FC2ブログ
つくぶすま68の備忘ログ ホーム »
最近の記事

たった20冊  

前回の続き。
先月、新古書店へ本を売りに行った話である。

売ったのは

①山と渓谷 2015年1月号 別冊付録 山の便利帳2015付き 山と渓谷社 2015年
②ワンダーフォーゲル 2015年2月号 山と渓谷社 2015年
③ナショナルジオグラフィック日本版2102年7月号 日経ナショナルジオグラフィック社 2012年
④フィールダーvol.45 笠倉出版社 2019年

フィールダーvol.45

⑤文藝春秋 2019年6月特別号 文藝春秋 2019年
⑥別冊太陽 日本のこころ261 伊能忠敬 平凡社 2018年
⑦世良耕太 トヨタ ル・マン24時間レース制覇までの4551日 三栄書房 2018年
⑧赤井謙一 世界の砕氷船 成山堂書店 2010年
⑨ドニー・アイカー 死に山 河出書房新社 2018年8刷

死に山

⑩「岳人」編 山の雑学百科 東京新聞 2013年
⑪中村好文 食う寝る遊ぶ 小屋暮らし PHP研究所 2013年
⑫ロジャー・パルバース 100分de名著ブックス 銀河鉄道の夜 NHK出版 2012年

⑬塩野七生 ローマ人の物語1 ローマは一日にしてならず(上) 新潮文庫 2002年
⑭~⑯塩野七生 ローマ人の物語14~16 パクス・ロマーナ(上)~(下) 新潮文庫 2004年
⑰椎名誠 埠頭三角暗闇市場 講談社文庫 2017年

埠頭三角暗闇市場 講談社文庫

⑱岩村忍 文明の十字路=中央アジアの歴史 講談社学術文庫 2007年
⑲長澤和俊 シルクロード 講談社学術文庫 1993年
⑳ランボウ 地獄の季節 岩波文庫 1998年 60刷

計20冊。

買取金額は以下の通り。

①~③ 各5円 × 3冊 = 15円
④ 60円
⑤ 5円
⑥ 450円
⑦ 150円
⑧ 100円
⑨ 450円
⑩ 100円
⑪ 550円
⑫ 40円

⑬~⑯ 各10円 × 4冊 = 40円
⑰ 80円
⑱ 150円
⑲ 20円
⑳ 30円

合計 2240円


今回20冊売ったのだが、部屋内の本が減ったという実感が全くない。

たった20冊なのか、それとも買っている本や雑誌の数がほぼ同じか、それ以上なのか・・・

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

category: 本を売る

thread: 古本

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

父親と猫を棄てに行く話から始まる  

前回の続き。
先月、新古書店へ本を売りに行った話である。

売ったのは

①山と渓谷 2015年1月号 別冊付録 山の便利帳2015付き 山と渓谷社 2015年

山と渓谷 2015年1月号 別冊付録 山の便利帳2015

②ワンダーフォーゲル 2015年2月号 山と渓谷社 2015年
③ナショナルジオグラフィック日本版2102年7月号 日経ナショナルジオグラフィック社 2012年
④フィールダーvol.45 笠倉出版社 2019年
⑤文藝春秋 2019年6月特別号 文藝春秋 2019年
⑥別冊太陽 日本のこころ261 伊能忠敬 平凡社 2018年

別冊太陽261 伊能忠敬

⑦世良耕太 トヨタ ル・マン24時間レース制覇までの4551日 三栄書房 2018年
⑧赤井謙一 世界の砕氷船 成山堂書店 2010年
⑨ドニー・アイカー 死に山 河出書房新社 2018年8刷
⑩「岳人」編 山の雑学百科 東京新聞 2013年

山の雑学百科 東京新聞

⑪中村好文 食う寝る遊ぶ 小屋暮らし PHP研究所 2013年
⑫ロジャー・パルバース 100分de名著ブックス 銀河鉄道の夜 NHK出版 2012年

⑬塩野七生 ローマ人の物語1 ローマは一日にしてならず(上) 新潮文庫 2002年
⑭~⑯塩野七生 ローマ人の物語14~16 パクス・ロマーナ(上)~(下) 新潮文庫 2004年
⑰椎名誠 埠頭三角暗闇市場 講談社文庫 2017年
⑱岩村忍 文明の十字路=中央アジアの歴史 講談社学術文庫 2007年
⑲長澤和俊 シルクロード 講談社学術文庫 1993年
⑳ランボウ 地獄の季節 岩波文庫 1998年 60刷

計20冊。

買取金額で一番安かったのが5円。
4冊あったのだが、そのうちの1冊、

⑤「文藝春秋 2019年6月特別号」には村上春樹の寄稿「猫を棄てる」が載っている。

文藝春秋 2019年6月特別号

村上春樹が自らのルーツや父親について綴っていた。
それにも関わらず買取金額が5円・・・

1番高かったのが

⑪「食う寝る遊ぶ 小屋暮らし」の550円。

食う寝る遊ぶ 小屋暮らし

建築家・中村好文が長野県御代田に建てた小屋でのオフグリッド生活を綴った本である。

著者が有名な建築家であり、本の内容も一般受けしそうなので、2013年の出版にも関わらず買取金額が高かったのだろうか。

その他の買取金額は・・・

次回へ続く。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村


category: 本を売る

thread: 読んだ本。

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop