つくぶすま68の備忘ログ ホーム »
最近の記事

傘を持って司馬さんと歩こう  

前回の続き。
昨年12月、「没後20年 司馬遼太郎」展(2016年12月14日~24日)を観に行った話である。

司馬さんにあう。本にあう

大阪・梅田界隈で30分ほど買い物。
その後地下街を歩いて1530時頃、阪神百貨店梅田本店地下の食品売り場へ入る。
ものすごい人出。もちろんまともに歩けないし全然進まない。
うんざりして会場のある8階へ上がった。

司馬さんと歩こう。傘を持って。

会場入り口脇には司馬遼太郎と一緒に写真が撮れるコーナーが設けられていた。
料金500円を払い入場。

入ってすぐ「司馬遼太郎のタイムトンネル」と名付けられた通路があった。

司馬遼太郎のタイムトンネル阪神百貨店1

壁には産経新聞夕刊に連載されていた代表作の一つである小説「竜馬がゆく」が読めるようになっていた。
連載当時の紙面が再現され、第1335最終回(1966年(昭和41年)5月19日)から第1回(1962年(昭和37年)6月21日)までの全連載分を遡って展示されていた。

司馬遼太郎のタイムトンネル阪神百貨店2

ここまでは写真撮影が許可されていた。

司馬遼太郎のタイムトンネル阪神百貨店3

この展覧会では司馬の作品を戦国時代、幕末・明治、エッセイ群の3部に分けて振り返っていた。
自筆原稿や挿絵の原画、司馬の愛用品はもちろん、作品に関連する文化財も展示されていた。
意外だったのは司馬の描く画が上手かったことである、字は悪筆なのに・・・

その他展示内容やそれに対する感想を書こうとしたのだが、なぜか現在ほとんど覚えていない。

30分ほど会場にいて帰宅した。

以上、書いてきて司馬遼太郎(1923~1996)を知らない日本人っているのかなと思った。
日本人であれば名前ぐらいは知っているという認識で今回の記事を書いている。
万が一司馬遼太郎を知らないと言う人がいれば小説でもエッセイでも何でも良い。一作読むべきである。
あなたは司馬遼太郎のファンになるだろう。


にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

category: 大阪の博物館、美術館、展覧会

thread: 歴史小説

janre: 小説・文学

tb: 0   cm: 0

世界最長ラリー  

前回の続き。
今回は大阪古書会館で開催されていた「2016全大阪古書ブックフェア」(2016年12月16日~18日)へ行ってきた話である。

1330時頃、大阪市営地下鉄谷町六丁目駅で下車。
歩いて10分ほどで大阪古書会館に到着した。

大阪古書会館201612

今回の催しは1階と3階で行なわれる。まずは1階から見ていく。
しかし収穫は無し。

続いて階段を昇って3階へ。
ここであの1冊を見つけてしまった。

三本和彦 世界最長ラリーに挑戦して 二玄社 1972年 8500円

である。

世界最長ラリーに挑戦して表

自動車評論家の著者が過去にイギリス・ロンドンからオーストラリア・シドニー間の自動車ラリーレースに挑戦した話である。
100台の自動車が参加し、12日と9日の船旅を費やし、16000キロメートル、地球を半周するという壮大なレースだった。

この本は四天王寺の古本まつりで過去2回見かけているが、その時の値段は16000円で手が出なかった。
(2016年5月26日と2016年10月30日の記事参照)

世界最長ラリーに挑戦して裏

今回は別の古書店から半額に近い8500円で出品されていた。
これでも高いが、相場よりは安いと思った。この機会を逃すと手に入れられないかもしれない。
思い切って購入した。

収穫は結局この1冊だけであったが、非常に満足な古本まつりであった。
1時間ほどで会場を後にして、谷町四丁目駅から大阪市営地下鉄に乗車、梅田へ向かう。

司馬遼太郎展パネル表示201612

阪神百貨店梅田本店8階で「没後20年司馬遼太郎」展(2016年12月14日~24日)が開催されていて
それを観るためである。

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 大阪の古本まつり

thread: モータースポーツ

janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop