つくぶすま68の備忘ログ ホーム »京都の古本まつり
カテゴリー「京都の古本まつり」の記事一覧

南禅寺の猪  

前回の続き。
みやこめっせで開催されていた「第36回 春の古書大即売会」(2018年5月1日~5日)へ行ってきた話である。

昼食後、二条通を通り過ぎる消防車、救急車のサイレンの音、蹴上辺りの上空に留まっているヘリコプターのエンジンの爆音を聞きながら棚を見ていった。

K堂書店のブースで「風車入門」(三省堂 1000円)を見つけた。
帯に椎名誠の推薦文があり、散々迷ったがキープせず、購入もしなかった。

1400時頃まで会場にいて、午後に購入したのは2冊。

S書院のブースで
釧路叢書別巻 釧路捕鯨史 釧路市役所 2007年2版 1500円

釧路捕鯨史

K書店のブースで
平山善吉 南極・越冬記 連合出版 2001年 1500円

南極・越冬記 連合出版

帰宅した後にテレビのニュースで知ったのだが、消防車や救急車が走っていった先は南禅寺であった。
異臭騒ぎがあり、参拝客など24人がのどの痛みなどを訴え、4人が病院へ搬送された。

後日のニュースで原因はイノシシ撃退のスプレー剤だったと報じられた。
南禅寺近くの山林で京都市が委託した業者がカプサイシン含有のイノシシ撃退用のスプレー剤を散布したらしい。

そういえば、自分はイノシシの肉を食べたことがない。
どんな味がするのだろうか?やっぱり豚に似た味なのかな?

ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

category: 京都の古本まつり

thread: お出かけ日記

janre: 日記

tb: 0   cm: 0

消防車や救急車のサイレン、ヘリコプターの爆音  

前回の続き。
みやこめっせで開催されていた「第36回 春の古書大即売会」(2018年5月1日~5日)へ行ってきた話である。

1130時頃、会場を出てみやこめっせ内のレストランで昼食を取ることにした。
窓際のカウンター席へ案内され、エビフライセット1200円を注文した。

ガラス窓越しに空を見る。

みやこめっせ201805-3

曇っているが雨はまだ降っていない。
それはどうでも良いのだが、先ほどから消防車のサイレンがけたたましい。
何台もの消防車がすぐ前の二条通を通り過ぎていく。
何かあったのか?

食後、地下1階屋外の喫煙所でタバコを吸い、1210時頃、会場へ戻った。

会場へ戻っても相変わらず消防車、救急車のサイレンの音。
そしてヘリコプターのエンジンの爆音。

開け放たれた荷物搬入口からそのヘリコプターが見えた。
どうやら蹴上辺りの上空で留まっている。
警察か消防のヘリ?報道のヘリ?

しばらく見上げた後、再び棚を見ていった。

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 京都の古本まつり

thread: ちょっとおでかけ

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

四天王寺ではもう雨は降っているのだろうか  

前回の続き。
みやこめっせで開催されていた「第36回 春の古書大即売会」(2018年5月1日~5日)へ行ってきた話である。

1030時前、会場へ入っていった。
開催2日目。平日ということもあり、人は若干少なめである。

みやこめっせ201805-2

会場右端の棚から順に見ていく。

この日、大阪・四天王寺で開催されていた「第16回 四天王寺 春の大古本祭り」(4月27日~5月2日)へ行くかどうか迷った。
当日四天王寺の古本まつりは最終日。行かなかったら秋まで無い。
しかし朝、曇り空を見て四天王寺はやめてここへ来た。屋外で開催されている四天王寺へ雨の中、濡れたらダメになる本を見に行くこともない。

天気は西から崩れていく。
棚を見ていて四天王寺はもう雨が降っているのだろうか、と思った。

さて、午前中の収穫は2冊。

風に賭ける アラスカの山岳飛行士

K・Sブックスのブースで
ジェームズ・グレイナー 風に賭ける 山と渓谷社 1975年 900円

内容は元より、畦地梅太郎の版画の栞が挟んであったのが購入の決め手となった。

山の本 海南道栞 畦地梅太郎

畦地梅太郎の版画には何故か惹かれる。

そしてP文庫のブースで
中野三敏 近世新畸人伝 毎日新聞社 1977年 500円

近世畸人伝 毎日新聞社

1130時頃、会場を出て昼食を取ることにした。

次回へ続く。
ヘイヘイ。


にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 京都の古本まつり

thread: ショッピング

janre: ライフ

tb: 0   cm: 0

藤の花を見ながら京へ  

0630時頃に起床し、カーテンを開け外を確認すると曇り空である。
天気予報は雨。オートバイではなく車で出かけることにした

途中の山道では藤の花がよく目についた。
新緑の緑の中に紫色が映えていた。

京都市中心街に入った。雨がポツポツと降ってきたがすぐに止んだ。

岡崎にある京都市美術館の横を通る。
本館が再整備工事中らしい。

1020時頃、美術館のすぐ近くにある「みやこめっせ(京都市勧業館)」地下駐車場に車を入れた。
この日は平日のためかガラガラである。

駐車場から地下1階へ上がると毎年恒例の「刀剣まつり」が開催されていた。

それを横目に1階へ上がる。
自分がここへ来た目的はこれ。

みやこめっせ201805-1

毎年恒例の「第36回 春の古書大即売会」(2018年5月1日~5日)である。

次回へ続く。
ヘイヘイ。


にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 京都の古本まつり

thread: 行ってきました!

janre: 日記

tb: 0   cm: 0

定本松浦武四郎  


前回の続き。
1000時頃、京都市営地下鉄・烏丸御池駅で下車した。
地上に上がり御池通りを東へ歩いていく。

高倉通りを左折、北上。

高倉通り201710

10分後、京都古書会館に到着した。

京都古書会館201710

ここの1階で「京都まちなか古本市」(2017年9月30日~10月1日)が開催されていた。

秋のこの時期に古書会館で開かれる催しは初めてだと思う。

中に入り、早速見ていく。
客はそこそこ入っていた。しかし本を見て行くには支障は無い、丁度良い程度。

吉田武三著「定本松浦武四郎」(三一書房)という上下2巻の本を見つけた。

幕末の探検家、旅行家である松浦武四郎関係の本は見つけたら必ず手に取っている。
しかし手に取っているだけの方が多い、なぜなら高いから。

この本もそうなるかと思い、価格を見ると2000円。
即キープした・・・

が、まさか2000円?
価格をもう一度見ると20000円。一桁見間違えていた。
恐るべし老眼・・・
もちろん本は棚に戻した。

1時間ほど中にいて購入したのは3冊。

①蜂須賀正氏 南の探検 平凡社ライブラリー 2006年 1200円

蜂須賀正氏 南の探検

②酒井敏明 世界の屋根に登った人々 ナカニシヤ出版 2005年 500円

世界の屋根に登った人びとナカニシヤ出版

③植田文雄 縄文人の淡海学 サンライズ出版 2000年 700円

縄文人の淡海学

(いずれも税抜き)

古書会館を出て南の夷川通りを東へ歩いていった。

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 京都の古本まつり

thread: ちょっと、お出かけ

janre: 地域情報

tb: 0   cm: 0

2017年夏の糺の森  

前回の続き。
盆休みに京都の世界遺産、賀茂御祖(かもみおや)神社(通称・下鴨神社)へ行ってきた話である。
境内の馬場で「第30回 下鴨納涼古本まつり」(2017年8月11日~16日)が開催されていて、これが第1目的である。

下鴨納涼古本まつり2017-7

摂社の河合神社に展示されている鴨長明の方丈の復元小屋を見た後、古本まつり会場へ戻った。
開場15分前の0945時頃である。小雨は止んだが空は重く低く雲が垂れ込めている。

下鴨納涼古本まつり2017-5

古本まつり会場を南から北へ、端から端まで歩いていく。
各店舗の棚にはビニールシートが掛けられているが、透明のものには早くも客がシート越しに獲物を虎視眈々とチェックしている。
自分もチェックしながら歩く。丸山健二のエッセイ全集は惹かれるものがあった。

途中、会場本部でうちわをもらい、パタパタしながら再び歩く。

下鴨納涼古本まつり2017うちわ

夏休み中の為か、子供の姿がよく目に付く。
古書店関係者の子供なのだろう。天気に関わらず開場前の雰囲気は明るい。

1000時開場、西の列の店を北から見ていく。
小雨は止んでいる。この機を逃さず各店を巡るため、かなり早いペースである。
その為か、何冊か購入しようと思ったが、熟考が足りないのかそこまでには至らず。

下鴨納涼古本まつり2017-6

1130時前、全店巡って収穫は無し。
結局、購入を一旦考えた本の中で

西脇昌治 南極行の記 1947/48 捕鯨船団での日々 北泉社 1990年 800円

の1冊のみを得て、帰途に就いた。

南極行の記1947/48捕鯨船団での日々

ヘイヘイ。


にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
-- 続きを読む --

category: 京都の古本まつり

thread: 京都

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

スズキ・ジムニーの本かと思ったら  

前回の続き。
5月初め、京都・岡崎へ行ってきた話である。

0940時頃、京都市勧業館、通称みやこめっせに到着。
ここで開催されていた「第35回春の古書大即売会」(2017年5月1日~5日)が目的である。

「第35回春の古書大即売会」看板

地下1階の喫煙コーナーで煙草を一服。
1000時前、古本祭り会場へ。
50人ほど開場を待っていただろうか。

1000時開場。
待っていた人たちは静かに会場内へ散っていった。
自分は会場奥に向って右側から本を見ていく。

「第35回春の古書大即売会」開場直後

今回、クルマのカタログを大量に出品していた店が何店かあった。
自分が初めて買ったクルマのカタログを以前から探しているのだが、今回も見つからず。

「JIMNY」という文字が目に飛び込んできた。
スズキの軽4駆、ジムニーの本かと思い、手に取ってみたらジェームズ・ディーンの本だった。
本のタイトルをよく見ると「JIMNY」ではなく、「JIMMY」だった。

1130時、会場右半分のブースを見終わったところで昼食をとることにした。収穫は今のところ無し。
みやこめっせ内のレストランへ行き、カツカレー(サラダ付き)1200円を食べる。
1200円の価値があるかどうか・・・取りあえず完食。

喫煙コーナーで一服。
空が青い。見上げたまましばらくボーッとしていた。

「第35回春の古書大即売会」喫煙コーナー空

1200時過ぎ会場へ戻ると会場の一隅に人だかりが。

「第35回春の古書大即売会」木版画刷1

木版画刷の実演である。
刷り師(と言うのかな?)の方はまだ若かったが、客の質問によどみなく答えられていた。
自分の芯をしっかりと持っているように見える。うらやましい。

「第35回春の古書大即売会」木版画刷2

その後、本を見ていったが、結局収穫は無し。
京都の古本まつりでは昨年秋の百万遍・知恩寺に続いての収穫0冊である。
自分の中の古本熱が冷めてきたのだろうか。

1400時、会場を出た。

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 京都の古本まつり

thread: 日帰りお出かけ

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

タケノコ  

5月初旬の朝、京都市街へ向う山道をオートバイで走っていた。
五月晴れである。風が心地良い。しかし日中は暑くなるだろう。

あるカーブを曲がった時、路上に何か落ちているのを見つけた。

カーブレゴ201705

タケノコだ!対向車線に1つ落ちていた。

多分山菜採りに行ったクルマが落としたのだろう。
オートバイを駐めて拾おうかと思ったが、路側が狭く、見通しがきかないブラインドカーブ、交通量が多いため諦めた。
うまそうなタケノコだったなあ。しかし・・・タケノコってどうやって料理するんや。

市街に入り、岡崎へ。
動物園や美術館、平安神宮があるこの地はいつも観光客が多く、賑やかである。
しかし車道や歩道の道幅が広いので、混雑している感じはしない。
街中なのに5月の青く広い空が満喫できる。京都市内で最も好きな場所である。

みやこめっせ201705-1

0940時頃、京都市勧業館、通称みやこめっせに到着。
ここで開催されていた「第35回春の古書大即売会」(2017年5月1日~5日)が目的である。

次回へ続く。
ヘイヘイ。


にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 京都の古本まつり

thread: 日帰りお出かけ

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

あっさりと百万遍の古本まつり  

前回の続き。
京都・百万遍の知恩寺で開催されていた「第40回秋の古本まつり 古本供養と青空古本市」(10月29日~11月3日)の話である。

昼食を取った後、知恩寺までの緩い坂道を歩き、1200時過ぎに正門に到着。早速棚を見ていく。
今年40回を迎えた秋の古本まつりは今回18店舗が出店した。

知恩寺正門201610

毎日新聞10月4日号の暮らし欄にこの秋の古本まつりと主催する京都古書研究会の特集記事が載っていた(多分関西圏のものだけだろう)。
それによると、1970年代半ば頃、京都の古書店の若手が集まると、東京、大阪のような活気がないという話になった。
何か盛り上がり策がないかと考え、青空の下で古本まつりを開催することにしたらしい。
その古本まつりは毎回延べ10万人以上が足を運ぶまでになり、今回も休日正午過ぎということもあり人出が多かった。

知恩寺境内201610-1

参道西側の棚をまず見ていったのだが、収穫は無し。
迷った末に購入をやめた本は一切無く、心の琴線に触れる本が全く見つからなかったのだ。
阿弥陀堂外周の全集・大型本コーナーや参道奥にある大殿・西面の熊本地震災害義援金チャリティーコーナーも見たが同じく収穫は無し。

全集大型本コーナー201610

1300時からは鐘楼で行なわれたチャリティーオークションを見物。

チャリティーオークション201610

その後参道東側の棚を見ていったが収穫は無かった。
東京、京都と二日続けての古本まつり巡り。2日目の京都はやはり集中力が落ち、おもろい本を見つけられなかったのだろうか。

知恩寺境内201610-3

あっさりと1400時頃会場を出て帰途についたところで、あっさりと今回の記事はこれで終わり。

ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 京都の古本まつり

thread: 京都

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

清風荘庭園裏の駐輪方法  

前回の続き。
京都・百万遍の知恩寺で開催されていた「第40回秋の古本まつり 古本供養と青空古本市」(10月29日~11月3日)の話である。

1130時頃、京阪電車・出町柳駅で降り、今出川通りと並行する裏道を百万遍を目指して歩いて行く。

出町柳から百万遍へ201610-1

この道を歩く度にいつも考えてしまうことがある。ここ以外で見たことがない不思議な光景に出会うからである。

出町柳から百万遍へ201610-2

清風荘庭園の高い塀の前に小川、というより溝があるのだが、その溝を跨ぐようにいつも自転車が駐輪されているのだ。
普通であったら道に対して平行に駐輪すると思うのだが、なぜ直角に?

清風荘庭園裏の駐輪201610

何年か前、最初にこの光景に出会った時はイタズラかと思った。
その時は5,6台の自転車が溝を跨いで駐輪していた。
しかし翌年の古本まつりで再びこの道を歩くと同じ駐輪の仕方であったので、誰かが何らかの意図を持って駐めているのだと知った。
それと共に上記の疑問が湧いてきたのだ。

自分が考えるに溝と平行に駐めたら、自転車が強風等で倒れた際、溝に落ちてしまうから、ということである。
それなら道向かいの建物前に駐めたら良いと思うのだが、出入り口がふさがれる等の駐められない事情があるのだろう。
聞いてみたいのだが、未だに自転車の所有者に出会わないので理由はわからないままである。

ちなみに帰りもこの道を通ったのだが、やはり所有者に出会わず、この疑問が解けるのは多分来年の秋までお預けとなるだろう。

百万遍交差点201610

約10~15分歩いて百万遍に到着。
昼食をファストフード店で取り、知恩寺へ向かった。

百万遍交差点から知恩寺へ201610

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村


category: 京都の古本まつり

thread: 京都

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop