つくぶすま68の備忘ログ ホーム »寺社
カテゴリー「寺社」の記事一覧

苔むす方丈小屋  

前回の続き。
盆休みに京都の世界遺産、賀茂御祖(かもみおや)神社(通称・下鴨神社)へ行ってきた話である。

下鴨納涼古本まつり2017-3

境内の馬場で開催された「第30回 下鴨納涼古本まつり」(2017年8月11日~16日)が目当てである。
少し早めに着いてお詣りをし、式年遷宮の費用を捻出するために神社が建てたマンションを見てきた。

下鴨納涼古本まつり2017-4

境内に戻り、準備中の古本まつり会場を眺める。
依然小雨が降っている。

開場後は止んでくれることを祈って、摂社の河合神社へ。

河合神社2017

河合神社は縁結びの神社らしいが、自分には関係が無い。
ここへはお詣りするのではなく、境内の一隅にある方丈の小屋を訪れるのが目的である。
下鴨神社に来たら必ず行なう恒例の行事である。

方丈2017-1

この小屋は「方丈記」で有名な鴨長明の小屋を復元している。

屋根が3年前と比べて良い感じに苔むしている。

(以下は小屋の前の説明板より)
長明は50歳の時、京都の郊外、大原に隠遁した。
大原から方々を転々とし、58歳の頃、京都・伏見の日野に落ち着いた。

方丈2017-2

各地を移動している間、すみかとして仕上げたのがこの方丈である。
広さは約一丈(約3メートル)四方、約2.73坪、約5畳半ほど。
移動に便利なように組み立て式となっている。

良いなあ、こういう小屋に住むのは。
冬は寒そうであるが。

しばらく小屋の前で思いをはせ、古本まつり会場へ。

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

category: 寺社

thread: シンプルライフ

janre: ライフ

tb: 0   cm: 0

下鴨マンション  

盆休みに京都の世界遺産、賀茂御祖(かもみおや)神社(通称・下鴨神社)へ行ってきた。

境内の馬場で開催される「第30回 下鴨納涼古本まつり」(2017年8月11日~16日)が目当てである。
下鴨の古本まつりに来るのは2014年以来、3年ぶりだ。
そのため早めに行って、古本を見る前にお詣りでもしようと思った。

0830時過ぎ、神社西の駐車場にクルマを入れる。
3年前は神社南の駐車場に駐めていたのだが、その南駐車場はもう今は無くなっている。
マンションが建っているからである。
南駐車場を含む神社敷地の一部にマンションを建て、その収入を式年遷宮の費用に充てようとしているからだ。
(2015年3月19日記事参照)

計画発表当時はかなり反対もあったらしいが、結局建ってしまった。
今回はそのマンションも見てみるつもりである。

西駐車場から歩いて表参道奥の鳥居へ向かう。
途中、馬場の古本会場を見る。
1000時開場なのでまだ棚にブルーシートが掛かっていて、準備真っ最中である。

下鴨納涼古本まつり2017-1

小雨が降ってきた。
天候は大丈夫だろうか。

下鴨神社2017-1

本殿にお詣りした後、表参道を南へ歩いていく。
右手に古本会場を見ながら御蔭通りへ向かった。

下鴨納涼古本まつり2017-2

御蔭通りに出ると、南駐車場跡に建った件のマンションが。

下鴨マンション2017

付近の景観に考慮してだろう、どこか和風の趣である。
高級感が漂っており、金持ちしか住めない閑静な隠れ家と表現すれば良いか。
かなりの額のお金が入ったことと思う。
これで式年遷宮が無事執り行われるだろう。

マンション周囲をしばらく歩いて、再び境内に戻った。

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 寺社

thread: 神社・仏閣巡り

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

番匠器名号  

前回の続き。
先月下旬、大阪・四天王寺へ行ってきた話である。

1000時過ぎ、亀を見た後境内を歩く。
見上げると青い空にたなびく白い幟が目に付く。
毎度の事ながら幟に書かれた字のデザインに感心した。

番匠器名号201704-1

2022年の「聖徳太子千四百年御聖忌」に伴う整備事業の一環で、現在中心伽藍の耐震補強、塗装塗り直しの工事が実施されている(2018年完了予定)。
その安全を願ってだろう、宮大工道具で「南無阿弥陀佛」と書かれている。

幟の根元に説明の看板が立っていた。
それによると由来は聖徳太子らしい。
太子は百済より大工(番匠)の技術を持ち込み、大工たちの間では大工技術の始祖と崇め奉られている。
四天王寺の七堂伽藍を創建した際、大地の産物の命を絶ってしまうので番匠器(大工道具)で「南無阿弥陀佛」の名号を書き、
工事安全と無事建立を祈ったと言われている。
実物は軸装で宝物館に収蔵されているが、工事作業時は番匠器名号を旗に変えて作業中の安全祈願として掲揚していると記されていた。

番匠器名号201704-2

「南無阿弥陀仏」の一文字、一文字をじっくり見ていくのもおもろい。

例えば「佛」。
人偏の「ノ」は鋸、縦線は釿(きん、ちょうな)。
「弗」の縦の2本線は鎚2本、「弓」の部分は鑿2本と鎰(かぎ)。

番匠器名号201704-3

青い空の風の中でたなびく幟を見るのは気持ちいいが、ずっと見上げていると首が痛くなる。
そろそろここへ来た本来の目的、「第15回 四天王寺春の大古本祭り」(2017年4月28日~5月3日)のテント巡りを始めようと思う。

次回へ続く。
ヘイヘイ。


にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 寺社

thread: ちょっとおでかけ

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

亀とスッポンと鳩  

前回の続き。
先月下旬、四天王寺へ行ってきた話である。

0950時頃、大阪市営地下鉄谷町線・四天王寺前夕陽ヶ丘駅に到着、四天王寺へ歩いていった。
5分後、中門から境内へ入る。

四天王寺中門201704

ここへ来ればまずは亀、亀である。
休憩室前の小さな池では2匹の亀、一匹のスッポンが甲羅干し。そこへ一羽の鳩がやって来て仲良くひなたぼっこ。

四天王寺亀201704-1

平和だなあ。心が和む風景である。

一方、石舞台を囲む亀の池の甲羅干しは戦争状態。
場所の取り合いである。

四天王寺亀201704-2

それもさることながら、これだけ密集していると池へ戻るのも大変である。
ある亀は甲羅が下にひっくり返ってしまい、体を起こそうともがいている。
のんびりしているように見えるが亀の世界も苦労が多いようだ。

四天王寺亀201704-3

10分ほど亀を見てから、境内を歩く。
五重塔の方を見上げると青い空にたなびく白い幟が目に付く。
毎度の事ながら幟に書かれた字のデザインに感心する。

四天王寺中央伽藍201704

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 寺社

thread: 神社・仏閣巡り

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

今日は京で凶でした  

ゴールデンウィーク中のとある1日、平安神宮へ行ってきた。
このすぐ近くにある京都市勧業館(みやこめっせ)で「第33回 春の古書大即売会」が開催されたので、そのついでにである。

快晴である。オートバイで行った。
0920時、みやこめっせにオートバイを駐め、平安神宮まで歩いて行く。
少し暑い。

2015平安神宮応天門を望む

平安神宮は1895年、平安遷都1100年を記念して創建された。平安遷都を行なった桓武天皇が祭神であったが、
1940年には平安京で過ごした最後の天皇、第121代孝明天皇(明治天皇の父)も祭神に加えられた。

応天門をくぐり境内へ入る。
正面に平安京の大極殿を模した外拝殿が見えた。

2015平安神宮応天門をくぐる

外拝殿の中に入り、賽銭を入れ頭を下げてきた。願い事は特にしなかった。
願い事が無いのではなく、人目を気にしてしまったり、祈ろうとすると妙に気持ちが冷めてしまうのだ。
神社や寺を観光気分で見て、その時ふと思いつく願いの方が祈りに近いと感じるのは自分だけだろうか。

2015平安神宮外拝殿

200円のおみくじを引く。昨年は末吉であったが、今年は凶であった。
1項目を除いて悪いことばかり書いてある。
その1項目が「お産 さわりなし」って・・・
独身男性の自分には関係のないことである。
お賽銭が10円だったのがいけなかったのだろうか。
来年は20円にしてみよう。

交通安全ステッカー500円を購入し神宮を後にする。

平安神宮ステッカー

1000時前にみやこめっせ内の古書大即売会会場前へ。
そろそろ開場だ。

続きは次回へ。
それではヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 寺社

thread: 神社仏閣

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

山里で春を感じる  

みなさん今年の花見はどこへ行かれたのでしょうか。

自分は毎年オートバイで必ず決まった場所へ行っている。
京都市右京区京北町にある常照皇寺である。
先日行ってきた。
関西の都市部ではすっかり葉桜になってしまったが、山里のここではこの時が満開であった。

常照皇寺は光厳法皇(1313~1364)によって1362年(貞治元)に開かれた臨済宗天龍寺派に属する禅宗寺院である。
この山寺が醸し出す隠者が住まうような雰囲気が非常に好きである。
もし自分がアラブの石油王くらいの大金持ちであればこの寺を買いたいくらいだ。

方丈と御車返しの桜

今年の花見はオートバイではなく自動車で行った。
風邪を引いてしまい治りかけであったが、体がいまいち本調子ではない。
風を全身で受けるオートバイは少しキツいと思ったからだ。

京都市街から国道162号線、通称周山街道を北上する。
この周山街道は関西ライダーの定番コースである。
天気が良くライダーが多い。うらやましいし悔しい。オートバイで走ったら最高だろうな。
なんで風邪なんか引いてしまったのだろうか。

桂川堰堤の桜

周山にある道の駅「ウッディ京北」の交差点を東へ右折、国道477号線へ。
道路沿いを流れる桂川の堰堤の桜が散り始めである。
寺の桜はどうだろうか。

周山から15分ほどだろうか。常照皇寺に到着した。
山門前の桜が見事である。

山門前の桜

駐車場に車を停め、石段を上がる。
山門、勅額門をくぐっていくと勅使門越しに「御車返しの桜」が見えてきた。

勅額門下の石段

勅使門越しの御車返しの桜

境内に入って眺める。一重と八重が一枝に咲くこの桜も満開であった。

御車返しの桜

少し奥にある国の天然記念物である「九重桜」はやはり散っていた。
この桜は一足早く咲くみたいである。

国天然記念物九重桜

方丈にあがり座って庭を見る。春の暖かい日差しが心地よい。
こういう所で余生を送れたらなあと思う。

1時間弱ほどいただろうか。

病後の体である。この後は寄り道せずに自宅へ帰ることにした。


それではヘイヘイ。


にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 寺社

thread: 花の京都

janre: 地域情報

tb: 0   cm: 0

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop