つくぶすま68の備忘ログ ホーム »スポーツ
カテゴリー「スポーツ」の記事一覧

フィールドゴールが決まらないし、腹も減ったし  

前回の続き。
心斎橋駅から大阪市営地下鉄・御堂筋線に再び乗り、長居へ向かう。

1300時、長居駅に到着。ヤンマースタジアム長居を目指す。

ヤンマースタジアム20161105

昼食をまだ食べていない。スタジアム内で何か買って試合を見ながら食べよう。
ここでは1300時から関西学生アメリカンフットボールリーグDivision1第6節、関西大学カイザースと立命館大学パンサーズの試合が行なわれていた。

関大立命電光掲示板201611

Division1(1部リーグ)は8校総当たりで7節を戦う。

今季のDivision1は
・立命館大(昨季1位)
・関西学院大(昨季2位)
・関西大(昨季3位)
・京都大(昨季4位)
・神戸大(昨季5位)
・龍谷大(昨季6位)
・同志社大(今季昇格)
・甲南大(今季昇格)
である。

この時点で立命館大は5戦全勝、関西大は4勝1敗である。
関西大は前節、関西学院大に37対2で大敗している。
この試合では関西大が立命館大にどこまで食らいついていけるかが見所である。

関大立命201611

1315時、1200円を払い入場。関西大側の席へ行く。
スコアを見ると既に7対0で立命館大が先制。第1クオーター2分2秒に16ヤードのランでタッチダウンを決めたらしい。
しかしその後は大接戦。第2クオーター終了直前に立命館大がフィールドゴールを決めて10対0、立命館大リードで前半を終えた。

関大立命201611-2

ハーフタイム時、腹が減ったので1台だけのワゴンの出店を覗くが食えるものが無い。
昼飯は抜くことにした。

後半は関西大のペース。パスがおもろいように決まる。しかし攻撃の詰めが甘く、点が取れない。
第3クオーター11分26秒でようやく関西大がタッチダウン、しかしフィールドゴールが決まらず6点止まり。
この日の関西大はフィールドゴールが全然決まらない。風が強かった為か?

1500時過ぎ試合が終わり、10対6で立命館大が勝って6戦全勝を守った。
一方関西大は4勝2敗、優勝の可能性は無くなった。

関大立命試合結果201611

両校のエール交換を見た後スタジアムを出て、寄り道せずに帰宅した。
ああ、腹が減った。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: スポーツ

thread: 近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)

janre: 地域情報

tb: 0   cm: 0

5年ぶりと2年ぶり  

前回の続き。

アメリカンフットボール関西学生リーグDivision1の全7節の試合が終了、第5節の試合を見に行った話である。
前回記事で得点を書くのを忘れていた。

立命館大 31 対 関西大 3

である。

関大対立命2015電光掲示板

この試合は西京極陸上競技場兼球技場で行なわれたが、
その隣の「わかさスタジアム」では野球の関関戦、関西大と関西学院大の野球の試合があり5対0で関西大の勝利。

関西大の投手、4回生の石田選手はこの日6安打に抑えて完封勝ち。25年ぶり10人目となる通算30勝を達成した。
大リーグで活躍した長谷川滋利(立命館大)以来らしい。

関関同立戦2015ポスター選手

話を戻す。
Division1の確定順位を以下に記す。

1位 立命館大パンサーズ ②

2位 関西学院大ファイターズ ① 
3位 関西大カイザース ③
4位 京都大ギャングスターズ ⑦
5位 神戸大レイバンズ ⑤
6位 龍谷大シーホース ⑥

7位 近畿大デビルズ ④
8位 桃山学院大サンダーリングリージョンライオンズ

(チーム名の後の○数字は昨季の順位。桃学大は昨季Division2)

立命館大は5年ぶりの優勝。

11月29日、甲子園ボウル出場をかけた西日本代表校決定戦を西日本4地区(東海、北陸、中四国、九州)代表の西南学院大グリーンドルフィンズ(九州)と戦い、48対17で勝利。
12月13日の甲子園ボウルで東日本代表の早稲田大ビッグベアーズと対戦する。

7位、8位はDivision2との入れ替え戦へ。

近畿大はDivision2 Bブロック1位の同志社大ワイルドローバーと、
桃山学院大はDivision2 Aブロック1位の甲南大レッドギャングと12月6日に戦った。

近畿大は14対21で敗れ5年ぶりにDivision2に降格、同志社大は1年でDivision1に復帰、
桃山学院大は3対9で敗れ1年でDivision2に降格、甲南大は5年ぶりにDivision1に復帰する。

Division1の来季は新たな2チームを迎えてリーグ戦を戦うことになった。

ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: スポーツ

thread: スポーツニュース

janre: ニュース

tb: 0   cm: 0

マイナス17ヤード  

アメリカンフットボール関西学生リーグDivision1の今季全7節の試合が終了し、順位が確定した。

自分は第2節と第5節の試合を見に行った。
第2節の試合は以前に記事を載せたので今回は第5節の試合について少し触れたいと思う。

この第5節から昨季上位3校の直接対決が始まる。
昨季2位の「立命館大パンサーズ」、対するは昨季3位の「関西大カイザース」の試合である。

関大対立命2015-2

この勝者が昨季優勝、V6を狙う(2010年は立命大、関西大、関学大の3校同率優勝)「関西学院大ファイターズ」への挑戦権を得ると言っても良い。

当日阪急京都線の西京極駅で下車。
駅のすぐ近く、西京極陸上競技場兼球技場へ。

向かう途中の「わかさスタジアム」では野球の関関同立戦の1試合、関関戦(関西大 対 関学大)が行なわれていた。

関関同立戦2015ポスター応援団

入場料1200円を払い場内へ。
1500時に試合が始まった。

関大対立命2015-1

第1クオーター、立命大は関西大のパスをインターセプト、その直後の攻撃シリーズで先制タッチダウン。
その後は立命大のペース。圧倒的な攻撃力、守備力で関西大を文字通り粉砕した。

試合結果の得点だけでなくデータもそれを物語っている。

ランでの獲得ヤードが立命大が259ヤードに対し、関西大はマイナス17ヤード。
えっ!?マイナス??
なんとまあ・・・
(パスの獲得ヤードは立大82yds、関大174yds)

関大応援団旗

自分は途中の第4クオーターに関西大のパスを立命大がインターセプトした時点で帰ってしまった。
この試合を見るなら隣のわかさスタジアムで行なわれていた野球の関関戦を見ていた方が良かったかなあと思ってしまった。

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: スポーツ

thread: スポーツニュース

janre: ニュース

tb: 0   cm: 0

攻めきれなかった3本足のカラスたち  

前回の続き。

アメリカンフットボール関西学生リーグDivision1(1部リーグ)の試合を見に行った話である。

阪急・王子公園駅を出てすぐの王子スタジアムへ向かう。
この日見に行ったのは第2節、関西大カイザース(昨季3位)対神戸大レイバンズ(昨季5位)の試合である。

神戸大のチーム名「RAVENS」だが「レイブンズ」と読まず「レイバンズ」と読んでいる。
「3本足のカラス」に対応する英語が無かったためらしい。

入場料1200円を払い関西大側の観客席へ向かう。
試合開始に間に合わず、第1クウォーターの途中だった。
この時点で関西大が7対0でリードしていた。

2015関神戦1

両チームとも一進一退。結局前半は10対0で折り返した。

ハーフタイムのチアガールのパフォーマンスだが
関西大の時は音割れがひどく、途中でとうとうBGMが途切れてしまうアクシデントがあった。
それでもけなげに続ける関西大のチアガールたち。

2015関神戦3

この日一番のベストプレイと思ったのは試合ではなく、このパフォーマンスだった。

この後、脳卒中予防のキャンペーンがあり後半開始。

2015関神戦4

神戸大は結構パスが通り、良い試合をしている。
格上の関西大と互角の勝負をしている。
しかし、最後の最後でインターセプトされたりして詰めが甘い。

2015関神戦5

これが実力の差というものだろう。

試合は関西大が24対0で勝利。神戸大は結局得点できなかった。

2015関神戦2

この後、関西学院大と京都大の試合が行なわれたのだが、見ずに帰宅した。

ちなみに35対16で関西学院大の勝利。
京都大は初戦・立命館大戦で44対0と大敗したが、第2戦は健闘したと言って良い。
強豪2校との対戦を終えた京都大が今後どこまで勝利数を伸ばせるかも今季の見所の1つである。

阪急・王子公園駅のホームからは関京戦の観客が続々とスタジアム入りするのが見えた。
やはり伝統の一戦は人気がある。

2015関神戦7

小豆色の電車がホームに入ってきた。
そそくさと乗り込み、神戸を後にした。

それではヘイヘイ。


にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: スポーツ

thread: 近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)

janre: 地域情報

tb: 0   cm: 0

V6を阻むのは豹か、それとも皇帝か  

前回の続き。

京都・河原町から阪急に乗り神戸へ向かった。
アメリカンフットボール関西学生リーグDivision1(1部リーグ)の試合を見るためである。

このリーグは全8校が総当たり戦、7節まで戦う。

1位は甲子園ボウル出場をかけて西日本4地区(東海・北陸・中四国・九州)の代表と戦う。
7位、8位はDivision2との入れ替え戦に臨む。

関西学院大の5連覇(2010年は3校同率優勝)で終わった昨季は下位チームの動きに目が行った。

京都大は7位に終わり創部以来初の入れ替え戦を戦った。
相手は追手門学院大。総監督は京都大の前監督、水野彌一氏である。
結果は52対0で圧勝。残留を決めた。

最下位8位の同志社大は桃山学院大と戦い、14対31で破れ降格した。
桃山学院大は37年ぶりの1部復帰となった。

さて今季はどうか。
やはり関西学院大ファイターズの優勢は変らない。それを追う立命館大パンサーズ、関西大カイザース。
昨季の3強が優勝を争うことになるだろう。

20150827朝日新聞関西学生リーグ

(どこかに載っていた朝日新聞の記事を転載。どこだったっけ?思い出せない・・・)

この日見に行ったのは第2節、関西大カイザース対神戸大レイバンズの試合である。

ちなみに第1節の試合結果を以下に記しておく。

立命館大(昨季2位) 44 ー 0 京都大(昨季7位)

神戸大(昨季5位) 28 ー 16 近畿大(昨季4位)

関西大(昨季3位) 27 ー 0 龍谷大(昨季6位)

関西学院大(昨季1位) 50 ー 0 桃山学院大(昨季Division2)


河原町からは十三(じゅうそう)経由で王子公園駅まで行く。

201509王子公園駅横断幕

駅を出るとすぐに試合会場の王子スタジアムである。

続きは次回。
それではヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: スポーツ

thread: 近畿地方(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)の各府県の駅前路線情報

janre: 地域情報

tb: 0   cm: 0

雷軍団が37年ぶりに帰ってくる  

12月に入り、関西の学生アメリカンフットボールで注目すべき3試合が行なわれた。

まずは12月14日の学生日本一を決める第69回甲子園ボウルである。

西日本代表の関西学院大学ファイターズが東日本代表の日本大学フェニックスを55対10で破り、
4年連続27回目の学生王者となった。
関西学院大は来年1月3日に東京ドームで開催される第68回ライスボウルで社会人王者の富士通フロンティアーズと対戦する。

毎日新聞20141215

あと2試合は12月7日に行なわれたDivision1-2の入れ替え戦である。

世間の注目が集まったのは京都大学ギャングスターズ 対 追手門学院大学ソルジャーズであろう。

名門京都大は創部以来初めての入れ替え戦を戦うことと
追手門学院大の総監督が京都大前監督の水野氏であることで大きく報道された(と自分は思っている)。

結果は京都大が52対0で圧勝、Division1残留を決めた。

しかし注目すべきだったのは同志社大学ワイルドローバー 対 桃山学院大学サンダーリングリージョンライオンズの入れ替え戦の方だったかもしれない。

同志社対桃学20141207

同志社大は14対31で破れ、1年でDivision2に再陥落、桃山学院大は37年ぶりにDivision1に復帰したからだ。
桃学OBの方は驚喜したことだろう。

桃山学院大の長いチーム名だが英語表記では「Thundering Legion,Lions (雷軍団の勇者)」となる。
ホームページによるとローマ帝国軍の故事に由来するらしい。
ローマ皇帝マルクス・アウレリウス(A.D.121~180)の時代、ゲルマン系のクアディ人と対戦中にローマ軍のキリスト教徒の兵士たちが神に祈った。
すると急に雷雨となり、敵の多数は落雷で死に勝利をつかむことができたと伝えられている。
キリスト教系の大学である桃山学院大のアメフト部の呼称としては相応しいものである、と記されていた。

同志社14対31桃学20141207

今季の関西学生リーグ関係の試合はほぼ終了した。
来季はどのようなシーズンになるだろうか。
1年先が待ち遠しい。


にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: スポーツ

thread: スポーツニュース

janre: ニュース

tb: 0   cm: 0

思わぬ形で師弟対決実現  

アメリカンフットボール関西学生リーグDiv.1の最終節(第7節)が11月22日~24日の3連休に行なわれている。

通常なら優勝をかけた関西学院大ファイターズと立命館大パンサーズの全勝対決が注目されるところである。
しかし自分は京都大ギャングスターズについて書こうと思う。

京都大はこの最終節まで1勝しかしていない。
22日の関西大カイザース戦で負ければ1947年創部以来初めてのDiv.2(2部)との入れ替え戦を戦うことになってしまう。

で、試合結果はというと

京都大は12対14で競り負け、7位(8校中)が確定、入れ替え戦に回ることが決定した。

京都大は第3クオーターまで12対7とリードしていたが
最終第4クオーター残り50秒で関西大に8ヤードタッチダウンパスを決められ逆転された。
その直後の攻撃で京都大はロングパスを試みたが、インターセプトされ万事休す、試合が終了した。

入れ替え戦は12月7日、Div.2Aブロック1位の追手門学院大ソルジャーズと戦うことになる。

この追手門学院大の総監督を務めるのが名将水野彌一氏だ。
京都大の前監督で、栄光の歴史を作り上げたその人である。

その追手門学院大と対戦することになった京都大学。
前監督と現監督の師弟対決がこのような形で実現してしまうとは両者ともに複雑な思いがあるだろう。

何はともあれ12月7日の試合に是非注目したい。

追手門学院大学ソルジャーズ

ちなみに7位以下が確定している同志社大ワイルドローバーは
Div.2Bブロッック1位の桃山学院大サンダーリングリージョンライオンズ(長い名前だ)と同じく12月7日に入れ替え戦を戦う。

冒頭に書いた全勝対決は関西学院大が立命館大を21対7で下した。5年連続54回目のリーグ優勝である。
ちぇっ!また関学かよ。おもろないなあ。

関西学院大は甲子園ボウル出場をかけた西日本代表決定戦に出場することが決定した。
相手は東海学生代表の名城大ゴールデンライオンズで11月30日に試合が行なわれる。

リーグ戦は終わってしまったが
まだまだ熱い戦いが続く学生アメフトである。
目が離せない。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村



category: スポーツ

thread: スポーツ

janre: ニュース

tb: 0   cm: 0

崖っぷちのギャングたち  

アメリカンフットボールの関西学生リーグdivision.1第3節が9月27、28日に行われた。

昨季の上位4校のうち関西学院大、立命館大、関西大の3校は順当に勝って開幕から3連勝である。
しかし京都大学ギャングスターズ(昨季同率3位)の1校のみが今季苦戦を強いられている、というより危機に瀕している。

9月27日、近畿大学デビルズ(昨季6位)に19対27で敗れ開幕3連敗を喫した。

3戦とも相手が昨季の下位校である。
次の同志社大学(今季division.2より昇格)戦の後はシーズン最終戦まで昨季の上位3校との対戦である。
今回の敗戦により同校史上初の入れ替え戦が現実味を帯びてきた。

関西学生アメフト20140927-28

1年ごとに選手が入れ替わる学生スポーツでは昨季とは別のチームになってしまう。
選手の層が厚い強豪私立大も例外ではないのだから公立大なら尚更であろう。

しかしそれが学生スポーツの「おもろい」ところである。同じチームが毎度毎度勝っても見ている方は「おもろない」。

例えば今回の記事に書いている関西学生リーグでは1948年~1981年の34季連続で関西学院大が優勝している。
同じチームが34回連続優勝・・・。
見ている方は非常につまらない、スポーツ観戦の高揚感をまるで感じないだろう。
このことはアメフト人気の低下や硬直化につながったのではないか。

その関西学院大の連続優勝記録を阻止したのがこの京都大である。
これがなかったらますます硬直化していっただろう。

その後の立命館大の台頭や、2009年関西大の61年ぶりリーグ制覇と甲子園ボウル2度目の制覇等で
アメフトは自分の中で非常に「おもろい」ものになってきた。

その大元のきっかけとなった京都大には是非がんばってほしいと思うと同時に
同じチームがdivision.1にいつもいるというのも「おもろない」ので今季は入れ替え戦を戦ってほしいとも心のどこかでは思っている。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: スポーツ

thread: 雑記

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

竜の落とし子が竜になるかも  

前回記事にも書いた通り、アメリカンフットボールの関西学生リーグdiv.1が8月29日に開幕した。
その翌日に発売された雑誌があり購入した。

タッチダウン №544 2014年10月号 タッチダウン(株)

タッチダウン201410

アメリカンフットボールの月刊専門誌である。
主に国内の学生、社会人チームの話題が載っている。

そしてリーグ開幕前後に発行される号には毎年別冊付録が付いており、今年は今号がそれになる。

「2014 COLLEGE FOOTBALL TEAM GUIDE」と題されたこの小冊子には
全国学生リーグ1部の全チーム、全選手名、スタッフ名が載っている。
そして各チームの歴史やデータ等も網羅されており、読み物としても面白い。

自分が一番「おもろい」と思うのはチーム名の由来である。
印象に残った2校を挙げたい。

1校は関東大学1部リーグTOP8の早稲田大学ビッグベアーズである。
勘の良い方は「まさか!?」と思われたかもしれないが、その「まさか!?」である。

大学創始者である大隈重信に因んで命名されている。
「おおくま」→「大熊」→「ビッグベアー」
だれが考えてだれが採用したのだろうか。

もう1校は関西学生リーグdiv.1の龍谷大学シーホースである。

大学名に因んでドラゴンに関する名称を考えたらしいが、
まだまだ弱すぎてタツノオトシゴというのが精一杯という非常に謙虚な発想から命名されたらしい。

龍谷大は2011年に3度目のdiv.1昇格を果たして5位になり、昨2013年シーズンも5位であった。
力をつけてきており、もしかしたら今年は4強(関学、立命、関大、京大)の一角を脅かす存在になるかもしれない。

と思っていた矢先に初戦、京都大ギャングスターズを14対9で下した。

次戦の関西大カイザースとの対戦が楽しみである。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: スポーツ

thread: 雑誌

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

ブラジルでもフランスでも敗れた  

日本時間の6月15日(日曜日)に日本はブラジルで、そしてフランスでも戦っていた。

現在ブラジルで行なわれているワールドカップサッカーだが
日本代表は予選リーグ初戦、コートジボワールに1対2で敗れた。

まだ残り2戦あるので期待したい。

一方フランスで戦っていた競技はこれで完全決着。次は来年だ。
それはル・マン24時間レースである。
(日本時間14日2200時スタート、15日2200時ゴール)

ワークス勢ではトヨタが出場。
アウディ、ポルシェと予選では三つ巴の戦いになった。
その結果、トヨタの7号車がポールポジションを獲得した。
7号車のドライバーの一人である中島一貴は日本人初の獲得だ。

photo-067-1_convert_20140616231304.jpg

そして日産は特別エントリー枠「ガレージ56」の適用を受けて出場。
110kW電力モーターと
重量40㎏で400馬力の1.5リットル3気筒ターボエンジン(!!!)
の組み合わせというユニークなパワートレインを持っている。

sub02_zeod_convert_20140616230228.jpg

それよりもユニークなのはマシンの外観だ。
バットマンが乗るバットモービルみたいな特異な外観は注目に値する。
(一昨年のマシンカラーは黒で本当にそっくりだったが今年は白)

また日産はエンジンをプライベーターに供給している。
予選では下位クラスのLMP2クラスではトップ7を独占した。

140613-01-03.jpg

そして決勝だが、

日産の「バットモービル」は開始後約24分でリタイア。

ポールポジションのトヨタ7号車は開始後約14時間後、電気系のトラブルでリタイア。

総合優勝はアウディ2号車。2位にもアウディ1号車が入り1-2フィニッシュ。アウディはル・マン5連覇。
3位はトヨタ8号車が入ったが1991年のマツダ以来となる日本車総合優勝はできなかった。

下位クラスのLMP2クラスでは日産エンジン搭載車両が1~5位を独占し、
日本車勢として一矢を報いた。

ここは本に関するブログなので1冊紹介する。

AUTO SPORT特別編集 ル・マン24時間2012 三栄書房 

IMGP0062_convert_20140617001656.jpg

トヨタが1999年以来のル・マン復帰をし、例の日産の「バットモービル」初登場の2012年、
ル・マンは自分の中で久々に盛り上がった。そのレース後に出版されたムックである。

やっぱり「バットモービル」はかっこいいなあ。

IMGP0069_convert_20140617001733.jpg

↑付録のポスター

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: スポーツ

thread: ムック本

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop