つくぶすま68の備忘ログ ホーム »京都の博物館、美術館
カテゴリー「京都の博物館、美術館」の記事一覧

あっ!隠遁生活  

前回の続き。
5月の連休中、京都・鹿ヶ谷にある泉屋博古館(せんおくはくこかん)へ
「楽しい隠遁 山水に遊ぶ ~雪舟、竹田、そして鉄斎~」(2017年3月4日~5月7日)を見に行った話である。

あっ!隠遁生活201705

1420時過ぎ、泉屋博古館に到着。
JAF会員割引で640円を払い入館。

中庭の緑と空の青さが綺麗である。

泉屋博古館201705-2

中庭を右に見ながら会場へ。

世間の喧噪を離れ、自然の中で静かな暮らしを楽しむ隠遁生活。
庵で四季の移ろいを楽しみ、茶や酒を嗜む。
思うにまかせない現実生活の中で隠遁生活は憧れの的となった。
本展では主に日本の文人たちが理想の隠遁生活をイメージして描いた山水画などを中心に展示されている。
(本展パンフレットから要約)

画に関しては素人だが、山水画ってやっぱり良いなあ。見入ってしまう。
隠遁生活をしたいという願望もあるが、やっぱり画として美しいのだろう。
しばし至福の時を過ごした。

1500時過ぎに退場。

泉屋博古館201705-3

中庭を見ながらたばこを一服してふと頭に浮かんだことがある。
ここ、泉屋博古館はもしかしたら隠遁生活そのものを味わえるのではないか、ということである。
京都の街中にありながらこの静寂。
五月晴れで微風が心地良い。
山の中に住む隠者(中隠、小隠だったっけ?)ではなく、街中に住む隠者が本当の隠者(大隠)と言われているが、
ここはまさしく隠者が住まう仙境だと思った。

たばこを一服後、退館した。

ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

category: 京都の博物館、美術館

thread: 美術館・博物館 展示めぐり。

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

楽しい隠遁  

前回の続き。
京都市勧業館、通称みやこめっせで開催されていた「第35回春の古書大即売会」(2017年5月1日~5日)へ行ってきた話である。

1400時、みやこめっせを出て二条通を渡り、向かいにあるロームシアター京都(旧京都会館)へ。

ロームシアター京都201705

ここの1階では蔦屋が本のセレクトショップを出している。
おもろそうな本を探す。
しかし、カフェテリアの会計待ちの長い行列ができていて店内はかなり混雑していた。何も買わず早々に退散。

再びオートバイに跨がり、丸太町通を東行。鹿ヶ谷を目指す。
1420時過ぎ、泉屋博古館(せんおくはくこかん)に到着した。

泉屋博古館201705-1

泉屋博古館は住友家が蒐集した美術品を保存、展示する美術館である。
中国青銅器のコレクションで知られていて、京都・鹿ヶ谷の本館と東京・六本木の分館がある。
名称は江戸時代の住友の屋号である「泉屋」と、900年前に編纂された青銅器の図録「博古図録」に由来している。
(以上、泉屋博古館のホームページから要約)

楽しい隠遁ポスター-1

来館時、ここでは「楽しい隠遁 山水に遊ぶ ~雪舟、竹田、そして鉄斎~」(2017年3月4日~5月7日)が開催されていた。
展示会の名前に惹かれて見に行きたいと思っていたのだ。

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 京都の博物館、美術館

thread: 美術館・博物館 展示めぐり。

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

我が為すことは我のみぞ知る  

前回の続き。
京都国立博物館へ「没後150年 坂本龍馬」展(2016年10月15日~11月27日)を見に行った話である。

平成知新館へ向かうが、通路脇に箱形の看板が建っていた。
その側面には龍馬が詠んだ有名な句が記されていた。

平成知新館前坂本龍馬側面201610

開場する0930時の少し前に入館。

平成知新館内201610

すでに大勢の人が並んでいたが、10分も待たずに会場へ入れた。
待っている間は窓の外をボーッと眺めていた。

平成知新館から明治古都館を望む201610

入り口ではご本人が偉そうにお出迎え。

坂本龍馬銅像201610入場時

この展覧会では坂本龍馬(1835(天保6)~1867(慶応3))の直筆の手紙や遺品、そして幕末期の美術工芸品を展示している。
会場は7つのテーマに分けられていた。

一章  龍馬の生まれ育った時代
二章  土佐脱藩と海軍修行
三章  龍馬の手紙を読む
四章  龍馬の遺品
五章  薩長同盟から大政奉還 ーそして龍馬の死ー
六章  瓦版・錦絵からみた幕末維新
七章  美術工芸からみた幕末維新 ー近世絵画・刀・甲冑ー

印象に残っている展示物が何点かある。

まずは霧島山の登山の様子を書いた書簡である。
日本初の新婚旅行とされているこの旅行であるが、その書簡に描かれた図が南門の掲示に使用されていた。

南門坂本龍馬201610

そして「血染掛軸」と呼ばれている梅椿図(重要文化財、板倉槐堂筆、京都国立博物館蔵)と刀(銘吉行、坂本龍馬佩用、京都国立博物館蔵)である。
1867年11月、坂本龍馬は京都・近江屋で暗殺された。
この時現場にあったのが「梅椿図」で龍馬の血が付いたことから「血染掛軸」と呼ばれている。
また刺客の刃を鞘ごと受けた刀が「刀 銘吉行」である。

会場内には2時間弱ほどいた。
出口は入り口と同じ、銅像の立っている場所。
やはり大勢の来館者の方が写真撮影されていた。

坂本龍馬銅像退場時201610

疲れた。
退場後、近くのファストフード店で昼食を取り、七条駅から京阪電車に乗った。
三条駅で下車、大型新古書店へ。
収穫は無かったが、函入り本のコーナーにアイヌ関係の本がかなりあった。
研究者の方が売ったのかもしれない。

その後、寄り道せずに帰宅した。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 京都の博物館、美術館

thread: 美術館・博物館 展示めぐり。

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

展覧会へ行ってきたぜよ  

10月のある公休日の0900時過ぎ、京都・七条通りを東へ向かって歩いていた。
ある人をテーマにした展覧会へ行くためである。

七条通り201610

その人の名前はほとんどの日本人が知っている。
そしてほとんどの日本人男性は少なからず、その人の影響を受けた時期があっただろう。

鴨川にかかる七条大橋を渡ると、電柱に垂れ幕が下がっている。

七条通り電柱垂れ幕201610

そう、その人の名前は坂本龍馬。
そして今向かっているのは京都国立博物館。
ここで

「没後150年 坂本龍馬」展(2016年10月15日~11月27日)

が開催されているからである。

ちなみにこの「坂本龍馬」展は京都以外にも
・長崎(長崎歴史文化博物館2016年12月17日~2017年2月5日)
・東京(東京都江戸東京博物館2017年4月29日~6月18日)
・静岡(静岡市美術館2017年7月1日から8月27日)
で開催予定らしい。

七条通りに面した南門から観覧料1300円を払い、敷地内へ。

向かう先にテントが張られていて、その中で手荷物検査を受ける。
何回も来ているが、こんな事は初めてである。
新撰組や京都見廻組の襲撃を警戒してのことであろう、

というのはもちろん冗談である。
この日の午後、天皇夫妻が来京(というより、京都人から見れば「帰京」と言うかもしれない)する。
国立京都国際会館で開かれる国際外科学会世界総会の開会式に出席するためである。
おそらくそれの影響だと思う。

明治古都館201610

無事に形だけの適当な検査が終わり、レンガ造りの明治古都館を右に見ながら、それとは趣が正反対の平成知新館へ向かう。

平成知新館201610

通路脇に箱形の看板(という呼び方しか思いつかない。本当はどう呼ぶのだろうか)が建っていた。

平成知新館前坂本龍馬201610

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 京都の博物館、美術館

thread: 歴史大好き!

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

エヴァンゲリオンの素  

前回の続き。
阪急電車京都線・烏丸駅で下車した。

地上に上がり、高倉通りを北上する。
暑い、暑い。こんなに暑い京都なのになぜ大勢の観光客が来るのか。祇園祭の山鉾巡行も終わったのに。
そう思いながら三条通りを目指す。

目的地の三条高倉には京都文化博物館がある。
ここで「ダリ版画展」(2016年7月9日~9月4日)が開催されている。自分はそれを観るために午後の強い陽射しを浴びながら歩いている。

10分弱歩くとレンガ造りの博物館別館に着いた。

京都文化博物館別館201607

1906年(明治39)に竣工した日本銀行京都支店だった建物である。
日本近代建築の祖である辰野金吾とその弟子・長野宇平治が設計し、明治を代表する洋風建築として1969年(昭和44)に国の重要文化財に指定された。

しかし別館を通り過ぎて北隣の本館(というのか?)へ。「ダリ版画展」はここで開催されている。

京都文化博物館201607

JAF会員割引1000円を払い、エレベーターで4階へ。
早速観ていく。

ダンテの「神曲」を題材にした木口木版のシリーズがまず延々と100点ほど展示されている。
手足が細長いが筋肉が強調されている人物画、題名についている固有名詞の語感(例えば「ウェルギリウス」とか「ゲリュオン」とか)に既視感があった。
何だろう。そしてたまに出てくる直線で構成された抽象的なモノ。

ダリ版画展立て看板201607

しばらくしてアニメ番組を思い出した。「新世紀エヴァンゲリオン」である。
手足の細長い人物画は人型兵器「エヴァンゲリオン」のスタイルに非常に似ている。
そして第3新東京市に襲来する謎の敵「使徒」のネーミングやその外観は「神曲」やこれを題材にしたダリの版画のイメージと自分の中ではぴったりと重なった。

もしかして「新世紀エヴァンゲリオン」はダンテの「神曲」やサルバトートル・ダリから多大な影響を受けたのではないか。

そう考えながら1時間弱ほどいて退場。他の階の展示は観ずに退館、帰宅した。

ヘイヘイ。


にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 京都の博物館、美術館

thread: 美術館・博物館 展示めぐり。

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

原子核神秘主義画家  

前回の続き。
京都市美術館へ「ダリ展」(2016年7月1日~9月4日)を観に行った話である。
観覧料1600円を払い、会場へ。

ダリ展垂れ幕201607

ダリのシュールレアリスムな絵画ははっきり言って意味がわからない。
しかし数多く描かれている空が広く青い画はどこか郷愁が漂い、惹かれるものがある。
何か切ない、もの悲しい。
ダリの繊細、ナーヴァスな一面がうかがえる、と思っていたらとんでもない作品もある。

例えば・・・
作品名が長いので会場で配布されていた展示品一覧を見て記す。

作品№32「皿のない二つの目玉焼きを背に乗せ、ポルトガルパンのかけらを犯そうとしている平凡なフランスパン」という作品があった。
作品名どおり目玉焼きを2つ乗せたフランスパンの先端がポルトガルパン?に突き刺さっている画である。
フランスパンが男性器、ポルトガルパンが女性器なのだろう。フランスパンに乗っている目玉焼き2つはもしかしたら睾丸を表わしているのかもしれない。

会場出口前に展示されていたのは
作品№128「チェロに残酷な攻撃を加えるベッドと二つのナイトテーブル」である。
こちらも作品名どおり、弦楽器のチェロに体当たり攻撃を仕掛けているベッドとテーブルの画であった。
意味が全然わからない。けど観ていておもろい。どのような経緯でこの画の発想に至ったか作品前でしばし妄想するのも楽しい。

ダリは1945年の広島・長崎への原爆投下に非常に衝撃を受けている。
そのため原子力に関する画も多数描いている。興味を持っていた科学の知識を吸収、増やしていき、自らを「原子核神秘主義画家」と称した。

会場には1時間ほどいただろうか。退場後、ダリ展グッズを売っている一角があり、そこで

ダリ展せんべい箱

えびせんべい1200円を購入した。

ダリの画が描かれた立方体の箱の中に4種類、計10枚のせんべいが入っている。

退館後は寄り道せずに帰宅した。

ダリ展せんべい4種類

せんべいは帰宅後すぐに食べてみた。チーズクリームが挟んであってうまかった。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 京都の博物館、美術館

thread: 美術館・博物館 展示めぐり。

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

ダリって誰?  

またまた京都・岡崎にやってきた。
今回は京都市美術館。「ダリ展」(2016年7月1日~9月4日)を観るのが目的である。

ダリ展看板201607

サルバドール・ダリ(1904~1989)はシュルレアリスムのみならず20世紀の美術を代表するスペインの芸術家である。

自分が高校生だった頃、ダリは強烈な印象を残した。彼の顔、そしてもちろん作品もである。
美術の教科書か世界史の資料集で見た。

まずは顔。ピンと跳ね上がった口ひげ。違う世界へ行ってしまっているようなギョロッとした眼。
彼に関わったら何かマズいことが起きそうな、そんなオーラを発している。
作品は幻想的で意味がよくわからない。しかし何か惹かれるものがあった。

そのダリの画を今回初めて見に行く。楽しみである。

雨が降りそうな曇り空の下。
0900時過ぎ、岡崎公園地下の市営駐車場へ車を入れた。
地上へ上がるとすぐに美術館本館が見える。

京都市美術館1201607

この建物は1931年(昭和6)に着工、1933年(昭和8)に竣工された。
設計は広く公募され、一等に入賞した前田健二郎の設計図案を基にされている。

京都市美術館2201607

観覧料1600円を払い、会場へ。

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 京都の博物館、美術館

thread: 絵画・美術

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

世界で一番デザインに使われている肖像画は多分この人だろう  

前回の続き。
京都国立近代美術館へ行ってきた話である。

階段で4階のコレクションギャラリーへ向かう。
ここでは「キューバの映画ポスター 竹尾ポスターコレクションより」展が開催されているからである。

キューバの映画ポスター展チラシ

(以下は美術館による説明の要約)
カリブの島国キューバは、1959年の革命以降、国立の映画芸術産業庁(ICAIC 「イカイック」と読む)を拠点に次々と映画を送り出してきた。
新ラテンアメリカ映画祭の開催でも知られる首都ハバナは、ラテンアメリカ映画の中心地のひとつとなっている。
そのキューバは、映画の宣伝においても「革命的な」手法を取り入れた。
映画ポスターのグラフィックに様々なデザイナーや画家を招き、その製作を大量印刷向きのオフセットではなく手刷りのシルクスクリーンで行うという独自性は、一国の映画産業として世界の他のどこにも見られない。
映画作品からの刺激を通じて生み出した豊かな色合いと華やかな表現は、映画に新たな価値を与えるとともに、それ自体が鮮烈な作品となっている。
この展覧会では東京国立近代美術館フィルムセンターの共催により、多摩美術大学に寄託されている竹尾ポスターコレクション所蔵作品を中心に、革命期から1990年前後までに制作された85点の映画ポスターを紹介する。

キューバの映画ポスター展図録4

デザインがかっこいい。
キューバでの映画ポスターは宣伝のためだけではなく、芸術性も狙っている。
否、もしかしたら宣伝さえも狙っていないかもしれない。

キューバの映画ポスター展図録3

ソビエト映画のポスターは白黒に赤を効果的に配置したいかにも社会主義国のイメージのデザイン。

キューバの映画ポスター展図録1

日本映画のポスターは黒にカラフルなアクセントを加えている。日本人には思いつかないだろう、この色の配置の美しさ。

キューバの映画ポスター展図録2

そして左ページの肖像画はキューバ革命の中心人物であったチェ・ゲバラ(1928~1967)。

名前を知らなくてもこの人の顔を知らない、見たことがない人は皆無に近いのではないだろうか。

会場を出た後、1階のミュージアムショップに立ち寄り

①「キューバの映画ポスター」展図録 1230円

キューバの映画ポスター展図録表紙

②地図で読む京都・岡崎年代史 京都岡崎魅力づくり推進協議会 500円

を購入。

②は岡崎の近代とそれ以前の2部構成にし、地図から街の変遷を見ていく30ページほどの冊子である。
全ページカラーで読みやすく、地図や写真、注釈が多く500円とは思えないほどの充実ぶりだった。

地図で読む京都・岡崎年代史

美術館退館後、岡崎公園の地下駐車場から車を出し、御池通りの地下駐車場へ向かった。
河原町界隈で買い物をしようと思ったからである。

次回へ続く。
ヘイヘイ。


にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村



category: 京都の博物館、美術館

thread: 映画関連ネタ

janre: 映画

tb: 0   cm: 0

「毎日が新しい始まり」  

前回の続き。
京都国立近代美術館で開催されている「ポール・スミス展 HELLO,MY NAME IS PAUL SMITH」(会期6月4日~7月18日)へ行ってきた話である。

ポール・スミスがコラボレーションした例はイギリスの名車、ローバー・ミニの他にも数多くあり、展示されていた。

ポールスミス自転車

ミネラルウォーターのエヴィアンやカメラのライカ。

ポールスミスエヴィアンライカ

ペンギン・クラシックスの「チャタレー夫人の恋人」の表紙デザイン等々。

ポールスミスチャタレーペンギン

今回の企画展ではファッション関連の展示が少なかった。

ポールスミス蟻スーツ

デザインスタジオの完全復元や映像インスタレーション、その画面の向かい側ではコレクションの展示を行なっていたが、
ファッション関連の展示を期待していた人は肩すかしを食らうかもしれない。

ポールスミスデザインスタジオ

そして会場出口直前。
ポール・スミス直筆と思われるメッセージが掲げられていた。

everydayisanewbeginning.jpg

「毎日が新しい始まり」とでも訳せば良いか。

前向きな言葉である。
こういう考えを持っているから第一線で活躍できるのかもしれない。

企画展を見終わり、階段で4階のコレクション・ギャラリーへ向かう。

次回へ続く。
ヘイヘイ。


にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 京都の博物館、美術館

thread: ファッションブランド

janre: ファッション・ブランド

tb: 0   cm: 0

カラフルなミニ  

前回の続き。
京都国立近代美術館で開催されている「ポール・スミス展 HELLO,MY NAME IS PAUL SMITH」(会期6月4日~7月18日)へ行ってきた話である。

ポール・スミス(1946~)は、世界的に有名なイギリスのファッションデザイナーである。
今回の展覧会はロンドンのデザインミュージアムで開幕し、ヨーロッパ各地を巡回後、日本へやってきた。
わずか3メートル四方だった一号店からスタートし、今では約70カ国に展開する世界的なファッションブランドへと成長したポール・スミスの軌跡を紹介する展示である。

美術館3階の企画展示室へ入っていった。

まずは「アートウォール」。
ポール・スミスが10代の頃から収集した写真や絵画の中から約500点が選定、展示されている。

ポールスミスアートウォール1

圧巻である。

ポールスミスアートウォール2

彼のオフィスも再現されていた。
机や椅子の上に物が積み重なっている。

ポールスミスオフィス

iMacが懐かしい。

そしてミニ。
ポール・スミスの初期のコラボレーションはイギリスの名車、ミニとのものだった。

ポールスミスストライプミニ

ローバー社は限定モデルのデザインを依頼し、1998年に誕生したのは黒革の内装に控えめなブルーの車体であった。
エンジンカバー、プラグコード、工具入れ、トランク用クッションなどにはアクセントカラーのライムグリーンを配した。

後にデザインした2台目のミニは明るいキャンディストライプで飾られていた。
今回、日本を巡回する展覧会を記念して、新たにポール・スミス・ストライプの限定ミニをデザインしたらしい。

ポールスミスミニエンブレム

欲しい・・・
エンブレムのグレートブリテン島がお洒落である。

次回へ続く。
ヘイヘイ。


にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 京都の博物館、美術館

thread: 英国車ミニへの想い

janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop