つくぶすま68の備忘ログ ホーム »
最近の記事

海の貴婦人  

前回の続き。
今年7月末の富士山へのオートバイツーリングの話である。

ツーリング3日目、最終日。
NHKの連続テレビ小説「ひよっこ」を観た後、裾野市の宿を出発。

国道469号線を西へ、十里木高原の中を抜けていく。
天気は曇り。霧も若干たちこめていた。

富士インターチェンジから東名高速道路に入り、富士川サービスエリアに寄った。
お土産購入後、再び走り出す。

吉田インターチェンジで降り、国道150号線を南下。
目指すは御前崎。
まず御前崎港に寄港している海王丸を見に行く。

国道150号線は渋滞気味。車列はノロノロと進んでいく。俺もノロノロと進んでいく。
クルマの横のすり抜けを自分はあまりしない。渋滞がかなりひどい時はさすがにするが。

この時はすり抜けをしなかった。
ノロノロ運転のため風がほとんど無く暑い。空が晴れてきたため、さらに暑さが増してきた。

海王丸遠望201707

御前崎港手前、寄り道した所から海王丸を遠望。

1100時前、御前崎港に到着した。
駐輪場は港にある倉庫脇。
日陰になっていたのがありがたかった。

海王丸201707-1

寄港している練習帆船「海王丸」を早速見に行く。
名前は勇ましいが、美しい佇まいから「海の貴婦人」と呼ばれている。

海王丸201707-3

現在の海王丸は1989年(平成元)に進水した2代目である。
初代は現在、冨山県射水市の「海王丸パーク」に係留・展示されている。
ここへは昨年のゴールデンウィークに行っているので、2隻とも見たことになる。

見に来た人が結構多い。屋台のテントも並んでいて賑わっている。

海王丸201707-2

当たり前だが「マストが高いなあ。」というのが第一印象。
マストの高さは海面上から約50メートル。これに昇ってする作業はいやだななあ。
高い所に昇るのは好きだが高所恐怖症気味という、ややこしい性格の自分には無理だろう。

港に30分弱滞在後、オートバイに再びまたがり走り出した。

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

category: 2017富士ツーリング

thread: ツーリングレポート

janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

海の王  

前回の続き。
今年の7月末、富士山へのオートバイツーリングの話である。

ツーリング2日目、雨と霧の富士山御殿場口5合目から裾野市の宿へ戻ってきた。

コンビニで買ってきた夕食を取りながらテレビのニュースを見る。
その中に気になるニュースが。

練習帆船「海王丸」がこの日、御前崎港に入港したと報じていた。
7月4日に東京港を出港、全国各地の港を巡航中で、御前崎港に約2年ぶりに寄港したらしい。
これは是非行かねばならない。

翌日はツーリング最終日で、帰路の途中、御前崎に寄って灯台を見ていこうと思っていた。
それに付いてきた大きなおまけの海王丸。

今までの自分の経験だが、旅に出たらテレビの地元ニュース、もしくは新聞の地域欄を必ず見ることである。
行き先に迷っている時のヒントになったり、行ってきたところ、もしくはこれから行くところの知識が増える。
そしてなぜか全く知らない少年野球チームの名前や試合結果を見ているだけでもおもろいし。

ビールを飲みながら「強力伝・孤島」(新田次郎 新潮文庫 2012年第77刷)を読んで就寝。

翌朝、0600時前起床。
宿で無料配布されていた新聞を読む。

この日の主なニュースは

・南スーダンのPKOに派遣された陸上自衛隊の日報のデータが組織的に隠蔽されたことが明らかになり、それに伴い稲田防衛相が辞任。
・高レベル放射性廃棄物の最終処分場用地について適性を4段階で評価した地図が公表。
・2017年上半期の新車世界販売台数世界首位に日産・ルノー・三菱の三社連合が。
・早稲田実業高の清宮選手が西東京大会準決勝で高校通算本塁打を107本に伸ばし、歴代最多タイに。
・初期肺がんの手術を行なった歌舞伎俳優の中村獅童が舞台復帰へ。

だったが、自分の目当ては地域欄である。

讀賣新聞静岡東部・伊豆20170729

海王丸の記事ももちろん載っていた。
この日の1300時、岸壁に停泊したまま全ての帆を張る訓練「セイルドリル」が披露されるらしい。
しかし御前埼灯台より先に海王丸を訪れようと思っていたので、帰路に要する時間の関係上ゆっくりできず多分見られないだろう。

0700時前に宿のバイキング朝食。
食後、部屋でテレビのニュースを見ながら荷物をまとめる。
NHKの連続テレビ小説「ひよっこ」を観た後、出発した。

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 2017富士ツーリング

thread: ツーリングレポート

janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop