FC2ブログ
つくぶすま68の備忘ログ ホーム »新刊を買う
カテゴリー「新刊を買う」の記事一覧

ピンクのレシート  

前回の続き。
昼食後、河原町通りに出て「丸善 京都本店」へ。

今年8月、京都で10年ぶりに復活した丸善へ行くのは2回目である。
BALビルの地下へ下りていく。

京都本店開店記念の限定500缶、ハヤシビーフの缶詰がまだ売っていた。
1缶2000円もするから売れ行きが悪いのはわかる。自分も前回来店時同様、迷ったが結局買わなかった。
次回来店時、もしまだ売れ残っていたらその時は買ってみよう。

買った本は以下の2冊。

①テレビブロス関西版 2015年11月7日号 東京ニュース通信社

②千松信也 けもの道の歩き方 リトルモア 2015年

テレビブロス関西版20151107

①AKB48が表紙である。
NHK連続テレビ小説「あさが来た」の主題歌である「365日の紙飛行機」は彼女らが歌っているが自分は非常に気に入っている。
歌が流れている間のアニメーションも良い。
今年の紅白はこの歌で決まりか。

けもの道の歩き方

②京大卒の猟師、千松氏のエッセイ。
処女作「ぼくは猟師になった」(リトルモア 現在は新潮文庫)の続編になる。
この人の次回作が出版されるのを待っていた為、店頭でこの本を見つけると同時に中身も見ずに買い物かごへ入れた。

会計時、ジュンク堂と同様「秋の読書キャンペーン」対象のピンク色のレシートをもらった。
ジュンク堂と丸善のレシートの金額合計が4000円に達していたため後日景品と交換しに行った。
2000円で手拭い1本なので茶色と緑色の2本を貰った。
手拭いで文庫本カバーを作ることができるらしく、作り方が書いてあったがなんか面倒くさそう。
普通に手拭い本来の用途で使用した方が良さそうである。

手拭いジュンク堂丸善2015秋

丸善を出た後、近くの新古書店に寄ろうかと考えたが、気分が乗らなかったので帰宅した。

ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 新刊を買う

thread: この本買いました

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

ユカワ  

前回の続き。
「機動戦士ガンダム ジ・オリジンⅡ 哀しみのアルテイシア」を観に行った話である。

映画を観る前にジュンク堂書店京都店に立ち寄り、店内エスカレーターで4階へ。

4階へ登りきったその目の前の壁に黄色がかったポスターが貼ってあった。
寄藤文平のイラストが印象的な

元素手帳2016 化学同人 2015年

のポスターである。

「元素手帳2016」とは「元素生活」(化学同人 2009年)の手帳版らしい。

「元素生活」の著者は同じく寄藤文平で111個すべての元素の基礎知識が彼のイラスト入りで楽しく書かれている。
自分はこの本を所持しているので「元素手帳2016」に興味を持ち、実物を手に取ってみた。

元素手帳2016

全体がポスターと同じく黄色でまとめられており、ポップな感じで所有欲を非常にくすぐった。

見開きが1週間のページの上部には理系学者の名言が記載されている。
パラパラと見て印象に残ったのは湯川秀樹(1907~1981)の言葉である。
説明するまでもないが、彼は1949年に日本人で初めてノーベル賞(物理学賞)を受賞した。

「一日生きることは、一歩進むことでありたい。」

前向きである。あまり自分とは関係無いような言葉である。

手帳には元素周期表はもちろん、元素の基礎データや単位の説明等が載っている。
長さの単位で「ユカワ(y)」というものがあるのを初めて知った。
もちろん湯川秀樹にちなんでおり「1×10のマイナス15乗メートル」を表わしている。

少々大きいが携帯用の手帳として購入、買い物かごに入れ1階の中央レジへ。

会計を済ませるとピンク色のレシートをもらった。
これはジュンク堂書店と丸善が行なっている「秋の読書キャンペーン」でこの色のレシートは10月27日~11月9日まで発行された。
そしてレシートの金額に応じて景品と交換できる。景品は以下の通り。

・2000円ごと オリジナル手ぬぐい
・5000円ごと オリジナルマグカップ
・10000円ごと 図書カード5000円分

新刊1万円分が実質半額の5000円で買える計算である。

景品交換期間は11月16日~11月29日である。

新京極垂れ幕201511

ジュンク堂を出て、四条通、新京極通を再び通り映画館まで戻った。

続きは次回。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村


category: 新刊を買う

thread: 書店

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

新京極と四条を歩いて  

前回の続き。
「機動戦士ガンダム ジ・オリジンⅡ 哀しみのアルテイシア」を観に行った話である。

上映開始までまだ時間があるので、1000時過ぎの新京極通を南下して四条通まで歩いて行く。

新京極201511-1

この通りを歩くのは本当に久しぶりだ。日中は人がごった返し、到底歩く気にはなれない。
しかしこの時間は閑散として人影もまばらである。

新京極201511-2

交差する四条通に到着。

最近この通りは歩道を1.5倍に拡幅し、車道を4車線から2車線へと狭くした。
歩行者の混雑緩和のためらしいが、街中の車道を狭くするこの取り組みは非常に珍しいのではないか。

四条通201511

四条通を歩き、この通りに面したジュンク堂書店京都店へ行く。

前回記事で紹介した隔週刊テレビ雑誌「テレビブロス関西版」の最新号と、おもろそうな本があれば買おうと思ったからだ。

まず1階の雑誌売り場へ。しかし「テレビブロス」は無かった。
この雑誌はテレビ雑誌の中でもマイナーな存在なのか、店頭で売っていない書店、コンビニが圧倒的に多いのだ。
だから売っている自宅近くの書店を自分は全て把握しており、売り切れの事態に対処している。
ジュンク堂で買おうとしたのは今回が初めてである。
しかしまさかここで売っていない(売り切れか?)とは思わなかった。

店内を見て回ることにする。
エスカレーターで3階へ。
ここで以前から購入しようと思っていた

清水克行 高野秀行 世界の辺境とハードボイルド室町時代 集英社インターナショナル 2015年3刷

を買い物かごへ入れる。

世界の辺境とハードボイルド室町時代

そして同じ階の文庫コーナーで毎年備忘録代わりに使っている「文庫手帳2016」(ちくま文庫)を手に入れようとしたが、見つからなかった。

再びエスカレーターに乗り4階へ。
4階へ登りきったその目の前の壁に黄色が印象的なポスターが貼ってあった。

続きは次回。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村


category: 新刊を買う

thread: 書店

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

そう言えば最近ハヤシライスを食べてないなあ  

前回の続き。
10年ぶりに京都へ帰ってきた丸善京都本店へ行った話である。

河原町通りを三条から南下してすぐ京都BALビルが見えてきた。

京都BALビル

(ビルの写真は河原町通りを渡って撮影)

京都BALビルも2年7ヶ月の改築期間を経て戻ってきた。
ちなみに改築以前に入っていた書店はジュンク堂だった。

地下に下りていく。
天井が意外にも高く感じ、広くて明るい。

売り場の一角には1907年(明治40年)に三条通麩屋町に開設された京都支店時代からの写真や当時の瓦屋根の一部、店頭で着用された半纏や前掛けなどが展示されている。

その近くには限定500缶のハヤシビーフの缶詰(2人前)が売られていた。
ハヤシライスは丸善の創業者早矢仕有的(はやし ゆうてき)が考案したと言われている。
それで丸善で売っているのだが1缶2000円・・・欲しかったが手が出なかった。

買ったのは以下の2冊。

川合康三 桃源郷 中国の楽園思想 講談社選書メチエ 2013年

清水浩史 秘島図鑑 河出書房新社 2015年

桃源郷秘島図鑑

そして丸善京都本店オリジナル「檸檬ノヲト」をもらう。

この小冊子は税込2000円以上の購入者先着10000名に進呈されている。
まず巻頭には1872年創業時の店舗の写真、次に梶井基次郎の小説「檸檬」が載っており、読んだ本を記録していく「読書ノヲト」も付いている。

檸檬ノヲト

本を買った後、店内のカフェで食事をしようか迷ったが、やめて再び河原町通りを歩いて行く。
四条河原町の新古書店へ立ち寄った。

ここでDVDを購入。

監督ジャック・イブ・クストー、ルイ・マル 沈黙の世界 3750円

dvd沈黙の世界

アクアラングの開発者として有名なクストーが監督に名を連ねたこの作品は
1956年度カンヌ国際映画祭グランプリ受賞、1957年度アカデミー賞最優秀長編ドキュメンタリー賞受賞という名作である。
以前から見たかったのだが、今回DVDを見つけたので即購入した。

この後、近くのファストフードチェーン店で昼食を摂り、河原町駅から阪急に乗って神戸へ行く。

アメリカンフットボール関西学生リーグDivision1の試合を見るためである。

続きは次回。
それではヘイヘイ。


にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 新刊を買う

thread: 書店

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

オンとオフ  

前回の続き。

台風一過の翌日、家でおとなしく本を読んでいた。
その本を紹介する前に、以前から気になっている本があるのでまずその話をしたい。

その気になっている本とは

サイモン・ガーフィールド 著 黒川由美 訳 「オン・ザ・マップ 地図と人類の物語 」 太田出版 2014年

原題 ON THE MAP

である。

一言で言えば「地図の世界史」である。
地図は人間の歴史を物語る。地図制作は人間の進歩とともに発展してきた。
コロンブスを遡ること500年前の新大陸発見を証明する古地図、英国の至宝となった絵地図をめぐる大論争、多くの人命を救ったコレラの感染地図……。
先史時代の洞窟壁画からGoogleマップにいたるまでの地図を巡る壮大な物語である、らしい。

本屋へ行くたびにこの本へ手が伸びるだが、購入するのをためらってしまっている。
ある日、本屋へ行き、またこの「オン・ザ・マップ」を棚に見つけて今回こそ購入しようとした。
だが隣の別の本に目が思わず移り、その本の方を手に取ってしまった。

「オフ・ザ・マップ」

ん?「オフ」?「オン・ザ・マップ」の関連本?

その本は

アラステア・ボネット 著 夏目大 訳 「オフ・ザ・マップ 世界から隔絶された場所」 イースト・プレス 2015年

原題 UNRULY PLACES

である。

オフザマップ

立入禁止の地域、消えてしまった島、閉鎖都市、地下の迷宮、未承認国家、廃墟・・・・・・
地図上から消えた、もしくは表示されない空白地帯を紹介している本である。

出版社も違うし著者も違う。関連本では全くない。
多分題名が相対になっているので本屋の店員が並べて陳列したのだろう。客が手に取ってしまうように。
その思惑通り、自分は手に取ってしまい「オン」ではなくこの「オフ」の方を買ってしまった。

この「オフ・ザ・マップ」の書評が載っていた雑誌と「オフ・ザ・マップ」を参考文献に挙げていたムックをたまたま台風一過の翌日に読んでいた。
次回はこれらの本について書こうと思う。

ちなみに「オン・ザ・マップ」は未だに購入していない。

それではヘイヘイ。


にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 新刊を買う

thread: 海外旅行記

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

購読をやめる気は全くナイジェリア  

前回の続き。

JR大阪駅に隣接している映画館へ向かった。
見る映画は「機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅰ 青い瞳のキャスバル」である。
この映画の公開を知ったのは隔週刊のテレビ雑誌「テレビブロス」(東京ニュース通信社)で特集が組まれていたからだ。
実は前日鑑賞した「劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス」の公開もこの誌上で知った。

自分はこの「テレビブロス」を20年以上、必ず毎号買っている。
習慣になっているのもあるが、やはり掲載記事が「おもろい」からだ。
テレビの情報を得るよりも読み物として楽しんでいる。
例えばオートバイツーリングで北海道や九州に行っても、最新号発売直後であれば現地版の「テレビブロス」を買っていた。
関西に帰れば番組表自体は全く役には立たないが。

tvbros20150221-0306.jpg

他のテレビ雑誌と一風変わっている。記事内容、執筆者等々。

先日3月16日に逝去した画家、金子國義の絵を一度表紙に使ったこともある。

現在の主な執筆者を挙げると

松尾スズキ、岡村靖幸、箭内道彦、細野晴臣、Perfume、清水ミチコ、光浦靖子、蒼井そら、豊﨑由美、きゃりーぱみゅぱみゅ、おおひなたごう、爆笑問題(文:太田光、紙粘土:田中裕二)・・・

過去には忌野清志郎、高城剛、ピエール瀧、町山智浩、とり・みき、ねこぢる、等々。
ピエール瀧が連載していたコラムの題名が良かった。
「屁で空中ウクライナ」
凡人では思いつかない・・・。

新譜情報もこの雑誌で得ている。
エイフェックス・ツインやオウテカ等のテクノミュージック、スコットランドの轟音バンド、モグワイ、
同じくスコットランドの至宝、ベル・アンド・セバスチャンやパステルズ、アイヌのミュージシャンのオキ等々・・・

このようなアーティストが他のテレビ雑誌はもちろん、メディアに取り上げられますか?

ちなみに最新号(3月18日発売)にはアイスランドの歌姫ビョーク、
ポストパンクの伝説的バンド、ザ・ポップ・グループ(なんと35年ぶりの新譜!!是非買わねばならない)、
デペッシュ・モードの作曲担当マーティン・ゴアのソロ作、
電子音楽の巨匠、冨田勲
等の新譜が載っていた。

話がまた脱線した。
次回は映画の話をする、

と思う。

それではヘイヘイ。


にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 新刊を買う

thread: 雑誌

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

今朝、目が覚めるとそこは・・・  

今朝、目が覚めるとそこは雪国であった。

ここ関西の中部か北部か区分があいまいな某地域では
1日午後から降り出した雪は2日朝には一旦止んだが、夜になるとまた降り出した。
そして一晩で18㎝の積雪を記録した。(今朝計ってみた)

久しぶりの大雪である。
前日除雪をしていない所の上に雪がさらに積み上がり、どえらい事になっていた。
朝から車や通路の雪かきを行ない、今やっと終えてこれを書いている。

前回の続き。

昨年末のある日、滋賀県守山市の琵琶湖岸にあるショッピングモール、ピエリ守山へ行ってきた。
昨年12月17日にリニューアルオープンしたので、買い物ついでに見てこようと思ったからだ。

1100時頃到着し、駐輪場にオートバイを止めた。
すでに広大な駐車場は満車状態であった。
リニューアル前との違いに驚きを覚える。

DSC_0103.jpg

海外のファストファッションブランドなどが入居しているが、興味は全然無い。
書店とアウトドアショップをチェックしに行く。

書店は高松市に本社を置く全国チェーンの宮脇書店が入っていた。
滋賀県では3店目の出店らしい。

まず単行本、文庫本コーナーを見ていく。
自分がよくチェックするアウトドア、登山関係の棚には函入りのハードカバー本などもあったりしたが、
文庫本コーナーには岩波文庫は置いていなかった。ちくま文庫や講談社学術文庫はあったが。
コミックのコーナーにかなりの売り場面積が割かれていて、まあ仕方が無いのかなあと思う。

県内湖南地域で探書するには別のショッピングモールに入っている某書店とか
レンタルCD、DVDも扱っている県内チェーンの某の方が良いかもしれない。

ここで雑誌を開店祝いとして2冊買った。

①Kトラ パーツブック2015 三栄書房

軽トラパーツブック2015

②フィールダー vol.19 笠倉出版社

①は軽トラが欲しいと思っているので目に付いた。
カスタムするなら4WDのものを買ってオフロード仕様にしたいなあ、と妄想した。

②は発売されたら買おうと思っていたアウトドア雑誌である。
今号にはサバイバリスト、カメ五郎のDVDが付いているからだ。
そして表紙にはサバイバル登山家である服部文祥が載っていた。
即キープした。

fielder vol19

この後アウトドアショップへ。
リニューアル前に一時期入居していたショップが今回再入居していた。
商品を見るだけで店を出た。
ここのオリジナルブランドの災害用品には心惹かれるものがあった。

それにしても人が多い。多すぎる。
少しウンザリして書店とアウトドアショップ以外は行かずに帰宅した。

人の多さが一過性で終わらないことを祈る。
自分的にはもう少し減ってくれたら良いと思っているが。

それではヘイヘイ。


にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 新刊を買う

thread: 雑誌

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

本屋ツアー・アロング・四条通り(後編)  

前回の続き。

四条河原町の書店、ブックファースト京都店で

・森山伸也 北緯66.6° 本の雑誌社 2014年

が見つからなかった。
しかたがない。
四条通りを東へ10分ほど歩き、ジュンク堂京都店へ行く。

京都店も大きいが、過去にジュンク堂は京都に広大な売り場面積を誇るもう1店舗を持っていた。
京都BAL店である。
三条河原町を下った(南下した)所にあったが2013年BALビルの建て替えで閉店した。
その後、三条河原町を上った(北上した)所に朝日会館店として規模を縮小して再開している。

ちなみにBALビルは来年2015年春に完成し、入居予定の書店として丸善が京都に帰ってくる。

さてこちらも広大な売り場面積を誇るジュンク堂京都店に着き、アウトドア関係のコーナーへ行く。
「北緯~」はすぐ見つかった。

IMGP0808.jpg

北欧ラップランドの荒野を歩いて旅する話である。
本の内容を知ったとき、まずイメージしたのがムーミンシリーズに登場するスナフキンである。
それで欲しくなり探していた。
果たしてイメージ通りの内容かどうかはまだ読んでいないのでわからない。

ついでにたまたま見つけた1冊も購入した。

・ブレイディみかこ アナキズム・イン・ザ・UK Pヴァイン 2013年

IMGP0812.jpg

イギリス在住の日本人保育士がイギリス下層階級の実態を書いている。
本のタイトルでパンクロック好きにはピンとくるだろうが、
パンクやニューウェイヴのミュージックカルチャーと絡めて英国社会を書いているので
非常に面白そうだ。
パンク、ニューウェイヴが好きな自分は即キープした。

再び四条河原町へ戻り、すぐ近くの大型新古書店へ「おもろい」モノがないかチェックしに行く。

そしてDVDコーナーで2本購入した。

・小さな南極探検隊 ナショナル・ジオグラフィックDVDビデオ 950円

・ジャック・イブ・クストー 世界の果てへの旅 950円

IMGP0817.jpg

いずれも南極を舞台にした自然と航海の記録である。
極地や探検関係の本やモノに目がないので即買い物かごへ。
特に海洋探検家でアクアラングの発明者であるクストー(1910~1997)の映像作品は初めてなので見るのが楽しみである。

IMGP0821.jpg

しかし金を使いすぎてしまった。
この後、寄り道せずに帰宅した。


にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 新刊を買う

thread: この本買いました

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

本屋ツアー・アロング・四条通り(前編)  

前回の続き。

四条河原町のブックファーストへ歴史手帳を買いに来た。
そのついでに以前から探していた本2冊も手に入れようと思った。

・小山力也 古本屋ツアー・イン・神保町 本の雑誌社 2014年

・森山伸也 北緯66.6° 本の雑誌社 2014年

IMGP0800.jpg

本に関する本のコーナーへ行き、「古本屋ツアー~」はすぐ見つかった。
神保町の古本屋ほぼ全軒を1人で訪ね歩いた記録である。
普通のガイドブックとは違い、客としての生の感想が載っているので
各古書店の雰囲気等がよくわかる。

このコーナーで目に付いた以下の2冊も購入。

大久保京 猫本屋はじめました 洋泉社 2014年

得地直美、本屋図鑑編集部 本屋図鑑 夏葉社 2013年

IMGP0802.jpg

「本屋図鑑」は北は稚内、南は石垣までの全都道府県の色々なタイプの本屋をピックアップして紹介した本である。
この本も以前から探してはいたが書店でなかなか見つからず、いつしか頭の中の探書リストから消えていた。
本屋の雰囲気を伝えるイラストが写真には無い味わいがあってとても良い。

そして別コーナーでも1冊。

ジェニファー・コックラル=キング シティ・ファーマー 白水社 2014年

「世界の都市で始まる食料自給革命」と副題が付けられたこの本は来店数日前の新聞に広告が出ていた。
都市農業に関する本で棚にあれば買おうと軽く思っていた。

IMGP0807.jpg

「工業化・グローバル化された食料生産・流通システムがもたらす食の危機に対して、私たちは何をすべきか。」と帯に書かれている。
世界の都市の食料生産のムーブメントのレポートらしい。
自分がこの本を買った理由は、そういう社会的な意識からではない。
憧れている隠遁、セミリタイア生活の何か参考になるのではないかと思ったからだ。

さて目当てのもう1冊、「北緯~」が見つからない。
仕方がない。少し歩いてジュンク堂へ行ってみるか。

次回へ続く。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村


category: 新刊を買う

thread: この本買いました

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

今は昔、京に駸々堂なる書肆ありけり  

記事タイトルが古語の文法に合っているかどうか心許ないが・・・

過日の記事で来年の歴史手帳(吉川弘文館)を買えなかった事を延々と書いたが、
今回はその続きである。

今回は京都・四条河原町交差点の北東角にあるブックファースト京都店へ行って買おうと思う。
ブックファーストならあるだろうという考えと
四条河原町に移転後のブッックファーストへ行ったことが無いので店自体に興味があったからだ。

2007年10月に現在地に移転して再オープンしたが、それ以前は河原町六角の北西角、京都宝塚劇場と同じビル内にあった。
この時には何回か足を運んでいる。

ブックファースト京都店は河原町六角で2000年に開店した。
なぜこの場所だったのか。
多分同じ阪急系列のビルであったことと
ブックファースト入居以前に書店が入っていたのが大きな理由かもしれない。

その書店は駸々堂(しんしんどう)という。
京都の老舗大型書店で2000年に経営破綻した。

学生時代、自分にとって京都の大型書店といえば丸善か駸々堂のどちらかだった。

両者目と鼻の間の近い距離にあった。河原町通りを挟んでほぼ相対していたと言って良い。
インターネットなどまだ無かった頃で本の情報を得るには直接大型書店へ行くしかなかった。

駸々堂へ行くと「おもろい」本や欲しい本が見つけられた。
しかし貧乏学生の身分で本が買えず、泣く泣くあきらめることが数多くあった。

図書館で借りて読書欲は満足できるが、
気に入った本を手元に置きたい所有欲は満たされなかった。
その反動が現在来ているのかもしれない。

さてブックファースト京都店へ。
歴史書のコーナーに行くとあっさり「歴史手帳」が見つかり買い物かごに入れる。

歴史手帳2015

しかし本屋に来た以上、この1冊を買ったのみで帰るわけがない。
散財モードにスイッチが入った。

続く。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 新刊を買う

thread: 歴史関係書籍覚書

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop