つくぶすま68の備忘ログ ホーム »
最近の記事

21年ぶりの新譜  

前回の続き。
4月下旬のある休日、京都国立博物館へ「特別展 池大雅 天衣無縫の度の画家」(2018年4月7日~5月20日)を観に行った話である。

1100時過ぎに退館。
正門へ向かう。

きょうはく正門201804

門の間から京都タワーが見えた。
京都国立博物館へは何回も来ているが、見えることに今回初めて気づいた。

眺めながら正門から退出。
京阪電車・七条駅へ。

途中、駅近くのファストフード店でベーコンレタスバーガーセット(アイスコーヒー、ポテト付)650円を食べる。

七条駅の構内に入ると丁度出町柳行きの特急が到着し乗車。車内は満員。
清水五条駅を通過し、1140時頃、次の特急停車駅である祇園四条駅で下車。

河原町通へ向かって歩いていく。

四条大橋から鴨川を見る201806

四条大橋を通って鴨川を渡る。河原には名物の納涼床が出されていた。

まずは四条河原町の大型新古書店へブックハンティング。

ここで

KAWADE夢ムック 文藝別冊 植村直己

KAWADE夢ムック 文藝別冊 植村直己 河出書房新社 2004年 910円

見つけた。

「北極圏1万2千キロ犬橇の旅」のDVDが付いていて即キープして購入。

次に、上の階にある大型レコード店へ行き、

RIDE ’Weather Diaries’

RIDE ’Weather Diaries’

を購入。

イギリスの伝説的シューゲイザーバンド「ライド」の21年ぶりの新譜である。

長期間ブランクがあったり、再結成したバンドの新譜というのはハズレが多いような気がする。
昔の全盛期とどうしても比べてしまうからだろう。

このライドもそうかなと思い、購入をためらっていた。
しかしあるラジオ番組でライドの新譜が紹介されていて、聴いてみると結構良かった。
そこで今回購入した次第である。

その後、三条京阪駅上の新古書店へ寄ってみたがここでは収穫は無し。

1300時過ぎ、三条京阪駅から京都市営地下鉄に乗り、帰宅の途についた。

ヘイヘイ。


にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

category: 音楽・買ったCD

thread: 洋楽

janre: 音楽

tb: 0   cm: 0

池大雅  

前回の続き。
4月下旬のある休日、京都・七条通を東へ歩いていた。

京都駅から約20分。
0930時、目的地の京都国立博物館南門に到着した。

「特別展 池大雅 天衣無縫の度の画家」(2018年4月7日~5月20日)を観るためにここへやって来た。

当日券1500円を自販機で購入し、敷地内へ。

きょうはく201804-1

右手の本館・明治古都館を見ながら、正面の新館・平成知新館へ歩いていく。

池大雅(1723~1776)は与謝蕪村とともに南画の大成者と並び称されている。
中国絵画の新様式をもとに、それまでにない独自の画風を確立して一世を風靡した。

きょうはく201804-2

初期から晩年まで代表作を一堂に集め、
また日本各地を訪れた「旅の画家」であることをふまえ、旅が制作に果たした役割についても検証している。

最も印象に残ったのは、最後の方に展示されていた国宝「十便十宜図」(1771年(明和8))である。
与謝蕪村との合作である。

中国・明時代に作られた詩を元に、山奥に暮らす生活の「十の便利」を描いたものである。
普通は不便だと思われている田舎暮らしを逆に便利だと思わせる遊び心がうかがえる。

釣便図201804

例えばパンフレットに載っていた「釣便図」。家の軒下に川が流れていて、家の中から釣り糸を垂れている。
客が急に来ても魚を釣れば酒の肴になる便利さがユーモラスに描かれている。
自然の中での悠々自適な生活を描いた「十便十宜図」は大雅の暮らしを彷彿とさせる。

この絵を非常に愛した川端康成は1947年(昭和22)、全集の印税を前借りして買ってしまったらしい。
(現在の所有者は公益財団法人川端康成記念會)

全ての展示を見終わり、1100時過ぎに退館した。

次回へ続く。
ヘイヘイ。


にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

category: 京都の博物館、美術館

thread: 美術館・博物館 展示めぐり。

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop