色々な手帳があり、おもろいからである。

ここ3年に買った手帳は

2016年 元素手帳 化学同人

元素手帳2016


2015年 歴史手帳 吉川弘文館

歴史手帳2015

2014年 滋賀県民手帳 滋賀県統計協会

(青字は購入時の過去記事へのリンク)

資料がおもろい「読める」手帳である。

それ以前には「京都手帖」(光村推古書院)や「海上保安ダイアリー」(成山堂書店)等の「読める」手帳、会社の取引先からもらったビジネス手帳を使っていたこともある。

さて来年の手帳だが、雑誌の付録としてたまたま付いていたものを使用しようと思った。

ビーパル 2016年12月号 小学館

の付録の「トラベラーズダイアリー2017」である。

ビーパル201612

ビーパル2016年12月号を買ったのは付録の手帳が目的ではなく、「遊びグルマの作り方」と題された特集を読むためである。
「遊びグルマ」とあるが、大半が今流行りの車中泊のクルマである。
車中泊には以前から興味があり購入した。
付録の手帳は無料で安上がりだし、結局携帯用の手帳を使う機会は旅行以外にほとんど無いのでどのような手帳でも良いと考えたからだ。

トラベラーズダイアリー2017

しかしなんかおもろない。
結局来年の携帯用手帳として選んだのは後日買った

天体観測手帳2017

である。

天文観測手帳2017

毎週の星空がカラーで載っている。書店で偶然見かけて購入した。

最近長時間勤務が続いている。仕事が終わり工場建物から外へ出た時、夜空をため息とともに見上げることが多くなった。
そんな時、星の名前等がわかれば少しは癒やされるかもと思い購入した。

今年もあと1ヶ月弱。残りの日々を平穏に過ごせることができるだろうか。

ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 新刊を買う

thread: コレ、買ったよ!

janre: ライフ

tb: 0   cm: 0

2017年の手帳(自宅常備用)  

前回の続き。
映画「機動戦士ガンダム ジ・オリジンⅣ 運命の前夜」を見た後、四条河原町へ向かった。
ここにある大型新古書店へ。30分ほど店内にいたが収穫は無し。

店を出て河原町通りを北上、通り沿いにある丸善京都本店へ向かう。
買いたい本があったからである。

「本」と書いたが、正確に書けば「手帳」だろう。

文庫手帳 2017 ちくま文庫

である。

文庫手帳

発売30周年を迎え、表紙を安野光雅が描くこの手帳を自分は20数年間、毎年欠かさず買っている。
日記とまではいかないが備忘録がわりに使っている。携帯はせず、常時自宅に置いている。
有休や振替出勤・休日の通常勤務外の記録、古本まつりで買った本やツーリングの記録、見に行ったアメフトの試合結果等々を書いている
またその際の色々な資料も貼り付けている。勤務表の縮小コピー、チケットの半券、ステッカーやシール、新聞の切り抜き等々。
そのため、年末近くになると文庫手帳が非常に膨らんでくる。
毎年新しい文庫手帳を買う度に「こんなに薄かったのか。」と思ってしまう。

膨らんで持ち歩けないから携帯用の本来の手帳として使うのは別の手帳であるが、その話は次回の記事で。

ちなみに文庫手帳と共に買った本が

服部文祥 増補サバイバル! ちくま文庫 2016年

である。

増補サバイバルちくま文庫

2008年にちくま新書として刊行されたものを文庫化するにあたり新たに増補した本である。
「サバイバル登山家」として知られる著者自身の山行、体験、思想が綴られている。
ちくま新書版を持っているが、増補部分を読みたいため購入した。

丸善を出た後、寄り道せずに帰宅した。

ヘイヘイ。


にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 新刊を買う

thread: コレ、買ったよ!

janre: ライフ

tb: 0   cm: 0

ラジオ頭、山賊、廃炉  


前回の続き。
京都国立近代美術館退館後、岡崎公園の地下駐車場から車を出し、御池通りの地下駐車場へ向かった。
河原町界隈で買い物をしようと思ったからである。

10分後には地下駐車場に車を入れていた。

車を置いて地上に上がり、河原町通りを四条近くまで南下。

ある商業ビルに入っている大手レコード店へ。
ここでイギリスの5人組ロックバンド、レディオヘッド約5年ぶり9作目のアルバム、「ア・ムーン・シェイプド・プール」を購入。

a moon shaped pool

このバンドの音は現実逃避するのにとても良い。エレクトロニカ、アンビエント要素を適度に混ぜて独特の音を作っている。
早速帰りの車の中で聴こう。
ちなみに今年のサマーソニックに来るらしい。

この大手レコード店の下の階には大手新古書店が入っており立ち寄る。
ここで見つけて購入したのが

鬼窪善一郎 語り 白日社編集部 扁 新編黒部の山人 山と渓谷社 2016年 960円 - ポイント300円引き = 660円

である。

黒部の山人

ベストセラーになった「定本 黒部の山賊」に登場する「山賊」その本人が語る山や猟、そして自身の人生を語っている本らしい。
以前から買うか買うまいか迷っていた本だったが、今回古本で見つけて購入、若干後ろめたさを感じながら。

新刊で買えるのに古本で買ってしまった罪悪感。
自分が勝手にそう思っているだけであるが、だから本が売れなくなって本屋、特に個人が営業している店が廃業していく。

で、その本を読んだ後に売ってしまうんだろうなあ、安い値段で買いたたかれて。
一時のお金欲しさと蔵書過多の圧迫感から逃れるために。

そう思いながら河原町通りを少し北上、通りを横断し丸善京都本店へ。
ここで購入したのが

①関沼博 編 福島第一原発廃炉図鑑 太田出版 2016年

②小澤実 中丸禎子 高橋実野梨 アイスランド・グリーンランド・北極を知るための65章 明石書店 2016年

アイスランド・グリーンランド・北極を知るための65章

の2冊。

②は世界で初めて「福島第一原発廃炉の現場」の内実を正面から記録した出版物らしい。
中を見るとほとんどがカラーページで、図や写真も多用されている。

福島第一原発廃炉図鑑

そしてイラストやマンガは竜田一人。廃炉作業員の漫画家でその作業内容を描いた「いちえふ」は話題になった。
読みやすく、内容がわかりやすそうだったので購入。夜、お酒を呑みながら毎日少しづつ読んでいくのに丁度良いかもしれない。

退店後は寄り道せずに帰宅した。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 新刊を買う

thread: この本買いました

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

そういえば昔、実家に「たこ焼き器」があったよなあ  

その雑誌を買ったことがある市内の書店は全て訪れた。
しかし無い。
コンビニ、スーパーの雑誌コーナーにも行った。
やはり無い。

多分そうだろうと思っていた。
もともとその雑誌を見かける店があまり無かったからだ、
隔週刊のテレビ雑誌にもかかわらず。

その雑誌は「テレビブロス関西版」(東京ニュース通信社)である。
最新号である2月27日号を自分は探していた。

今号ではアニメ「おそ松さん」が表紙に使われているが、各地区版によって違う。
関西版は次男の「カラ松」。ソースとマヨネーズがかかったたこ焼きを持っている。
関西のイメージはやはりたこ焼きなのだろうか。

テレビブロス20160227

他の地域版は以下の通り。

・北海道版 六男 トド松
・関東版 長男 おそ松
・中部版 三男 チョロ松
・九州版 四男 一松
・特別版 五男 十四松(番組表は関東版と同じもの)

やっぱり北海道がトド松(椴松)で、関東が長男か。

テレビブロス20160227-2

全く店に無いのはマニアやコレクターが買いあさっているからだろうと推測している。
某通販サイトでは今号の特別定価320円より高い価格で販売されていた。

隔週水曜日の発売であるが、発売日に書店へは行けなかった。
そして木曜日、金曜日と仕事帰りに探してみたが見当たらなかった。

ネットで高い価格で買おうか。
それとも20年以上ほとんど毎号購入しているから定期購読にしようか。

土曜日に市外の大型書店へ行くことにした。ここでは何回か購入したことがあるからだ。
ここに無いのであればネットか直接出版社から購入しようと思った。

1000時、開店と同時に入店、真っ先にテレビ雑誌の棚へ向かう。
すると、あった。1冊だけあった。何故かビニール袋で包まれていた。
即、買い物かごへ。

店内を見て回りおもろそうな本を探すが、今回は特に目に付かず。
結局、320円の雑誌のためだけにクルマで遠出した形になった。
まあ良いか。テレビブロスは手に入ったし、クルマの運転は好きだし。

帰宅して早速中を見る。

今号には「おそ松さん」のピンナップが付いているが、これも各地区版によって違う。
表紙の通り関西版はカラ松で、イラストは表紙と全く同じであった。
「おそ松さん」には興味が無かったのでピンナップや特集記事はほとんど無視してしまったが、
連載記事に関してはいつもよりおもろく読めた。

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 新刊を買う

thread: アニメ・コミック

janre: アニメ・コミック

tb: 0   cm: 0

灯台守になりたいなあ  

前回の続き。
河原町通りを北上し、丸善京都本店へ入っていった。

ここで以前から探していた本を買おうと思ったからだ。
購入したのは2冊。

①藤村靖之 月3万円ビジネス 100の実例 晶文社 2015年

②岡克己 ニッポン灯台紀行 世界文化社 2015年

②は全国の絶景灯台100基を写真で紹介している。
主要灯台地図や灯台百科、灯台年表も付いており、灯台好きの方にはたまらない本だろう。

日本灯台3万円ビジネス

以前から自分は灯台に興味があった。
灯台守になりたいと妄想したこともあった。
またオートバイツーリングで岬へ行くことも多々あり(ライダーはなぜか岬が好きな人が多いように思う)、今回手に入れた。

店内の検索端末で調べると「海事」の棚に「前日在庫1冊あり」と表示された。
しかし実際は棚には無かったので売れたのかと思った。
念のためこの本に関連する他のジャンルを見てみることにした。
「ニッポン灯台紀行」というタイトルから「国内旅行」の棚へ。
するとあった。一目で見つけた。しかし何故この棚にあったのだろうか?

ジュンク堂と丸善の検索端末機は使いにくいと自分は思う。
本のタイトルをうろ覚えで、その一部のキーワードを入力しても出ないことがある。
だからわざわざその場でスマホを取り出して某大手通販のサイトを開き、キーワードを入力してタイトルを調べることが何回かあった。
それならネット通販で買えば良いやんか、と思いながら。

まあいいや、とにかく手に入ったし。

店を出て再び河原町通りを北上。もう1300時近くになっている。
人通りが非常に多くなっていた。
それを嫌って右に曲がって人気の少ない小路へ。

先斗町歌舞練場201602

先斗町(ぽんとちょう)歌舞練場前を通り、鴨川沿いの道に出た。

次回へ続く。
ヘイヘイ。


にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 新刊を買う

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

ピンクのレシート  

前回の続き。
昼食後、河原町通りに出て「丸善 京都本店」へ。

今年8月、京都で10年ぶりに復活した丸善へ行くのは2回目である。
BALビルの地下へ下りていく。

京都本店開店記念の限定500缶、ハヤシビーフの缶詰がまだ売っていた。
1缶2000円もするから売れ行きが悪いのはわかる。自分も前回来店時同様、迷ったが結局買わなかった。
次回来店時、もしまだ売れ残っていたらその時は買ってみよう。

買った本は以下の2冊。

①テレビブロス関西版 2015年11月7日号 東京ニュース通信社

②千松信也 けもの道の歩き方 リトルモア 2015年

テレビブロス関西版20151107

①AKB48が表紙である。
NHK連続テレビ小説「あさが来た」の主題歌である「365日の紙飛行機」は彼女らが歌っているが自分は非常に気に入っている。
歌が流れている間のアニメーションも良い。
今年の紅白はこの歌で決まりか。

けもの道の歩き方

②京大卒の猟師、千松氏のエッセイ。
処女作「ぼくは猟師になった」(リトルモア 現在は新潮文庫)の続編になる。
この人の次回作が出版されるのを待っていた為、店頭でこの本を見つけると同時に中身も見ずに買い物かごへ入れた。

会計時、ジュンク堂と同様「秋の読書キャンペーン」対象のピンク色のレシートをもらった。
ジュンク堂と丸善のレシートの金額合計が4000円に達していたため後日景品と交換しに行った。
2000円で手拭い1本なので茶色と緑色の2本を貰った。
手拭いで文庫本カバーを作ることができるらしく、作り方が書いてあったがなんか面倒くさそう。
普通に手拭い本来の用途で使用した方が良さそうである。

手拭いジュンク堂丸善2015秋

丸善を出た後、近くの新古書店に寄ろうかと考えたが、気分が乗らなかったので帰宅した。

ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 新刊を買う

thread: この本買いました

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

ユカワ  

前回の続き。
「機動戦士ガンダム ジ・オリジンⅡ 哀しみのアルテイシア」を観に行った話である。

映画を観る前にジュンク堂書店京都店に立ち寄り、店内エスカレーターで4階へ。

4階へ登りきったその目の前の壁に黄色がかったポスターが貼ってあった。
寄藤文平のイラストが印象的な

元素手帳2016 化学同人 2015年

のポスターである。

「元素手帳2016」とは「元素生活」(化学同人 2009年)の手帳版らしい。

「元素生活」の著者は同じく寄藤文平で111個すべての元素の基礎知識が彼のイラスト入りで楽しく書かれている。
自分はこの本を所持しているので「元素手帳2016」に興味を持ち、実物を手に取ってみた。

元素手帳2016

全体がポスターと同じく黄色でまとめられており、ポップな感じで所有欲を非常にくすぐった。

見開きが1週間のページの上部には理系学者の名言が記載されている。
パラパラと見て印象に残ったのは湯川秀樹(1907~1981)の言葉である。
説明するまでもないが、彼は1949年に日本人で初めてノーベル賞(物理学賞)を受賞した。

「一日生きることは、一歩進むことでありたい。」

前向きである。あまり自分とは関係無いような言葉である。

手帳には元素周期表はもちろん、元素の基礎データや単位の説明等が載っている。
長さの単位で「ユカワ(y)」というものがあるのを初めて知った。
もちろん湯川秀樹にちなんでおり「1×10のマイナス15乗メートル」を表わしている。

少々大きいが携帯用の手帳として購入、買い物かごに入れ1階の中央レジへ。

会計を済ませるとピンク色のレシートをもらった。
これはジュンク堂書店と丸善が行なっている「秋の読書キャンペーン」でこの色のレシートは10月27日~11月9日まで発行された。
そしてレシートの金額に応じて景品と交換できる。景品は以下の通り。

・2000円ごと オリジナル手ぬぐい
・5000円ごと オリジナルマグカップ
・10000円ごと 図書カード5000円分

新刊1万円分が実質半額の5000円で買える計算である。

景品交換期間は11月16日~11月29日である。

新京極垂れ幕201511

ジュンク堂を出て、四条通、新京極通を再び通り映画館まで戻った。

続きは次回。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村


category: 新刊を買う

thread: 書店

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop