FC2ブログ
つくぶすま68の備忘ログ ホーム »京都の博物館、美術館
カテゴリー「京都の博物館、美術館」の記事一覧

カラフルなミニ  

前回の続き。
京都国立近代美術館で開催されている「ポール・スミス展 HELLO,MY NAME IS PAUL SMITH」(会期6月4日~7月18日)へ行ってきた話である。

ポール・スミス(1946~)は、世界的に有名なイギリスのファッションデザイナーである。
今回の展覧会はロンドンのデザインミュージアムで開幕し、ヨーロッパ各地を巡回後、日本へやってきた。
わずか3メートル四方だった一号店からスタートし、今では約70カ国に展開する世界的なファッションブランドへと成長したポール・スミスの軌跡を紹介する展示である。

美術館3階の企画展示室へ入っていった。

まずは「アートウォール」。
ポール・スミスが10代の頃から収集した写真や絵画の中から約500点が選定、展示されている。

ポールスミスアートウォール1

圧巻である。

ポールスミスアートウォール2

彼のオフィスも再現されていた。
机や椅子の上に物が積み重なっている。

ポールスミスオフィス

iMacが懐かしい。

そしてミニ。
ポール・スミスの初期のコラボレーションはイギリスの名車、ミニとのものだった。

ポールスミスストライプミニ

ローバー社は限定モデルのデザインを依頼し、1998年に誕生したのは黒革の内装に控えめなブルーの車体であった。
エンジンカバー、プラグコード、工具入れ、トランク用クッションなどにはアクセントカラーのライムグリーンを配した。

後にデザインした2台目のミニは明るいキャンディストライプで飾られていた。
今回、日本を巡回する展覧会を記念して、新たにポール・スミス・ストライプの限定ミニをデザインしたらしい。

ポールスミスミニエンブレム

欲しい・・・
エンブレムのグレートブリテン島がお洒落である。

次回へ続く。
ヘイヘイ。


にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 京都の博物館、美術館

thread: 英国車ミニへの想い

janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

カラフルなトライアンフ  

前回の続き。
京都・岡崎にある京都国立近代美術館へ行ってきた話である。

現在ここの3階で「ポール・スミス展 HELLO,MY NAME IS PAUL SMITH」(会期6月4日~7月18日)が開催されており、以前から興味があった。
4階では「キューバの映画ポスター 竹尾ポスターコレクションより」も併催されておりついでにこちらも観ようと思う。

ポールスミス展キューバ看板

JAF会員割引で団体料金の1200円を払いロビーへ。
この料金で「キューバの映画ポスター」展が開催されているコレクション・ギャラリーも観られる

まずは「ポール・スミス」展。

企画展示室への階段手前で係員がチケットを切り、ピンクの展覧会オリジナルイヤホン(非売品)をもらう。
これは音声ガイドを聞くためのものである。
展示物のQRコードを自分のスマートフォンで読み取ると説明が流れるという。

企画展示室へ昇る途中の3階にトライアンフのオートバイが。ポール・スミスらしくカラフルである。

カラフルなトライアンフ

ライダーズジャケットが渋い。欲しい。

早速音声ガイドを試してみる。が、音声が再生できない。
なぜだろう。
再生できたとしてもイヤホンが邪魔。両耳にはめるにはコードの分岐位置が短すぎる。使えない。無料配布だからどうでも良いが、ゴミが増え資源の無駄である。

ポールスミスピンクイヤフォン

うっとうしいので音声ガイドは諦めた。

さて4階の入り口である。

ポールスミスハロー京都

今回の企画展示は写真撮影ができる(フラッシュ、三脚はダメ)。
では展示を観ていこう。

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 京都の博物館、美術館

thread: 美術館・博物館 展示めぐり。

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

快晴の神宮道  

梅雨の最中にも関わらず快晴だったある公休日、京都・岡崎へ行ってきた。

0930時前に岡崎公園の地下駐車場へ車を入れ、地上へ上がる。
京都中心街の中でこの岡崎の地は最も好きな地である。

道路も広いし、空も広い。

平安神宮応天門201606

平安神宮の朱色が美しい。

平安神宮大鳥居201606

神宮道を南へ下っていく。
京都府立図書館の北側にある公園に市電が。

京都岡崎市電コンシェルジュ201606

これは「京都岡崎市電コンシェルジュ」という旅行者のための案内所らしい。
こんなのいつできたのだろう?
(帰宅後に調べてみると昨年12月にできたらしい)

中も見てみたかったのだが、駐在している係員とのやり取りが面倒くさそうなので外観のみを見て再び歩く。

京都府立図書館201606

府立図書館の前を通り、その隣の京都国立近代美術館へ。

京都国立近代美術館玄関201606

本日の目的地はここである。

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 京都の博物館、美術館

thread: ファッションブランド

janre: ファッション・ブランド

tb: 0   cm: 0

久しぶりに「禅とオートバイ修理技術」を読んでみようかな  

前回の続き。
京都国立博物館で開催されていた特別展「臨済禅師1150年 白隠禅師250年遠諱記念 禅ー心をかたちにー」(会期終了・2016年4月12日 ~ 5月22日)を観に行った話である。
今回の特別展は旧・帝国京都博物館本館だった明治古都館ではなく、平常展示館である平成知新館での開催となっていた。

平成知新館201605

通常の特別展であれば明治古都館の開催になると思うのだが、今回は何故だったのだろうか。
ちなみに平成知新館の設計は入場してきた南門と同じ谷口吉生(1937~)。
ニューヨーク近代美術館新館、東京国立博物館の法隆寺宝物館、豊田市美術館などを手がけた建築家である。

建物前の池では鴨が羽を休めていた。

鴨2羽201605

今回の特別展は禅の一派である臨済宗・黄檗宗の宗祖、臨済義玄(りんざいぎげん)(?~866)の没後1150年、
臨済宗中興の祖である白隠慧鶴(はくいんえかく)(1686~1768)の没後250年を記念して開催されたらしい。

禅とは何かを特別展の趣旨説明からピックアップし要約すると下記の通りになる。

禅はおよそ1500年前、菩提達磨(ぼだいだるま)によってインドから中国へ伝えられ、臨済義玄(りんざいぎげん)によって広がり、日本には鎌倉時代にもたらされた。
天皇家から民衆にまで広く流布し、日本の社会と文化に大きな影響を与える。
特定の経典を持たない禅宗では、その教えは言葉や文字によらず、師から弟子へと以心伝心で受け継がれてきた。
その修業は坐禅を中心に置かれるが、日常生活の行いやふるまいすべてが修行の一環として重視される。

きょうはく禅看板虎

さて入館後、早速展示を見ていったのだが、うーん・・・

自分の好きな隠遁、隠棲を感じさせる展示物が少ない。例えば風水画とか。
高僧の木像を観てもなあ・・・

じっくり観たのは有名な国宝「慧可断臂図」(雪舟 筆)ぐらいか。
博物館まで歩いてきた七条通りの街灯に吊られていた垂れ幕の画である。

七条通り幟201605

禅の初祖達磨(だるま)に慧可(えか)が入門を請うために自らの左腕を切り落として覚悟の意を示す場面が描かれている。

きょうはく正門201605

その後早々に退館、重要文化財である正門から出て帰宅した。
ヘイヘイ。


にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 京都の博物館、美術館

thread: 美術館・博物館 展示めぐり。

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

トラりん  

前回の続き。

京阪電車・七条駅で降り、すぐ近くのファストフード店で昼食。
その後七条通りを東へ歩いて行った。

街灯を見上げると、七条へ来た目的が描かれた垂れ幕が風になびいていた。

七条通り幟201605

京都国立博物館で開催されていた特別展「臨済禅師1150年 白隠禅師250年遠諱記念 禅ー心をかたちにー」(会期終了・2016年4月12日 ~ 5月22日)を観るのが目的である。

きょうはく禅看板龍201605

10分弱歩いて博物館南門に到着。観覧券1500円を自販機で買い入場。
京都国立博物館公式キャラクターのトラりんの看板がお出迎え。

トラりん201605

モチーフとされたのが尾形光琳(1658~1716)の「竹虎図」(京都国立博物館蔵)である。
竹林を背景にデフォルメされた虎が腰をおろしている墨画で軽妙な感じが親しみやすい。
名前は「虎」と美術・工芸の流派である「琳派」を組み合わせて作られたらしい。

着ぐるみ・・・ではなく「本人」が登場する時間もあるとのことだったが、会っても話するわけにもいかないだろうし。
トラりんの事は頭の片隅に追いやり、明治古都館を右に見ながら広大な敷地内を歩いて行く。

明治古都館全景201605

旧・帝国京都博物館本館だったこのレンガ造りの建物は1895年(明治28)10月竣工、1897年(明治30)5月に開館した。
設計者は宮内省内匠寮技師の片山東熊(かたやまとうくま)で、1969年(昭和44)、重要文化財に指定された。
玄関ホール、中央ホールのほか、大小10室の陳列室及び中庭が左右対称に配置され、主として特別展覧会などに使用される。
しかし残念ながら今回の特別展はこの建物ではない。

次回へ続く。
ヘイヘイ。


にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 京都の博物館、美術館

thread: 美術館・博物館 展示めぐり。

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

狸が子猿にケンカを売った  

前回の続き。
京都国立博物館へ行った話である。

「明治古都館」を出て平常展示館である「平成知新館」に向かう。

IMGP0616.jpg


正面入り口の地面やその脇の池の中に二重丸の印が付いている。
これは豊臣秀吉が1595年に建てさせた方広寺大仏殿の柱があったところを示している(翌1596年、地震で倒壊)。


IMGP0620.jpg

そしてこの方広寺は豊臣家滅亡のきっかけとなった寺である。

秀吉没後にその子秀頼が1614年に大仏殿を再建させ、梵鐘も完成した。
その梵鐘の銘文「国家安康」「君臣豊楽」に徳川家康が因縁をつけた。

徳川家康の家と康を分断し豊臣を君主とし、家康を冒瀆しているとして大阪冬の陣が始まった。

とにかく家康は口実が欲しかったのだろう。
ホトトギスが鳴くまで待てなかったらしい。

IMGP0623.jpg

1階の第1室に入る。

仏像が展示してある。一際目を引くのは真ん中に鎮座している巨大な大日如来坐像(重文、大阪・金剛寺蔵)である。
現在、金剛寺は修復中で、その間だけ博物館で展示しているらしい。
同じく金剛寺の不動明王坐像(重文)も展示されていた。
こちらも巨大でそしてカラフルである。
派手ではなくエイジングされた渋みが出ている。

2階では「桃山 秀吉とその周辺」と題したオープン記念展が催されており(11月16日で終了)、
教科書で見たことがある豊臣秀吉の肖像画(重文、西教寺蔵)や秀吉の陣羽織(重文、高台寺蔵)が展示されていた。

そして「吉野花見図屏風」(重文、細見美術館蔵)。秀吉が5000人を引き連れて行った吉野への花見を描いた金屏風である。
見入ってしまった。鳥獣人物戯画もこういう風にゆっくり見られたらなあと思った。

ここまで見てきたのだが、妙に疲れたみたいで
3階や他の展示は他の機会に見ることにして退館した。

IMGP0624.jpg


そして特別公開されていた表門から退場し
ファストフード店で昼食を摂り、帰宅した。

IMGP0627.jpg


にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 京都の博物館、美術館

thread: 美術館・博物館 展示めぐり。

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

「おたべ」を食べながら家でゆっくり見よう  

前回の続き。

JR京都駅から歩いて20分、0900時前、京都国立博物館が見えてきた。
入場口の南門あたりの歩道に多数の人々が歩いている、いや・・・並んでいる!?

なんと入場待ちの人たちがこの時間ですでに並んでいる、しかも最後尾は東大路通りに達しようとしていた。

いやはや参った・・・

しかし到着した丁度その時から入場が始まった。
開館は0930時だが混雑を見越して早めに入れているようだ。
(現在は特別に0900時開館らしい)

IMGP0603.jpg

自分が入館したのは0930時頃。
30分待ちであった。

IMGP0605.jpg

入館後、鳥獣人物戯画を見るのが最大の目的なので他の展示物は後回しにし、
まず甲巻展示室へ急ぐ。

ここも長蛇の列であった。
ここでも30分ほど待ち、1000時頃ようやく見ることができた。

「おもろいなあ。」
兎や蛙、猿が絵画なのに「動いている」。
躍動感がある。
同じ平安時代の、例えば教科書に載っているような絵とは全然違う。
(丙巻、丁巻は鎌倉時代)
ゆっくり見たいのだが係員が「歩きながら見てください。」と連呼しているので
そそくさと見ていった。

その後乙、丙、丁各巻を見ていく。
うーん、落ち着いて見られない。

図録を買ってゆっくり見るか、とせっかく来ているのに思ってしまう。
その後、他の高山寺関係の展示物を見て土産物コーナー(と言うのか?)に至る。

ここで買ったのは以下の通りである。

IMGP0643.jpg


展覧会図録 2600円

ガーゼ手拭い 丙巻 648円

ガーゼ手拭い 丁巻 648円

おたべ 540円


IMGP0644.jpg
IMGP0640.jpg


展覧会図録には豆本がついており、甲乙丙丁各巻の絵を見ることができる。


IMGP0649.jpg


この後、常設展示館である「平成知新館」へ向かう。

続く。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 京都の博物館、美術館

thread: 美術館・博物館 展示めぐり。

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

何歳まで働かなければ・・・  

京都国立博物館へ「国宝 鳥獣戯画と高山寺」展を見るために行ったが、待ち時間の長さを聞いてこの日はあきらめた、
と前々回記事に書いた。
今回はそのリベンジを果たした記事である、つもりだったが・・・

博物館行き当日、JR京都駅に0830時過ぎに降り立った。
電車の中では雑誌を読んでいた。

ナショナル ジオグラフィック日本版 2014年11月号 日経ナショナル ジオグラフィック社

nationalgeographic201411jp.jpg

1995年の日本版創刊時から定期購読しているこの雑誌は知的好奇心を満足させてくれる。
読むと自分が賢くなったような錯覚を覚えてしまう。
しかしすぐ忘れるので「備忘ログ」として以下に記しておきたい。

毎号巻頭に小記事が数本、その後にタイトル名が表紙に記されているメイン記事で構成されている。

今号は「いつになったら引退できる?」と題された巻頭記事があり
OECD(経済開発協力機構)に加盟している34カ国の年金支給開始年齢と実際の退職年齢が男女別に記されているグラフが載っていた。

約半数の国の年金は65歳から支給されている。
66歳以上はアイルランド、アメリカ、アイスランド、ノルウェイ(以上男女共に)、イスラエル、イタリア(男性のみ)の6カ国である。
男女ともに60歳から支給されているのは韓国のみだった。
トルコでは女性は60歳前から支給されている。

そして実際の退職年齢が年金支給前という国が約半数ある。
一概には言えないが
欧米の国では年金支給前に退職する人が多いみたいである。

60歳で年金がもらえる韓国の男性の退職年齢は70歳以上だった。
(退職年齢がこれ以上はメキシコの男性のみ、メキシコの年金支給は65歳)

日本は韓国、メキシコには少し及ばないが、もちろん退職年齢は高い。
世界屈指の長寿国というのもあるだろう。しかし日本人は働くのがやはり好きなのではないか。
それとも社会政策に不備があり、働かざるをえないのか。

2050年までに加盟国の大半で定年が引き上げられると予想されている。
平均寿命が延びるにつれ財源維持が大きな課題となっているのはどの国も同じのようだ。

自分はできれば現在の年金支給65歳以前に退職したいとは思っているが生活の不安がある。
不安がなければ今すぐにでも退職したい。夜勤の残業はきついよなあ、本当に。
鴨長明みたいに隠遁したい。

少し考えさせられた。

話は京都駅に戻る。
徒歩で博物館まで行こうと思う。
烏丸通りを少し北上し、右折して七条通りを東へ歩いて行く。

IMGP0634.jpg

電柱には垂れ幕が下がっていた。
20分ほど歩いただろうか。
七条通りを挟んで相対している三十三間堂と京都国立博物館が見えてきた。

IMGP0602.jpg


続く。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 京都の博物館、美術館

thread: 美術館・博物館 展示めぐり。

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

鳥獣を見るため、人物ギガ多し  

先日、京都・東山七条にある京都国立博物館へ行ってきた。

平常展示館がリニューアルし「平成知新館」として6年ぶりに展示再開したのもあるが
「修理完成記念 国宝 鳥獣戯画と高山寺」展(10月7日~11月24日)が開催されており見たいと思ったからだ。

IMGP0609.jpg

絵巻の中でも最もよく親しまれ、世界的にも知られる国宝「鳥獣人物戯画」(高山寺蔵)の修理が完成したことを記念して、
甲巻から丁巻までの4巻すべてが公開されている。

快晴の公休日にオートバイで出かけた。

正午前、南門横の駐輪場にバイクを入れ、券売機で入館券を買おうとしたら
博物館の係員の方が来館者に案内している声が聞こえた。

「現在、鳥獣戯画展は入館まで30分待ち、入館後、ご覧いただけるまで75分待ち、
計105分待ちです。」

えーっ!!平日でこれだけの時間待たなあかんのか?

IMGP0611.jpg

これを聞いてこの日はあきらめた。
後日朝早い時間に来ることにして再びオートバイに跨がった。

しかしこのまま帰るのはいやだったので
川端三条と四条河原町にある大型の新古書店へ行ってみることにした。
掘り出し物があるかもしれない。

京都市役所裏の駐輪場へバイクを入れ
まずは京阪三条駅上にある新古書店へ歩く。

それにしても中国からの観光客が多くなったなあと思う。
道中、ひっきりなしに中国語が聞こえた。

店に着き棚を見ていくが、特に買いたい本が無かった。
店を出て、四条河原町の店へ行く。

と、ここまで書いたが本日から夜勤が始まるので仮眠する。
続きは次回へ。

おやすみ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 京都の博物館、美術館

thread: 美術館・博物館 展示めぐり。

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop