つくぶすま68の備忘ログ ホーム »オートバイツーリング
カテゴリー「オートバイツーリング」の記事一覧

ムーンライトはやぶさ  

前回の続き。
2016年7月下旬、山陰へのオートバイツーリングの話である。

ツーリング3日目の0840時頃、鳥取県の若桜鉄道・隼駅を訪れた。

隼駅201607-4

プラットホーム脇に設置されている車両へ向かう。
2010年に北陸鉄道から譲渡された電気機関車(ED301)と、

隼駅201607-7

2011年にJR四国高知運転所所属から搬入された客車(オロ12 6)。

隼駅201607-5

客車が夜行列車「ムーンライト松山」「ムーンライト高知」に使用されていたことから「ムーンライトはやぶさ」と命名。
当初はJR九州の寝台特急「はやぶさ」の車両を誘致する計画だったが、JR四国の車両に変更された。
(ウィキペディアから要約して引用)

隼駅201607-6

隼駅滞在は10分ほど。
オートバイにまたがり再び走り出した。

国道29号線に戻り、東へ。
途中、近くの道の駅に寄るとスズキ・ハヤブサが1台駐まっていた。おそらく「聖地」へ行くのだろう。

宍粟(しそう)市内で国道429号線へ。
朝来(あさご)市内で国道312号線、国道429号線へ。
国道427号線を経由して道の駅「あおがき」でトイレ休憩。

国道483号線の北近畿豊岡自動車道を氷上インターチェンジまで走り、国道176号線へ。
JR福知山線の柏原(かいばら)駅前を通過する。

印象的な木造の駅舎(撮影していない・・・)は1990年に大阪で開催された「国際花と緑の博覧会」において使用されていた。
会場内のアクセス路線として運行されていた「ドリームエキスプレス」の「山の駅」の駅舎を閉幕後に移築したらしい。
(ウィキペディアから要約して引用)

国道372号線を経由して亀岡市で国道9号線に出て道の駅「ガレリアかめおか」で休憩。
その後国道9号線を京都市へ向かい、昼食も取らずそのまま自宅へ直行。午後の早い時間帯に帰宅した。

この日の走行距離は253キロメートル。

中途半端に楽しめないツーリングとなってしまった。
今後、鳥取県を巡る際は

・江島大橋渡橋
・境港の近くだが島根県の美保関灯台へ。
・若桜鉄道駅巡り

この3つは是非してみたいと思った。

しかし大山はもういいかな。

山陰へのオートバイツーリングの話はこれでお終い。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

category: 2016山陰ツーリング

thread: 駅めぐり

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

隼乗りの聖地  

前回の続き。
2016年7月下旬、山陰へのオートバイツーリングの話である。

ツーリング3日目、鳥取市から国道29号線へ出て南下、八頭町に入り地方鉄道のある駅に0840時前後に到着。

隼駅201607-1

若桜(わかさ)鉄道の隼駅である。
スズキの大型オートバイ、ハヤブサと同名であることから、近年ハヤブサ乗りの聖地としてライダーが集まるようになった。
毎年8月に「隼駅まつり」が開催されている。
ハヤブサには乗っていないが、自分も一度は行ってみたいと思い、今回訪問した。

若桜鉄道は国鉄若桜線を引き継いだ第三セクターの鉄道である。
2008年6月には若桜鉄道にある23の施設が登録有形文化財として登録された。

隼駅201607-2

訪れた隼駅もその一つ。
駅本屋およびプラットホームは1929年(昭和4)の建築である。

オートバイを降り、プラットホームへ。

隼駅201607-3

長閑である。
長閑なのは良いのだが、鉄道が存続しているのが不思議に思えてくる。

実は2009年から上下分離方式を若桜鉄道は採用している。
上(車両、運行、乗務員等)と下(線路、駅舎等)に分けて、上は若桜鉄道、下が沿線の若桜町、八頭町が保有、管理している。
若桜、八頭両町は年間6000万円の維持費を負担し、若桜鉄道はその費用が浮いた分を利用促進策などに予算を割けるようになった。

隼駅では地域住民も「隼駅を守る会」を結成し、駅舎の管理を買って出るようになった。

しかし、それでも鉄道会社が赤字を抜け出すのも容易ではない。
2016年度から若桜、八頭両町の負担は約1億円になった。
車両改修費や燃料代も受け持つようになったからである。

このようなローカル鉄道が生き残るのは、地域住民の足としてだけでなく、観光鉄道としても運営していくしかないのでは。
若桜鉄道では上記の「隼駅まつり」や、2015年に45年ぶりにSLを復活させるイベントを行なったりしている。

(若桜鉄道、隼駅の説明はウィキペディア、2016年12月13日NHK総合テレビ放送「クローズアップ現代」から参照)

自分はローカル線の駅巡りが好きである。ただし、オートバイで巡っているからほとんど鉄道会社の利益にはなっていないと思う。
時間に余裕があれば乗ってみたいのだが・・・

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 2016山陰ツーリング

thread: ぶらり旅

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

トゥー・トライブス  

前回の続き。
2016年7月下旬、山陰へのオートバイツーリングの話である。

ツーリング3日目、いつも通り(多分)0600時前後に起床。
前日買ったサンドウィッチかパンを食べ(多分)、宿で無料配布されていた新聞を読む。

載っていた記事は

・G20財務相、中央銀行総裁会議が中国・成都で開幕。
・ドイツ・ミュンヘンで銃乱射事件、9人死亡。
・アメリカ大統領選、民主党副大統領候補にケーン氏。

日本海新聞20160724

・深刻化する肥満の対策に各国で広がる「清涼飲料税」。
・カープ黒田、日米通算200勝。
・境港で妖怪ジャズフェスティバル開催。
・「ポケモンGO」が配信されて初の週末。

などである。

当時、トランプは共和党の大統領候補に選ばれていたのだが、まさか本当にアメリカの大統領になるなんて。
「もしかして、もしかすると・・・」と、チラッと思ったのだが。

そのトランプ大統領が近々北朝鮮の金正恩と会談するという。
政治の世界は何が起こるかわからない。

この報道を聞いた時、イギリスのバンド「フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド」の1984年のヒット曲「トゥー・トライブス」を思い出した。

「トゥー・トライブス」は当時の米ソ冷戦と核戦争の危機を歌った曲で、全英で9週連続1位を記録した。
そのミュージックビデオは当時のロナルド・レーガン大統領とチェルネンコ書記長のそっくりさんが取っ組み合いの喧嘩をしているという非常に印象的なものだった。
米朝首脳会談がこのミュージックビデオみたいにならなければ良いが。
実際会ってみたらやっぱり気に食わず取っ組み合い、あの2人ならほんまにやってまいそうなイメージがある。

部屋でしばらくゆっくりし、0800時頃(多分)、鳥取市内の宿を発った。

鳥取市内を出て国道29号線に出る。
そして南下。
八頭町に入り、地方鉄道のある駅を目指した。

次回へ続く。
ヘイヘイ。


にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 2016山陰ツーリング

thread: 気になるニュース

janre: ニュース

tb: 0   cm: 0

司馬遼太郎は鰯嫌い  

前回の続き。
2016年7月下旬、山陰へのオートバイツーリングの話である。

鳥取市内の宿に帰り、ツーリング2日目を終えた。

部屋に荷物を置いてすぐに徒歩で出かける。
夕食、ビール、つまみ、そして朝食の買い出しである。
この日もどこで何を買ったのか覚えていない・・・

今回のツーリングは「覚えていない」ばっかり。これは果たしてブログの記事として妥当なのだろうか。

部屋に戻り、夕食をとり、風呂に入り、ビールを飲みながら自宅から持ってきた本を読む。

司馬遼太郎 街道をゆく27 因幡・伯耆のみち、檮原街道 朝日文庫 2000年10刷

である。

「街道をゆく」は週刊朝日で1971年から1996年まで連載されていた司馬遼太郎の紀行エッセイである。
書籍化されて全43巻ある。

街道をゆく27因幡・伯耆のみち 檮原街道

因幡(鳥取東部)、伯耆(鳥取西部)が舞台の27巻は未読で、今回のツーリングで読むのが相応しいと思ったので持ってきた。

「西アジアでは、向日葵は食用である。」という文章から始まる鳥取紀行は
司馬の近所の開業医(八頭郡智頭町出身)の話から、万葉集、大正時代末の民芸運動、砂鉄によるたたら製鉄など話題が幅広い。
偏食がひどい司馬遼太郎は魚ももちろん嫌い、特に鰯がダメというのもこの巻で知った。

このブログ記事を書くために久しぶりに27巻を手に取ってみると、58ページに栞がはさんであった。
ここまで読んで寝たのだろう。

次回へ続く。
ヘイヘイ。


にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 2016山陰ツーリング

thread: 紀行文・地域

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

回転するイカ  

前回の続き。
2016年7月下旬、山陰へのオートバイツーリングの話である。

鳥取市内の宿に泊まり、ツーリング2日目の朝を迎えた。

0600時過ぎに起床。部屋でテレビのNHKニュースを見ながら前日に買ったパンを食べる。
食後は宿で無料配布されていた新聞を読み、ゆっくり寛ぐ。
朝の連続テレビ小説「とと姉ちゃん」を見てから出発。
連泊するので荷物はタンクバッグだけである。

国道9号線へ出て、日本海沿いを西へ・・・

ここまでは記憶にあるのだが、その後どのルートを通って蒜山、大山に向かったかどうしても思い出せない。
写真を何枚か撮っているのだがどこで撮ったかさえ覚えていない。

大山ツーリング201607-1

道の駅「蒜山高原」に寄り、大山をほぼ一周したはずだが・・・

大山ツーリング201607-2

正直に言うが、この日のツーリングは外れだった、と言うより自分の気持ちがあまり乗らなかった。
その為、記憶に残っていないのだろう。

大山ツーリング201607-3

大山をほぼ一周した後、境港の江島大橋へ行く為、まず米子へ。
しかし、米子市内の車の多さ、そして暑さにウンザリして江島大橋へ行くのを途中でやめた。
鳥取市の宿へ帰ることにした。

自分にはこういうことがよくある、折角遠方までわざわざ来て、その時の気分でやめるということが。

後悔することがたまにあるけれどもこういう性格なのだろう。
それにツーリングは趣味、楽しみであって仕事、義務、主義ではない。嫌な時はやめても良いと思う。

国道9号線へ出て、日本海沿いを東へ。

道の駅「ポート赤碕」に1400時過ぎ到着。

建物前ではイカをクルクル回転させながら干していた。

道の駅「ポート赤碕」201607

イカの足が浮くほどに回転速度が速い。
珍しがって人が近づき回転しているイカの周囲に囲ってある柵を越えるとブザーが鳴り非常停止する仕組みになっていた(と思う)。
しばらくするとまた回転し始める。

道の駅のコンビニで冷やし中華を買い、イートインで遅い昼食を取る。

道の駅「ポート赤碕」以後は道路脇に見かけた風車にちょっと立ち寄ってみただけで鳥取市内の宿へ。

大山ツーリング201607-4

この日の走行距離は298㎞だった。

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 2016山陰ツーリング

thread: 旅日記

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

なぜ飛騨なのか、なぜ2冊なのか  

前回の続き。
2016年7月下旬、山陰へのオートバイツーリング1日目。

鳥取砂丘を後にして、1年前にも泊まった鳥取市内の宿に1700時頃(だったかな?)到着。
チェックイン時に特典のミネラルウォーター「飛騨の雫」(500ミリリットル)をもらう。

なんで鳥取に来て飛騨(岐阜)のミネラルウォーターやねん、と心の中でツッコミを入れる。
鳥取やったら大手飲料メーカーSの「奥大山の天然水」やろ。

部屋に荷物を置いてすぐに徒歩で出かける。夕食を買うためである。
どこで何を買ったのか覚えていない。

部屋に戻り、夕食を取り、風呂に入った後、ビールを飲む。
ツーリングの友である昭文社発行の「ツーリングマップル」を見ながら翌日のルートを考えた。
蒜山(ひるぜん)高原と大山を走るつもりだ。

持ってきたツーリングマップルは2冊。

ツーリングマップルR関西2014

ツーリングマップルR関西2014

ツーリングマップルR中国四国2016

ツーリングマップルR中国四国2016

である。

何故地図が2冊なのか。

メインの目的地である蒜山や大山は西の端ではあるが「関西」にも載っている。
しかし余裕があれば寄りたいと思っている江島大橋がある境港がかろうじて載っていない。
だから嵩張るけれども「中国四国」も持ってきた。

「中国四国」は2011年版を持っていたが、ツーリング前に最新版へ買い換えた。
地元の「関西」はこの時持って行った2014年版をいまだに使っている。
毎年3月末頃に最新版が出るので今年は「関西」を買い換えようかな。

翌日のルートを大まかに決め、その後は・・・何をしていたか覚えていない。
多分ビールを飲みながらテレビを見ていたか、本を読んでいたか。
そして就寝。

本に関しては後日記そう。

次回へ続く。
ヘイヘイ。


にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 2016山陰ツーリング

thread: 気ままな一人旅

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

砂の女  

前回の続き。
2016年7月下旬、山陰へのオートバイツーリング1日目の話である。

1300時過ぎ、兵庫県豊岡市但東町にある卵かけご飯専門店「但熊」を後にして再びオートバイで走り出した。

国道426号線を北上し、
国道482号線との併走区間、県道2号線、国道312号線、国道482号線へ。
2015年5月に訪れた植村直己冒険館を横目に通り過ぎ、「道の駅神鍋高原」で休憩。

その後、国道9号線に出て鳥取砂丘までこの道を走った。

1600時前、鳥取砂丘に到着。数多ある土産物屋の1つの駐車場にオートバイを駐めた。

梨ソフトクリーム300円を食べ、砂丘へ。
砂丘への歩道の階段にはこんな表示が。

鳥取砂丘201607-2

砂丘へ入って自問。
なんでこんな所に来たんやろう?暑い最中に砂丘って。

1年前にも来ていたここを再訪する理由は特に無かったのだが、他に行くところが無かったので取りあえず、という感じである。

砂の膨大な量に改めて驚きを覚え、今回は何故か安部公房の小説「砂の女」を思い出した。

鳥取砂丘201607-1

10分ほどで砂丘から退散。1年前にも泊まった鳥取市内の宿へ。

この日の走行距離は278㎞。

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 2016山陰ツーリング

thread: ぶらり旅

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

かいせい  

前回の続き。
2016年7月下旬、山陰へのオートバイツーリングの1日目、昼食を取るために「但熊」に立ち寄った話である。

卵かけご飯専門店「但熊」は兵庫県豊岡市但東町にある。
ここまでの道程を記してみる。

自宅から福井県を目指して一旦北上、若狭地方を東西に走る国道27号線に突き当たるとそれを西へ。

途中、休憩で道の駅「うみんぴあ大飯」に立ち寄る。
建物裏の海へ。

道の駅「うみんぴあ大飯」201607

「かいせい」である。
空も海も青い。「快晴」と書くより「皆青」と書いた方が良いかもしれない。

その後、舞鶴市内で国道175号線へ。
海岸を離れ内陸へ南下、国道9号線経由で国道426号線を北上。
1200時過ぎに「但熊」に到着した。
15~20分ほど待ち、店内へ案内された。

但熊201607-2

食事後、同じ敷地内にある大きな熊の形をしたトイレ(女性トイレのみ)を横目に隣の農産物直売所「百笑館(ひゃくしょうかん)」へ土産物を買いに行った。
ここで卵かけご飯専用の醤油{但熊醤油」2本(290円×2)を購入、

1300時過ぎ、再びオートバイにまたがり走り出した。

次回へ続く。
ヘイヘイ。


にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 2016山陰ツーリング

thread: ツーリングレポート

janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

続・T.K.G.  

前回の続き。
卵かけご飯専門店「但熊」へ行った話である。

お昼時ということもあり、満席。その為ただでさえ狭い店内が余計に狭く感じる。
自分が座っているカウンター席は隣の人と肩が擦れ合うほどである。
左隣にはオートバイツーリング中の男性2人組、右隣はスーツ姿のサラリーマンが座っていた。

自分の次に席へ案内された右隣のサラリーマンは4、5個の生卵を一気にご飯にかけ、口の中へ文字通りかきこんでいる。
そりゃあ、かきこむしかないだろう、これだけ生卵をかけると箸でつまめないから。
彼はさらに2、3個の生卵をかけ、食べている・・・いや飲んでいる。ほとんど生卵だからである。
何かに取り憑かれたように生卵を食べ、あっという間に食べ終えるとサアーっと車に乗り込み走り去っていった。

営業先に向かう時間が迫っていたのだろうか。
そしてその営業先の相手は会うだけでかなり疲労してしまう人物なのかもしれない。
だからあれだけ生卵を食べて栄養をつける必要があったのだろう、と勝手に解釈している。

自分はゆっくりと食べ終え店外へ出る。
この「卵かけごはん定食」は360円だった。360円でこの満足。幸せな気分である。

(卵かけごはん定食の写真を撮っていないので、店の写真を掲載・・・)
但熊201607-3


店外ではたまごかけごはんの歌が延々とかかっていた。メロディ-も詞も耳に残る曲である。
実際2、3日の間残っていた。鼻歌を歌っていたこともあった。
(サビの部分の詞を書きたいが、やはり著作権があるだろうから書けない)

後で調べてみると、作詞はT.K.G.プロジェクト(多分T=卵、K=かけ、G=ごはんだろう)。
そして作曲はなんと円広志であった。良い仕事してるねえ。

この卵かけご飯専門店「但熊」は兵庫県豊岡市但東町にある。
ここへは山陰へのオートバイツーリング1日目の昼食を取るために立ち寄った。
2016年7月下旬の話である。

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 2016山陰ツーリング

thread: お店紹介

janre: グルメ

tb: 0   cm: 0

T.K.G.  

どんぶりに盛られたほかほかの白米ご飯の上に生卵をかける。

1個、2個・・・3個目はまだ止めておこう、どんぶりから出そうだから。
ねぎ、きざみ海苔を載せ、卵かけご飯専用の醤油をかける。醤油にはダシが入っているみたいだ。

そしてかき回し、一口ほおばる。

うまい!

卵かけご飯はシンプル(悪く言えば手抜き)この上ないが、最高の日本料理の一つと思っている。
世界中に卵かけご飯の良さが広まれば良いのに。
なぜなら生卵を食べるのは世界で日本人だけらしいからだ。
外国の人から見たら卵を生で食べるのは気持ち悪いらしいが、それは食わず嫌いだろう。
ユネスコの世界文化遺産に選ばれた和食の中に卵かけご飯は入っているのだろうか。

香の物をかじり、みそ汁を飲み、途中3個目、4個目の生卵を追加して食べ進む。

生卵は食べ放題である、この店では。

但熊201607-1

そう、ここは自宅ではない。外食である。
卵かけご飯専門店「但熊」で食べている。

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 2016山陰ツーリング

thread: ランチ

janre: グルメ

tb: 0   cm: 2

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop